投資信託スクールの評判は?東京で無料体験会を開催中

投資信託セミナー

ファイナンシャルアカデミーが主催する投資信託スクールの口コミです。

投資信託スクールは東京の新宿で無料体験会も実施していますので、詳細が気になる方はまずは無料体験会に参加してみるのも一手です。

ファイナンシャルアカデミーとは?

まず、ファイナンシャルアカデミーは、東京・大阪・ニューヨーク・インターネットでお金の教養が学べる総合マネースクールです。

ファイナンシャルアカデミーの創業は2002年で、アドバイザリーボードには著名人が名を連ねており、現在までに延べ47万人の方が受講しています。

提供しているコースには、投資信託スクール以外にも、お金の教養スクール、株式投資スクール、不動産投資スクール、外貨投資・FXスクール、定年後設計スクールなど、幅広い種類があります。

そのため、お金の貯め方や使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学ぶことができます。

筆者も実際にファイナンシャルアカデミーの無料体験会に参加したり、有料のコースを受講したことがありますので、その際の口コミはこちらの記事にまとめております。

投資信託スクールのカリキュラムの詳細

ファイナンシャルアカデミーの投資信託スクールのカリキュラムは、かなり体系的に整備されています。

下記のカリキュラム内容を確認してみると、初心者が知識ゼロから投資信託について理解するためには十分な内容となっていると言えるでしょう。

  1. 投資信託の仕組み

    1. 投資信託の基本

      1. 投資信託は資産形成への強力な武器
      2. 投資信託とは
      3. 投資信託の「価格」はこうして決まる
      4. 投資信託のリスク
      5. 投資信託会社の仕事
      6. 受託銀行の仕事
      7. 販売金融機関の仕事
      8. ファンドマネージャーの1日
    2. 投資信託の分類

      1. 投資信託の分類の全体像
      2. 追加型と単位型
      3. 国内と海外
      4. 株式と債券
      5. アクティブ運用とパッシブ運用
      6. 上場投資信託と非上場投資信託
      7. 公募型と私募型
      8. 分配型と無分配型
  2. 投資対象別に見た投資信託の種類

    1. 投資信託の種類(株式・公社債)

      1. 国内株式型投資信託
      2. 外国株式型投資信託
      3. 外国債券型投資信託
      4. 公社債型投資信託
    2. 投資信託の種類(ハイブリッド型・特殊型)

      1. バランス型投資信託
      2. コモディティ型投資信託
      3. 選択型投資信託
      4. ブル・ベア型投資信託
      5. ターゲットイヤー型投資信託
  3. 投資信託の選び方

    1. 投資信託の選び方

      1. 投資信託の本数は6,000本超
      2. 自分の保有資産を把握する
      3. 運用期間を調べる
      4. 純資産総額の水準、資金純増減で選ぶ
    2. さらに高度なスクリーニング法

      1. コストの内訳を理解する
      2. アクティブ型とパッシブ型の違いを理解する
      3. 自分が許容できるリスクを決める
  4. 実力を知るために欠かせない指標

    1. 基本的な指標

      1. 騰落率
      2. 売買高比率
      3. ベンチマーク
      4. トラッキングエラー
    2. リスクを把握するための指標

      1. 標準偏差
      2. シャープレシオ
      3. インフォメーションレシオ
      4. デュレーション
  5. ETFの仕組みと賢い活用方法

    1. ETFの仕組み

      1. ETFの仕組み
      2. ETFの種類と調べ方
      3. 知っておきたい主なインデックス指数
    2. ETFを賢く選ぶ

      1. 日々の取引高をチェックする
      2. 乖離率をチェックする
      3. 投資スタイルに合わせた活用法
  6. REITの仕組みと賢い活用法

    1. REITの仕組み

      1. 不動産投資とREITの違い
      2. J-REITの種類と特性
      3. REITファンドとETF
    2. J-REIT投資のポイント

      1. 分配金利回りをチェックする
      2. 格付けの有無と水準をチェックする
      3. NAV倍率・FFO倍率で割高・割安を把握する
  7. 投資信託の購入方法と制度

    1. 投資信託を買うまでの手続き

      1. 販売金融機関に口座を開設する
      2. 100円から買える投資信託もある
      3. 投資信託の購入単位
      4. 注文の締切時間について
      5. 約定日と受渡日
      6. 投資信託にかかる税金
      7. 非課税講座の有効活用
    2. 投資信託の書類

      1. 目論見書の書き方
      2. 運用報告書
  8. 投資信託で大きな資産を形成する

    1. 投資信託で資産を増やす

      1. 投資信託は長期保有が鉄則
      2. 積立投資の効果
      3. 資産クラス分散を上手に行うために必要なこと
      4. 定期的にリバランスする
    2. 投資信託をさらに活用するコツ

      1. 信託期間の長いファンドを選ぶ
      2. 分配金を受け取るか再投資に回すか
      3. 為替ヘッジについて考える
      4. ゴールを設けて運用する
      5. 信じて託す

上記のカリキュラムを踏まえて、投資信託スクールを受講するメリット・デメリットを整理してみます。

投資信託スクールを受講するメリット

まず、投資信託スクールを受講するメリットは下記が挙げられます。

投資信託スクールのメリット
  • 知識ゼロから投資信託を理解できるようになる
  • 自分で投資信託を選べるようになる
  • 銀行員や証券マンに騙されなくなる
  • 中立的な立場の企業から投資信託について学べる

最後の中立的な立場の企業から学べるというのは、実は重要です。

例えば、証券会社なども投資信託の無料セミナーを開催していますが、基本的にセミナーの目的は参加者に投資信託を購入してもらうことです。

ですので、もちろん基礎的な投資信託の知識を得ることはできるのですが、完全に中立ではありません。

一方、ファイナンシャルアカデミーは総合マネースクールですので、受講生にきちんと投資信託の知識をつけてもらって、投資で成功してもらった方が、スクールにとっても良いのです。

ですので、受講生とスクールとがWin-Winの関係になっている点が、この投資信託スクールの良い点と言えるでしょう。

投資信託スクールを受講するデメリット

一方で投資信託スクールを受講するデメリットは、お金がかかるという一点につきます。

投資信託スクールの料金
  • WEB受講コース:158,000円(税別)
  • WEB+教室受講コース:188,000円(税別)

しかしながら、数百万円〜数千万円を投資信託で運用することを検討している場合、何も知識もないまま投資をしてしまっては、数百万円を損してしまう可能性もあります。

そのため、あらかじめ10数万円程度の勉強代を払って、そのような損失の可能性を低くするという形で考えれば、本コースはリスクヘッジになるとも考えられます。

また、無料体験会は文字通り無料ですので、まずはどんな内容なのかを詳しく知りたいという方は、投資信託スクールの無料体験会のみ参加するのも一手です。

投資信託スクールの受講が向いている人と向いていない人

なお、ファイナンシャルアカデミーの公式サイトには、下記のような方がおすすめと記載されています。

投資信託スクールが向いている人
  1. 投資信託で2,000万円以上貯めたい人
  2. NISAやiDeCoを活用して効率的に資産を作りたい人
  3. 数ある投資信託から優れた数本を選ぶコツを知りたい人
  4. 自分に合った最適なポートフォリオを作りたい人
  5. ETFやREITなどを上手く活用したい人
  6. 少額の積立で大きく資産を築きたい人

これをもう少し噛み砕いてお伝えすると、基本的には老後に向けて資産運用でお金をためておきたい方、元手数百万円〜数千万円程度を運用したい方に向いているようには思われます。

一方で、「投資信託について学んで自分で選ぶのすらめんどくさい…」という方には、完全お任せの資産運用が可能な、WealthNaviなどのロボアドバイザーの方が適しているでしょう。

いずれにせよ、投資信託の知識はあって損することはありません。日本人にとって馴染みのある投資信託について学びたい方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

失敗しない投資信託の選び方とは?

投資信託

ちなみに、投資信託スクールも気になるものの、実際に行く時間がない…という方に、失敗しない投資信託の選び方を簡単にお伝えします。

まず、投資信託選びで大切なポイントは、下記の3つです。

投資信託を購入する際に見るべき主なポイント
  1. これまでどうだったのか?(=過去の運用実績の確認)
  2. 自分に合っているのか?(=商品の特長の確認)
  3. 手数料はいくらかかるのか?(=コストの確認)

それでは、これらのポイントを一つ一つ詳しく説明していきます。

投資信託の選び方①:過去の運用実績を確認

まず、これまでの運用実績が良くない投資信託が、購入したらいきなり成績が良くなるということは中々考え辛いです。

仮にそういうことがあったとしても、それは運が良かったとしか言いようがありません。ですので、基本的には3年以上の実績がない投資信託は選ばない方が無難です。

また、検討中の投資信託と同じような分野の投資信託と比べて、運用成績が良いかどうかもチェックしておくと良いでしょう。

この過去の実績に関しては、純資産額(投資信託の規模)の推移にも着目をした方が良いです。

例:「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用実績

運用成績

例えば、こちらのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの場合は、順調に純資産額を伸ばしている投資信託になります。

一方、このような投資信託ではなく、「基準価額(投資信託の値段)」が大きく下がっていないにもかかわらず、「純資産額」が著しく低下している投資信託の場合は、何かしらの問題が起こっている可能性があります。

そのような際は、投資信託を購入する前に、まずは運用会社のホームページでネガティブな情報がないか、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

投資信託の選び方②:商品の特徴を理解し、自分に合っているかを検証

次に確認すべきは、その投資信託の「特徴」です。

特徴というのは、より具体的にいうと、何に投資しているのか?、どこ(国内?海外?)に投資しているのか?、運用スタイル(アクティブ/パッシブなど)はどうなのか?などです。

最後の運用スタイルは、大きく分けると「パッシブ運用」と「アクティブ運用」に分かれます。

投資信託は、パッシブ運用とアクティブ運用の2種類

パッシブ運用型の投資信託は、ベンチマーク(例えば、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価)などの動きに連動することを目標としています。

一方、アクティブ運用型の投資信託は、ベンチマークを上回ることを目標として運用するため、高いパフォーマンスを発揮できればリターンも大きくなります。

一方で、リターンが大きくなる可能性がある分当然リスクも高まり、手数料も高めに設定されている傾向があります。

例:「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の特徴

セゾン投信

例えば、こちらのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの場合は、国際分散投資、株式と債券への分散投資を実行しています。

また、投資対象ファンドはバンガードの8本のインデックスファンドですので、リスクを取ってハイリターンを狙うアクティブ運用型の投資信託ではありません。

ですが、パッシブ運用型の投資信託というほど控えめな運用方法でもありませんので、「バランス型」の投資信託と言えたところでしょう。

そして大切なことは、このような運用方針が自分に適しているのか?を検討することです。

アクティブ運用型でリスクをとってハイリターンを狙いたいのか、パッシブ運用型でなるべくリスクを抑えたいのか?それともバランス型でその中庸を取りたいのか?

このように自分のリスク耐性や経済情勢などを鑑みて、投資を実行すべきでしょう。

投資信託の選び方③:手数料とリターンが見合っているかを確認

ここまでで「過去の運用実績」と「今後の運用方針」を確認したところで、最後にその投資信託にかかる「手数料」を確認するべきです。

なお、投資信託の手数料は、①販売手数料、②信託報酬、③信託財産留保額の3つからなります。

例えば、見込みリターンは大きいものの、手数料が非常に高い投資信託を選んでしまっては、せっかく利益が出ても手数料でほとんど持っていかれてしまうことなどもあります。

例:「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の手数料

手数料

例えば、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの場合は、手数料は一般的な投資信託と比べて安いですが、中には販売手数料が3%や4%もする商品もあります。

ですので、投資信託の購入前にはしっかりと「手数料」も確認しておくべきでしょう。

セゾン投信の手数料は高いのか?ひふみ投信やロボアドバイザーの実績と比較

2017.11.15

投資信託を選ぶのがめんどくさい方におすすめの方法は…

その他の細かい点として、「いくらから購入できるのか?」「解約はいつでもできるのか?」「運用期間(償還)は決まっているのか?」なども、自分の資産運用計画と合わせて検討するべきです。

また、海外に投資する際には「為替ヘッジがされているのか?」なども確認しておくと良いでしょう。

以上になりますが、ここまで確認してきてこれは大変だ…と思った方は、完全にお任せの資産運用を利用された方が正直なところ良いでしょう。

例えば、今では簡単な6つの質問に答えるだけで、コンピューターが最適な資産運用のポートフォリを提案してくれる「ロボアドバイザー」があります。

ロボアドバイザーのNo.1サービスWealthNavi

ロボアドバイザーのNo.1サービスのウェルスナビであれば、お金を預けて置けば、自動的に国際分散投資をしてくれて、運用資産のリバランスや税金の計算まで、全て自動で行ってくれます。

また、運用の手数料は1%程度ですので、アクティブ型の投資信託を購入するよりも、手数料も安くなる可能性が高いでしょう。

自分で投資信託についてゼロから学ぶのが大変だと思った方は、ロボアドバイザーの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

資産運用を学ぶ方法