50歳からの資産運用に投資信託よりも確実に固い金融商品とは?

50代から資産運用を始めようと考えたところ、まず思いつくのは投資信託です。

しかし、近年ではテクノロジーの発達によって新しい金融商品も増えてきています。

そこで今回は、投資信託のメリットとデメリットを踏まえた上で、近年人気が出てきているリターンが高い金融商品などをご紹介します。

誰も教えてくれない投資信託の真のメリットとデメリット

出典:楽天証券

まず、投資信託の一番のメリットは何か言うと、税金が優遇されている点です。

投資信託で得た利益は、株式投資と同じように「申告分離課税」に該当するため、一律20.315%の税金ですむのです。

一方、例えば2017年に流行り出した仮想通貨の場合は、得られた利益が雑所得に該当し「総合課税」となってしまいます。

そのため、利益が他の給与所得と合算されて、所得税と住民税がかかってきてしまいます。

所得税は累進課税のため、もともと給与所得が高ければ高い人ほど、得られた利益が大きくても、利益の半分程度は税金で持っていかれてしまいます。

儲かる投資信託もあれば、損する投資信託もある

また、一般的に投資信託を利用するメリットとして、運用のプロ(ファンドマネージャー)に運用を任せることができる点が挙げられます。

ですが、実際のところは、運用に成功するプロもいれば失敗するプロもいるのです。そのため一番大切なのは、運用に成功するプロがいる投資信託を選ぶことです。

従って、実は投資信託のメリットとして説明されている点はメリットではなく、投資信託には「自分で最適な投資信託を選ばないといけない」というデメリットがあるのです。

星の数ほどある投資信託から利回りの良い商品を選ぶのは難しい

星の数ほどある投資信託から、利回りの良い投資信託を選ぶのは、はっきり言って至難の技です。

また、最近では投資信託について無料で学べる投資信託のスクールもありますが、「これから色々と学ぶのもちょっと大変…」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、投資を学ぶのは苦手という方に向いているのが、投資のプロに資産運用をお任せするスタイルです。

例えば、コンピューターが最適なポートフォリオを提案してくれる、ロボアドバイザーのウェルスナビなどであれば、そもそも自分で投資先を選ぶ必要がありません。

他にも、このようなお任せの資産運用スタイルで、リターンが固いことから人気となっているのは、不動産特化型ソーシャルレンディングのOwnersBookです。

不動産特化型ソーシャルレンディングOwnersBookとは?

まず、ソーシャルレンディングとは、ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつける仕組みです。

投資家である私たちは、まずOwnersBookが取り扱っている案件にお金を投資します。こうしてOwnersBookはお金を集めて、不動産投資会社にお金を貸しつけます。

そして、その貸したお金が無事にOwnersBookに返済されれば、利子の分の利益が入ります。こうしてその利益の一部を投資家である私たちに還元してくれるのです。

OwnersBookには不動産投資業界のプロが集っていますので、OwnersBook自社でも物件を保有していますが、基本的な不動産特化型ソーシャルレンディングの仕組みはこのようになります。

ソーシャルレンディングのメリット・デメリット

そんなソーシャルレンディングのメリットは、一般的な金融商品よりも高い利回りが得られることです。OwnersBookであれば、大体平均して年利6〜7%程度のリターンが得られます。

一度投資すれば、しばらくはほったらかしで問題ありませんので、資産運用としては楽チンです。

また、株式投資と異なり、世界経済や日本経済の影響も受けにくく、日々の株価の上げ下げに一喜一憂することもありません。

ポイントは貸したお金がきちんと返ってくるかどうかだけですので、OwnersBookの審査能力が大切になってきます。

しかしながら、OwnersBookの公式サイトを確認すると、2014年9月にサービス提供を開始してから、いまだに貸し倒れ件数は0件であることが分かります。

OwnersBookは40代以上に特にリピートされる金融商品


出典:OwnersBook

このような背景もあって、実際にOwnersBookを利用している40代以上の方のリピート率が非常に高くなっています。

また、OwnersBookの運営会社であるロードスターキャピタル株式会社は、2017年に東証マザーズ市場に見事上場を果たしました。

そして現在も業績は堅調に推移していますので、非常に事業者の信頼性も高いと言えるでしょう。

OwnersBook(オーナーズブック)の利用に向いている人

以上になりますが、OwnersBookはすでに他の資産運用をやられている方のみならず、もう少し利回りが良い金融商品を探している方や、様々な金融商品に分散投資をしたい方にも向いています。

ある程度リターンが固い金融商品で資産運用を検討されている方は、分散投資対象の一つとして、OwnersBookをポートフォリオに加えてみてはいかがでしょうか?

【口コミ】オーナーズブックの実績は怪しい?3年目の利用者がメリットとデメリットを解説

2017.10.10

完全にお任せの資産運用をしたい場合はWealthNavi

なお、先ほども少しお伝えしましたが、完全にお任せの資産運用をしたい場合は、国際分散投資をしてくれるロボアドバイザーも適しています。

預かり資産・ユーザー数共にNo.1のロボアドバイザーであるWealthNavi(ウェルスナビ)であれば、簡単な6つの質問に答えるだけで、自分にあった資産運用プランを提案してもらえます。

実際の投資の始め方といえば、ウェルスナビに無料の口座開設をして、運用プランを決めて、日本円を入金するだけで簡単に始められます。

いつでも好きなタイミングで始めたりやめたりできる

筆者も実際にウェルスナビでは資産運用を行なっていますが、いつでもやめたいときにやめることもできますし、積立での資産運用も可能です。

また、ウェルスナビであれば証券会社と同じ体制が整っていますので、口座開設時に源泉徴収ありの口座を選択することもできるため、煩わしい確定申告も原則不要となります。

得られた利益に対する税金も申告分離課税となりますので、一律20.315%で済むため、ソーシャルレンディンと異なり、税金面のメリットも享受できます。

これから何かしら資産運用を始めようと考えている方は、WealthNaviの利用も併せて検討されてみてはいかがでしょうか?

公式サイト(WealthNavi):https://www.wealthnavi.com/

【口コミ】ウェルスナビのリターンは高い?株価や上場予定・関連銘柄は?

2017.07.20

資産運用を学ぶ方法