2000万円を資産運用して増やす方法4つ!性格別に運用スタイルを提案

資産運用

コツコツ貯金をして2000万円を貯めた方、相続でいきなり2000万円を手に入れた方など、2000万円の資産運用でお悩みの方には様々な方がいらっしゃると思います。

なお、2000万円のうち1000万円は貯金しつつ、1000万円を資産運用に回したい方に関しては、こちらの「1000万円の資産運用でおすすめの方法」をご確認ください。

今回は2000万円の資産運用で全くおすすめしない方法と、おすすめの方法4つをお伝えします。

全くおすすめしない2000万円の資産運用の方法

銀行

まず全くおすすめしない方法は、安易に銀行や証券会社へ相談しにいってしまうことです。何故ならば、数千万円規模の資産運用の相談に対しては、金融機関は親身になってくれないからです。

特にメガバンクや大手証券会社の場合は、顧客に富裕層がたくさんいます。そのため、大手の金融機関は、例えば金融資産3億円以上の顧客などを優先しがちになります。

何故ならば、彼らからの方が扱う金額が多くなりますので、その分金融機関は手数料をたくさんとれるからです。つまり彼らは資産運用のプロなのではなく、金融商品のセールスのプロなだけです。

また、資産運用について何も学ばずに、なんとなく「投資信託」を購入してしまうのも、全くおすすめできません。適当に購入した投資信託で儲けられるのならば、今頃は世の中はお金持ちで溢れています。

資産運用には「万人にとって正解な運用方法」というものはありません。人によって金融資産も違いますし、ギャンブル好きなのかコツコツ派なのか、性格もだいぶ違います。

従って、自分にあった資産運用スタイルを選ぶことが大切です。そこで今回はせっかく手に入れた2,000万円に対して、性格タイプ別に資産運用の方法を4つご紹介します。

タイプ①:全くリスクを取りたくない方

資産運用

まず、とにかくリスクを取りたくないという方は、そのまま貯金を増やしていくのも一手です。もしくは、「楽天銀行」などメガバンクよりも利率の良い銀行にお金をうつして、そのまま預けておくのが良いでしょう。

ただ、そのまま何も考えずにお金を使ったり貯金したりしていくと、気づいたら浪費してしまっていたり、数年後に思ったよりもお金が貯まってない可能性もあります。

ですので、きちんと毎月の収入と支出を把握することが大切です。毎月の収支を黒字にして、たとえ給料が上がったり貯金が増えたりして多少裕福になっても、いきなりは生活水準を上げないことが重要です。

身の丈以上の支出が伴うと、せっかく貯めた2,000万円もあっという間に無くなります。また、冠婚葬祭などで急な出費があったりもしますので、そのような時のために「特別支出用の口座」などを作って別管理しておくのも良いでしょう。

タイプ②:資産運用はプロに任せたい方

資産運用

続いて、本業が忙しく資産運用について学ぶ時間が無い方や、勉強するのがちょっとめんどくさい方は、自らの判断で金融商品に投資するべきではないでしょう。ですので、多少リスクをとるとしても、投資のプロに全てを任せてしまう方が良いです。

もちろん、理解できた金融商品、信頼できる資産運用会社にだけお金を投資をするという資産運用スタイルが大前提ではありますが、プロに任せる方法としては下記2つが挙げられます。

  1. 長年金融業界で経験を積んだ金融のプロ(独立系運用会社の「ひふみ投信」など)に任せる
  2. コンピューター(ロボアドバイザーの「ウェルスナビ」など)に任せる

それぞれの評判や信頼性、メリットやデメリットについては下記にまとめておりますので、良ければ参考にしてみてください。

ひふみ投信の利回り20%は本当?評判やベストな買い方まとめ

2017.09.26

【口コミ】ウェルスナビの評判や株価、上場予定は?今までの実績と関連銘柄も紹介!

2017.07.20

なお、プロに任せるに当たっても、きちんと投資対象先を理解した上で、まずは少額投資からチャレンジするのがおすすめです。そして慣れてきたらだんだん投資金額を増やしていくという具合に、慎重に取り組むのが良いでしょう。

タイプ③:自分で投資先を選んで資産を増やしたい方

資産運用

続いて、多少リスクを取って自分で投資先を検討されたい方であれば、資産運用の選択肢はぐんと広がります。

例えば、最近ではこれまでの「投資信託」に代わって、年間10%程度の利回りも可能な、新しい金融商品の「ソーシャルレンディング」も出てきています。

ソーシャルレンディングは、「インターネット上でお金を借りたい人・企業と、お金を貸したい人・企業を結びつける仲介サービス」になり、融資の金利収入がリターンとなりますので、他の金融商品よりも利回りが高くなっています。

2000万円の投資収益シュミレーション

投資収益シュミレーション

出典:ソーシャルレンディング maneo

例えば、最近では日本初のソーシャルレンディング事業者「maneo」には、5ヶ月で8%もの利回りが享受できる商品がありましたので、シュミレーションを検討してみました。

もし仮に2,000万円を全額この案件にいれると、税引後の収益は60万円弱ぐらいになりますので、定期預金などより全然割が良いです。また、一度投資したらほったらかしで良いのが楽です。

ですが、もちろんこのように利回りが高い分、貸出先の貸し倒れリスクなどの元本割れのリスクがあります。そのため、どの案件に投資するかをきちんと見極めてお金を預ける必要があります。

「maneo」においても貸し倒れ率は1%をきっていますが、元本割れのリスクは留意した方が良いかと思いますので、一つの案件に「集中投資」をするのではなく、様々な案件に「分散投資」をするのが賢明でしょう。

もちろん「OwnersBook」のように貸し倒れが過去3年間0の業者もありますが、いずれにせよ「ソーシャルレンディング」は自分で投資案件を選ぶ必要はあります。

年間10%の利回りを毎年達成した場合

もし仮に、年間10%程度の高い利回りを達成し、そこで得られたお金をまた再投資に回すとします。そうすると複利効果で、例えば数年〜数十年で以下のような金額が手に入ります。

年間10%の利回りを達成した場合
  • 年間10%の利回りを5年間:約3,200万円
  • 年間10%の利回りを10年間:約5,200万円
  • 年間10%の利回りを20年間:約1億3,500万円

もちろんこのように全てが上手くいくと考えるのは楽観的ですし、年によっては数%程度しか増えない場合もあるかもしれません。

ですが、じっくりとコツコツと資産運用をする意欲のある方にとって、「ソーシャルレンディング」は適した資産運用の方法と言えるでしょう。

不動産投資を利用する場合

なお、多少リスクをとって資産運用をするのであれば、ソーシャルレンディング以外にも、古くからある「不動産投資」を利用する方法もあります。

不動産投資は、特に日々本業の仕事で忙しいサラリーマンや士業の方には、おすすめできる資産運用手法です。なぜなら上場企業のサラリーマンや公務員、医者や弁護士などの士業の方の方が、自営業者よりも銀行からお金を借りやすいからです。

サラリーマンの副業で不動産投資がおすすめな理由とその始め方

2017.08.05

タイプ④:リスクを取って一発大きく当てたい方

ハイリスクハイリターン

最後に、思いっきりリスクをとって、億万長者を目指したい方の場合は、株式投資に挑戦されることをおすすめします。

ハイリスク・ハイリターンという観点では、もちろんFXや先物取引、信用取引などのレバレッジを効かせた資産運用の方法もありますが、短期トレードができる方以外にはおすすめはしません。

なぜなら、多くの人は1日中PCの前に張り付いてもいられませんし、日々の値動きを意識しながら短期トレードをする時間もないからです。このような短期トレードを思考される方は、副業としての資産運用ではなく専業として取り組むべきでしょう。

一方、株式投資であれば、一度投資したらしばらくほったらかしが可能で、中長期での投資が可能なのです。ですので、きちんと投資対象を分析した上で資産をつぎ込めば、十分2,000万円の元本から数億円のリターンをうむことができるます。

株式投資であれば、1年間で10倍程度に値上がりする銘柄は毎年存在します。ですので、しっかりと「株式投資スクール」などで基礎を勉強した上で取り組まれるのであれば良いでしょう。

【口コミ】株式投資スクールに実際に参加した感想と向いている人について

2017.08.16

最後に、2000万円の資産運用をするに当たってはあまり強くはおすすめしませんが、「仮想通貨投資」という資産運用方法もあります。実際、1年間で数十倍のリターンになる仮想通貨はかなりあります。「仮想通貨投資」を初めて聞いた方は、まずは「仮想通貨投資とは?仮想通貨投資の種類や詳細について」をご確認ください。

以上になりますが、ぜひ自分に合った資産運用スタイルで、しっかりと資産を増やして頂ければと思います。

資産運用を学ぶ方法