プライベートバンクの利回りは?プライベートバンキングサービスが向いてる人

近年プライベートバンクの利用が日本人にも人気になってきています。

そのためのプライベートバンクを利用する金融資産額の最低ラインも上昇傾向にはありますが、プライベートバンクによっては金融純資産1億円程度から利用が可能なところも存在します。

プライベートバンクの利回りはどのぐらい?

利回り

まずプライベートバンクの利回りは、1年間で資産が2倍になるようなものではありません。もちろんプライベートバンクによってもその運用結果は異なりますし、どのようなポートフォリオを組むかによっても変わってきます。

大きなリスクをとって短期間で2倍を目指すような資産運用をするのではなく、金融危機が起きても減らさないような形で分散投資をして運用するスタイルが一般的です。

利回りは大体年間5〜10%程度を狙ったスタイルで運用する形が多いかとは思われますが、アクティブにもう少しリスクをとって運用するのであれば若干の変動はあるでしょう。

プライベートバンクとプライベートバンキングサービスの違い

違い

なお、厳密には「プライベートバンク」と「プライベートバンキングサービス」は異なります。

プライベートバンクとは、プライベートバンク業務を専業にする銀行のことをさします。例えば、スイスにあるバウマンやボルディエ、ロンバー・オディエ・ダリエ・ベンチなどは、いわゆる「プライベートバンク」に該当します。

一方、日本にある三菱東京UFJ銀行はプライベートバンキングサービスの提供はしていますが、プライベートバンクではありません。三菱東京UFJ銀行自体は「商業銀行」に位置付けられます。

三菱東京UFJ銀行は、他にも一般個人向けにリテールサービス、法人向けには融資や外為サービスなども提供していますので、サービスの一つとして、富裕層向けに「プライベートバンキングサービス」を提供しているのです。

プライベートバンクの利用が向いている人とは?

プライベートバンク

冒頭にお伝えしたように、プライベートバンク人気によってその利用ハードルが若干上がってきてはいるものの、いつまでも資産運用にばかり気を取られていては、別の大切なことに時間を割けません。

自分で投資をすることが好きなのであれば、プライベートバンクの利用は不要ですが、そうではなくてもっとお金以外のことに時間を使いたい方にとっては、プライベートバンクはアウトソーシングサービスとして適しています。

例えば、純金融資産が3億円以上になってきたら、プライベートバンクの利用を一度は検討された方が良いでしょう。

なお、上述したような三菱東京UFJ銀行などのメガバンクですと、純金融資産がかなり大きい顧客も多数抱えているため、純金融資産1億円前後でそれらのサービスを利用するのはあまり最適とは言えません。

そのため、近年ではスイスやリヒテンシュタインなど、ヨーロッパのプライベートバンクを利用する日本人が、徐々に増えてきているのです。

近年注目すべきスイスのプライベートバンクのサービス

そして、実は近年プライベートバンクの聖地とも呼べるスイスでは、2017年から顧客に仮想通貨への投資サービスの提供も始めていたりします。

仮想通貨は現在世の中に1000種類以上存在するため、興味はあるものの「どれに投資したら良いか分からない」という問題が発生しています。

そこで、スイスのプライベートバンクのファルコンでは、顧客の代わりにリスクを抑えつつ高いリターンが見込めそうな仮想通貨の銘柄を選定し、富裕層の顧客に仮想通貨へ投資する機会を提供しています。

そして具体的には、ファルコンでは下記の仮想通貨に投資をすることができます。

ファルコンで投資可能な仮想通貨の種類

投資可能な仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

このようにヨーロッパの富裕層にもビットコインなどの仮想通貨が注目されていますが、日本ではプライベートバンクからではなく、インターネット上の「仮想通貨の取引所」で簡単に購入することが可能です。

2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨の販売を行うためには事前に金融庁と財務局への登録が必要となり、許可を受けた業者のみがサービスを提供できることとなりました。

現在日本では十数社の仮想通貨交換業者が登録されていますが、上記のファルコンと同じ仮想通貨を購入するには、金融庁登録済の取引所である「ビットフライヤー」や、上場企業が運営する「GMOコイン」などを利用されるのが良いでしょう。

ビットフライヤーの評判や株価は?上場の見通しや関連銘柄は?

2017.08.28

【口コミ】GMOコイン取引所の特徴や登録・入金・買い方を図解!

2017.09.08

2017年に日本の仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入していた人々のリターンは、一年間で数十倍〜数百倍以上となっていました。そのため日本の富裕層の中にも、自身の資産の1%程度は仮想通貨で運用する人も増えているようです。

まだ仮想通貨を保有されていない方は、ためしに少額からでも仮想通貨を保有してみても良いのではないでしょうか。

資産運用を学ぶ方法