オーナーズブック(OwnersBook)の仕組みや利回りをJ-REITと徹底比較

最近話題の不動産特化型クラウドファンディングのオーナーズブック(OwnersBook)の仕組みや利回りなどについてです。

昔からある投資信託の一種であるJ-REIT(不動産投資信託)と比較しながら、その違いを初心者にも簡単にご紹介します。

オーナーズブック(OwnersBook)の仕組みとは?


出典:OwnersBook

まず、オーナーズブック(OwnersBook)は、インターネット上で私たち投資家からお金を集めます。そのお金で、不動産投資会社に投資をしたり貸付をして、金利や配当などの収入を得ます。

そして、その収入の一部が、投資家である私たちのリターンとなります。

オーナーズブック(OwnersBook)はソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング
画像出典:OwnersBook

オーナーズックの商売は、ソーシャルレンディングというビジネスモデルになります。つまり、インターネット上で、お金を借りたい人と貸したい人をマッチングさせるビジネスです。

ですので、投資家である私たちからお金を集めて、そのお金を不動産会社などに貸し付けて、金利収入を得るビジネスモデルになります。

そのため、お金を貸した不動産投資会社がお金を返済してくれさえすれば、リターン(金利収入)が得られます。

オーナーズブック(OwnersBook)は不動産担保を取得


また、オーナーズブックの投資先は不動産に特化しています。

ですので、貸出先の倒産などの万一の時のために、オーナーズブック側はあらかじめ不動産担保を取得しておくのです。

このように不動産担保を取得しておけば、万一お金を貸した不動産投資会社が倒産してしまったとしても、OwnersBookはその担保の不動産を売却することで、損失をカバーすることも可能になるのです。

ソーシャルレンディングのメリットとデメリット


出典:OwnersBook

オーナーズブックのようなソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)の場合、高い利回りや運用の手間が少ないなどのメリットがあります。

また、オーナーズブックであれば、1万円からの少額投資も可能ですので、投資を始める敷居は低いと言えるでしょう。

一方、一般的なソーシャルレンディングのデメリットとしては、金融の法律の関係上案件の詳細情報を開示できないため、情報開示が限定的と言われています。

しかしながら、実は不動産投資信託のJ-REITと比較すると、オーナーズブックの方が、具体的にどのような不動産物件に投資をするのか?の判定がしやすくなっています。

オーナーズブック(OwnersBook)とJ-REITの違い


出典:OwnersBook

まず、REIT(リート)とは「Real Estate Investment Trust(不動産投資信託)」の略称です。

J-REITの「J」はJapanですので、J-REITは「日本版の不動産投資信託」になります。J-REITは「不動産投資信託」ですので、つまるところは「投資信託」の一種なのです。

簡単に言うと、投資家から資金を集めて不動産投資を実行し、その不動産投資で得た賃料収入などを、投資家に分配する金融商品を指します。

不動産投資信託(J-REIT)の場合、具体的な投資物件は不明

不明

しかしながら、今では多種多様なJ-REITが誕生しています。

不動産投資信託の中には、「J-REITに投資をするJ-REIT」もあり、投資家は「具体的にどの物件に投資しているのか分からない」ことが多いのです。

要は、「だいたいこのような地域の物件に投資している投資信託です」といった、ざっくりとした情報で投資家である私たちは、J-REITを購入するかどうかを決めないといけないのです。

J-REITの購入価格は大体10万円程度からと、一般的な不動産投資と比べると敷居が低かったため、人気の金融商品となっていましたが。ですが、実は投資家である私たちの判断材料は、多くはなかったのです。

一方、オーナーズブック(OwnersBook)の投資の募集概要は、かなり具体的なのです。

オーナーズブック(OwnersBook)の募集概要の例

東京都港区芝大門に所在する店舗・事務所ビルの区分所有(物件①)と、東京都世田谷区北沢に所在するアパート1棟(物件②)を担保とする「シニアローン(物件①②共に)」への投資となります。

物件①を所有する総合不動産会社A(貸付先1)に12,000万円、物件②を所有する総合不動産会社D(貸付先2)に50万円、合計12,050万円の貸付を行います。

出典:OwnersBook

例えば、上記は実際にOwnersBookで募集されていた案件の一例ですが、ここまで案件を記載してくれるJ-REIT(不動産投資信託)はありません。

そのため、オーナーズブックのサービスを利用するメリットの一つとして、投資家がしっかりと個別案件を確認できる点が挙げられます。

また、自分が不動産オーナーになった気持ちで投資をすることができますので、実際に自分で不動産投資を始める前の勉強にもなります。

オーナーズブック(OwnersBook)とJ-REITの利回りの違い


出典:OwnersBook

続いて利回りに関してですが、まずJ-REITの平均的な利回りは3%程度です。時折4~5%台の商品もありますが、あまり数は多くありません。

一方、OwnersBookの平均利回りは5~6%となっており、J-REITランキングの上位商品より利回りが高くなっています。

実際にOwnersBookのこれまでの案件利回りを確認してみても、早期償還によって14.6%や8.8%などの高利回りとなった案件もありました。

【口コミ】オーナーズブックの実績は怪しい?3年目の利用者がメリットとデメリットを解説

2017.10.10

オーナーズブック(OwnersBook)と投資信託の手数料の違い


出典:OwnersBook

また、OwnersBookの場合は、購入時の手数料が無料、口座維持手数料も無料ですので、手数料面でも投資信託よりも安いと言えるでしょう。

オーナーズブック(OwnersBook)の手数料は高い?税金は?投資信託や他業者と比較

2017.10.05

OwnersBookは投資信託と比べてメリットがあるため、上記のような利回りの高い案件の募集が開始されると、すぐに資金が集まって終了してしまいます。

オーナーズブックの案件は、募集開始すぐに資金が集まってしまう

投資期間が長いものであれば検討する時間もそれなりにあるのですが、利回りが高い案件は貴重なため、現状早い者勝ちのようです。

将来的に、不動産もご自身の資産運用のポートフォリオに加えたい方は、まずはOwnersBookに無料の投資家登録をして、投資のシュミレーションをしておくのも良いでしょう。

オーナーズブック(Ownersbook)の運営会社の信頼性は?


出典:OwnersBook

オーナーズブック(OwnersBook)は、ロードスターキャピタル株式会社が運営しています。

2012年に設立された若い会社ですが、インターネット上に自社の財務情報も公開しており、業績は好調に推移している企業で、この5年間で売上を50億円にまで伸ばしています。

また、金融庁などの各種登録もきちんと完了しており、業界の団体や協会にも加入されています。

各種免許登録の状況
  • 第二種金融商品取引業、投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2660号
  • 宅地建物取引業 東京都知事(2)第94272号
  • 総合不動産投資顧問業 国土交通大臣 総合 – 第147号
加盟している協会や団体
  • 一般社団法人 日本投資顧問業協会
  • 一般社団法人 Fintech協会
  • 一般社団法人 不動産証券化協会
  • 公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会

このようにきちんと国に許可された形で事業を運営しており、業界の発展にも貢献している点も、信頼性がおけます。

ロードスターキャピタルには、不動産投資のプロが結集

最後に、ロードスターキャピタルの経営陣には、元ゴールドマン・サックス・リアルティジャパン出身者など、不動産投資のプロが揃っています。

したがって、いきなり明日潰れるような会社ではないですし、なかなか信頼性が高く、今後の成長も期待できる企業と言えるでしょう。

(追記)2017年8月に東証マザーズ上場が承認

本記事を執筆してから、なんと1ヶ月後に運営会社のロードスターキャピタルは、無事2017年8月に東証マザーズに上場が承認されました。

引き続きオーナーズブック(OwnersBook)に関しては、案件がすぐに埋まってしまう点以外は、インターネット上での評判や口コミなども上々です。

オーナーズブックは、若い人から60代の方にまで、幅広い年代に支持されている金融商品です。

オーナーズブックは、20代〜60代の幅広い投資家が利用中


出典:OwnersBook

オーナーズブックは1万円から始められますので、投資の初心者にも敷居が低いです。

また、顧客データによると、500万円以上を投資している方も2割近くいらっしゃいますので、大きな金額の資産運用としての利用も十分に可能です。

これまで投資信託やJ-REITのみを購入されていた方なども、一度新しい金融商品である「OwnersBook」も、資産運用の選択肢にいれてみても良いのではないでしょうか?

資産運用を学ぶ方法