仮想通貨で損しない方法!ビットコインで借金したくない初心者に対処法を解説

損

仮想通貨で儲かった人もいれば、仮想通貨で損をしてしまった人もいます。

そこで今回は、仮想通貨で損をしてしまう典型的なパターンと、損しないための具体的な対策方法をお伝えします。

1. 仮想通貨の価格が高い時に買って、安い時に売ってしまった

まず、仮想通貨で損をしてしまう典型的なパターンで一番多いのは、仮想通貨の価格が高い時に買って、安い時に売ってしまうというパターンです。

例えば、ビットコイン価格が200万円の時に1BTCを購入して、ビットコイン価格が100万円に全て売ってしまったら、100万円の損失になります。

しかしながら、2017年の1年間を通してみれば、仮想通貨市場自体は約177億ドルから5651億ドルへと成長しています。そのため、基本的には年初に買った仮想通貨をそのまま長期保有しておけば、十分に利益を出すことができた相場でした。

仮想通貨市場の成長を信じられる方は、1年程度のスパンで保有する

従って、一度仮想通貨を購入したら、その仮想通貨が購入価格よりも上がるまで待つというのが、損をしないための一番簡単な対策方法になります。

もちろんこの方法は、仮想通貨市場が今後も成長すると考えている方向けの方法です。しかしながら、一度仮想通貨という概念が生まれてしまった以上、少なくともこの概念が消えることは、もうないと言えるでしょう。

また、私たち個人投資家は会社で働いているトレーダーとは違って、数ヶ月でリターンを出さないといけない訳ではありません。一度仮想通貨の価格が下がっても、その価格が再び上昇するまで長期間待つこともできます。

個人投資家のメリットは、長期間待てること

ですので、個人投資家である私たちは、この「長期間待てる」というメリットを活かさない手はありません。

そんな時にぴったりのサービスが、Zaifコイン積立です。Zaifコイン積立は、仮想通貨の積立投資サービスで、1000円程度の少額から、毎月一定の金額の仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨市場全体が一気に暴落し、仮想通貨の価格が安い時に思い切って購入する自信がない方も、実際のところ多いのではないでしょうか?

そんな方の場合は、Zaifコイン積立などを利用して、コツコツと仮想通貨の保有額を増やしていくのも、仮想通貨での資産運用における一手と言えるしょう。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

2. 仮想通貨の売買手数料で損をしてしまった


出典:ビットフライヤー

続いて、仮想通貨を短期売買する場合は、スプレッド(購入価格と売却価格の差額)が狭く、取引の手数料が安い仮想通貨の取引所を利用した方が、損をする可能性が低くなります。

例えば、ビットフライヤーのアルトコイン販売所は、スプレッドが大きいです。

上記の図では、ビットフライヤーのアルトコイン販売所の画像ですが、イーサリアムの購入価格が84,663円なのに対して、売却価格は79,177円と差額が5,486円もあります。

スプレッドが大きいと、利益を出すのが大変

従って、ビットフライヤーのアルトコイン販売所でイーサリアムを購入をした場合、イーサリアムの価格が6,000円程度上昇して、売却価格の方の値が84,663円以上にならないと、利益を出すことはできません。

仮想通貨の価格変動は確かに激しいですので、しばらく待てばきちんと利益を出すことができるかもしれません。しかしながら、短期売買などのトレードの場合、大きなスプレッドでは中々利益を上げるのは難しいのです。

仮想通貨の販売所ではなく、仮想通貨の取引所でトレードをする


出典:Zaif

従って、もし仮想通貨の短期トレードをしたい場合は、仮想通貨の販売所ではなく、仮想通貨の取引所でトレードをするのが有効です。

ビットフライヤーなどの仮想通貨の販売所は、ビットフライヤー(業者)から直接仮想通貨を購入するため、その分手数料がかかり、スプレッドが大きくなっています。

一方、Zaifなどの仮想通貨の取引所であれば、ユーザー同士で仮想通貨を売買をします。そのため、売り手の価格と買い手の価格の差額であるスプレッドが狭くなっており、短期売買でも利益を出せる可能性が高くなるのです。

アルトコインの買い方をZaifとbitFlyerで初心者向けに図で簡単に解説!

2017.12.27

3. 仮想通貨FXに挑戦して、ロスカットされてしまった

続いて、仮想通貨FXでロスカット(強制決済)されて、大損をしてしまったという話があります。

ビットコイン価格が上がると思ってロング(買い注文)から入ったものの、結局予想に反してビットコイン価格が下がり続け、損切りできずに最終的に強制ロスカットされてしまい、追加証拠金を求められたというパターンです。

日本で一番人気のビットフライヤーでは、追加証拠金制度(通称「追証」)がありますので、最悪のパターンでは投資元本以上の損失が出る仕組みとなっています。

仮想通貨FXで借金をしたくない場合は、追証なしの取引所を選ぶ

従って、ビットコインFXなどの仮想通貨FXに取り組んでみたいものの、投資元本以上の損失を出したくない場合は、この追証制度がない仮想通貨の取引所を利用した方が良いでしょう。

さきほどご紹介した「Zaif」であれば、ビットコインのレバレッジ取引に取り組んでも、投資元本以上の損失は出ない仕組みが導入されています。そのような条件下で取引に挑戦したい方は、Zaifに無料の口座開設をしておくのが良いでしょう。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

4. 一度購入した仮想通貨を無くしてしまった

最後に、一同購入した仮想通貨を、何らかの形で無くしてしまうというパターンがあります。仮想通貨を無くしてしまった原因としては、下記のようなパターンがあります。

仮想通貨を無くした理由の例
  • 仮想通貨が盗まれてしまった
  • 仮想通貨を間違った送金先に送金してしまった
  • 仮想通貨のウォレット(財布)の秘密鍵(PW)を忘れてしまった
  • 仮想通貨の詐欺に騙されてしまった

仮想通貨の投資は完全に自己責任です。仮想通貨の取引所に仮想通貨を保管していたら、パスワードを破られて勝手に送金されてしまった事例もあるようです。

ですので、仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入したあとは、必ず2段階認証と呼ばれる設定をした方が良いでしょう。2段階認証を設定すれば、通常のパスワードに加えて、Google Authentificatorなどのアプリで表示される数字も入力する形となります。

そのため、パスワードが万一ばれてしまっても、仮想通貨を不正に引き出しできないようになっています。

他にも、仮想通貨を大量に購入した場合は「Trezor」や「Leger Nano S」など、Zaifで購入できる「ハードウェアウォレット」へ資金を送金しておき、そちらで別途保管しておくのも良いでしょう。

仮想通貨の保管場所(ウォレット)は?安全度の高い保管方法を初心者向けに解説

2017.12.04

資産運用を学ぶ方法