プライベートバンクの利回りは?プライベートバンキングサービスが向いてる人

近年、プライベートバンクの利用が日本人にも人気になってきています。

そのため、プライベートバンクを利用する金融資産額の最低ラインも上昇傾向にはありますが、プライベートバンクによっては、金融純資産1億円程度から利用が可能なところも存在します。

プライベートバンクの利回りはどのぐらい?

利回り

まずプライベートバンクの利回りは、1年間で資産が2倍になるようなものではありません。

もちろん、プライベートバンクによっても運用スタイルは変わってきますので、その運用結果は異なります。また、どのようなポートフォリオを組むかによっても、当然結果は変わってきます。

プライベートバンクは、大きなリスクをとって短期間で2倍を目指すような投資をするものではなく、金融危機が起きても減らさないような形で、分散投資をして運用するスタイルが一般的です。

プライベートバンクの利回りは、大体年間5〜10%程度を狙ったスタイルで運用する形が多いかとは思われますが、アクティブにもう少しリスクをとって運用するのであれば、若干の変動はあるでしょう。

プライベートバンクとプライベートバンキングサービスの違い

違い

なお、厳密には「プライベートバンク」と「プライベートバンキングサービス」は異なります。両者が混同されて説明されていることが良くありますので、今回はこちらも合わせてご紹介します。

まず、プライベートバンクとは、プライベートバンク業務を専業にする銀行のことをさします。

例えば、スイスにあるバウマンやボルディエ、ロンバー・オディエ・ダリエ・ベンチなどは、いわゆる「プライベートバンク」に該当します。

サービスの一環としてプライベートバンキングを提供

一方、日本にある三菱UFJ銀行もプライベートバンキングサービスの提供はしていますが、プライベートバンクではありません。三菱UFJ銀行自体は「商業銀行」に位置付けられます。

三菱UFJ銀行は、他にも一般個人向けにリテールサービス、法人向けには融資や外為サービスなども提供しています。

ですので、このような商業銀行の場合は、数あるサービスの一つとして、富裕層向けに「プライベートバンキングサービス」を提供しているのです。

プライベートバンクの利用が向いている人とは?

プライベートバンク

もちろん、自分で投資すること自体が好きなのであれば、プライベートバンクの利用は不要です。

ですが、そんなに投資や資産運用が好きな訳ではなくて、もっとお金以外のことに時間を使いたい方にとっては、プライベートバンクはアウトソーシングサービスとして適しています。

近年のプライベートバンク人気によって、プライベートバンクの利用ハードルが若干上がってきてはいるものの、いつまでも資産運用にばかり気を取られていては、他のことに時間を割けません。

純金融資産3億円以上の方は利用を検討するのも一手

例えば、純金融資産が3〜5億円程度になってきたら、プライベートバンクの利用を一度は検討された方が良いでしょう。

もちろん、近年新しく登場した金融商品である、ロボアドバイザーソーシャルレンディングを併用するのも一手です。これらの金融商品も上手く利用すれば、利回り10%以上も達成可能でしょう。

なお、上述したような三菱東京UFJ銀行などのメガバンクですと、純金融資産がかなり大きい顧客も多数抱えています。そのため、純金融資産1億円前後でそれらのサービスを利用するのは最適とは言えません。

そのため、近年ではスイスやリヒテンシュタインなど、ヨーロッパのプライベートバンクを利用する日本人が、徐々に増えてきているのです。

近年注目すべきスイスのプライベートバンクのサービス

そして、実は近年プライベートバンクの聖地とも呼べるスイスでは、2017年から顧客に仮想通貨への投資サービスの提供も始めていたりします。

なぜかというと、2017年にはその価値が数百倍や数千倍になった仮想通貨が多数登場し、他の金融商品よりも圧倒的にリターンが高かったからです。

もちろん、仮想通貨への投資が注目されているからといって、富裕層は自身の総資産の半分を投資するといったことはありません。総資産数億円の数%、つまり数百万円〜数千万円程度を投資するようなイメージです。

しかしながら、仮想通貨は現在世の中に1000種類以上存在するため、興味はあるものの「どれに投資したら良いか分からない」という問題が発生しています。

そこで、スイスのプライベートバンクのファルコンでは、顧客の代わりに、リスクを抑えつつ高いリターンが見込めそうな仮想通貨の銘柄を選定し、富裕層の顧客に仮想通貨へ投資する機会を提供しているのです。

ファルコンで投資可能な仮想通貨の種類

投資可能な仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

具体的には、ファルコンでは上記の仮想通貨に投資をすることができますが、日本ではプライベートバンクを利用せずとも、簡単に上記の仮想通貨へ投資することが可能です。

日本ではインターネット上の仮想通貨の取引所に無料の口座開設をすることで、誰でも少額から簡単に仮想通貨を購入することが可能なのです。

また、日本では2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨の販売を行うためには事前に金融庁と財務局への登録が必要となりました。

そのため、現状は金融庁に許可を受けた、きちんとした仮想通貨の交換業者のみが、取引のサービスを提供できます。

日本でプライベートバンクが選定した仮想通貨の銘柄に投資する方法

現在、日本ではすでに十数社の仮想通貨交換業者が登録されています。

上記のファルコンと同じ仮想通貨を購入するには、日本の最大手の仮想通貨交換業者ビットフライヤーや、東証一部上場企業が運営するGMOコインなどを利用されるのが良いでしょう。

なぜ数ある仮想通貨の交換業者の中からこれらの取引所をご紹介するかというと、初心者でも使いやすい画面設計になっており、資本体力があり、セキュリティ意識も高い企業だからです。

特にビットフライヤーは、元ゴールドマン・サックス証券の創業者が運営しており、金融系のベンチャーキャピタルを含めて様々な企業から資金調達をしています。

そのため、事業運営やセキュリティ面には相当力をいれていることが伺えますし、今の所ユーザー数や取引高もNo.1の実績を誇っています。

ビットフライヤーはやばい?大丈夫?株価や上場予定や関連銘柄は?

2017.08.28

【口コミ】GMOコインの無料登録・口座開設・入金・買い方を徹底解説

2017.09.08

(2018年追記)日本の富裕層も仮想通貨を少額保有し始めている

2017年に日本の仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入していた人々のリターンは、一年間で数十倍〜数百倍以上となっていました。

そのため、日本の富裕層の中にも、資産の1%〜数%程度は、仮想通貨で運用する人も増えています。実際、2018年3月にマネックス証券に買収されたコインチェックには、すでに170万口座が開設されていました。

マネックス証券は169万口座でしたので、実際のところインターネット証券よりも、仮想通貨の取引所を利用する人の数の方が多かったと言えるでしょう。

仮想通貨は、数百円などの少額からでも購入が可能で、土日でも取引をすることができます。このような利便性もあってか、会社で働きながらも、副業として仮想通貨を保有する人が増えているのです。

年齢層も若い20代だけでなく、40代や50代まで幅広く利用者がいるようですので、まだ仮想通貨を保有されていない方は、まずは少額からでも保有を検討してみてはいかがでしょうか?

【仮想通貨で資産運用】初心者にビットコイン投資の方法を簡単解説

2018.02.01

資産運用を学ぶ方法