ビットコインと株はどっちが良い?初心者に仮想通貨投資は向いている?

ビットコインか株か

ビットコインと株のどちらに投資するのが良いのでしょうか?今回はメリットとデメリットを踏まえつつ検討します。

株式投資と比較した際の、仮想通貨投資のメリット

仮想通貨投資のメリット
  • 他の金融商品よりも、リターンが圧倒的に高い
  • 仮想通貨市場自体が成長しているため、初心者でも稼げる可能性が高い
  • 365日24時間、土日でも取引ができる

1. 他の金融商品よりも、リターンが圧倒的に高い

まず、仮想通貨のリターンは株式投資などの他の金融商品よりも、圧倒的に高いです。株式投資でも1年で10倍近くに値上がりする銘柄がありますが、仮想通貨投資では1年で数百倍〜数万倍になってしまうコインも多くあります。

例えば、日本初の仮想通貨「モナーコイン」について確認してみると、2017年の1年間のリターンは約400倍でした。


出典:仮想通貨の取引所「Zaif」

つまり、年初にモナーコインに100万円を投資していれば、4億円以上になっていました。実際にモナーコインでは億万長者が多数生まれ、2位のウォレット(ウェブ上の財布)には現在でも30億円以上入っています。


出典:暗号通貨長者番付

2. 仮想通貨市場自体が成長しているため、投資の初心者でも稼げる可能性が高い

続いて、そもそも仮想通貨市場自体が成長しているため、どの仮想通貨も価格が上がっているという状況があります。仮想通貨市場全体の時価総額は、2017年単体で約200億ドルから約6000億へ成長しています。

そのため、投資の初心者であっても、インターネット上で「仮想通貨の取引所」に口座を開設し、何かしらの仮想通貨を1年間保有しておけば、かなりのリターンが得られたことが分かります。

実際に日本で一番仮想通貨の取り扱いが多い「コインチェック」では上記の13種類の仮想通貨を購入できますが、これらのどの銘柄も、2017年だけで年初から十数倍〜百倍以上のリターンになっています。

3. 365日24時間、土日でも取引ができる

最後に、仮想通貨はインターネットさえあれば、365日24時間、土日でも取引ができます。

また、インターネットバンキングさえ持っていれば、土日でも仮想通貨の取引所に入金をして、取引をすることが可能です。そのため、普段平日は仕事で忙しい方でも、仮想通貨へは簡単に投資ができるのです。

株式投資と比較した際の、仮想通貨投資のデメリット

仮想通貨投資のデメリット
  1. IR情報での分析はできない
  2. 税金が優遇されていない
  3. 基本的には、株主配当や優待が無い

1. IR情報での分析はできない

仮想通貨の一つ目のデメリットは、株式投資と違って、IR情報での分析ができない点です。株式投資であれば、投資先企業の公式サイトにいけば、有価証券報告書などのIR情報を確認することができます。

そうして、そのような公開情報からその企業の「将来性」を分析し、投資判断することが可能です。

ですが、仮想通貨の場合はそのようなIR情報ありませんので、仮想通貨(ないしはプロジェクト)の公式サイトからホワイトペーパーを確認したり、SNSやGithubなどを確認して仮想通貨の開発状況を確認したりする必要があります。

つまり、これまでの株式投資での分析手法ではなく、インターネットで情報を収集し、自分なりに考えて、投資判断をする必要があるのです。

2. 税金が優遇されていない

続いて、株式投資や投資信託であれば、得られた利益には一律20.315%の税金ですみます。それらの利益は「申告分離課税」になりますので、給与所得などの他の所得とは合算されずに計算されるのです。

一方、仮想通貨投資で得られた利益は「雑所得」に該当して「総合課税」となりますので、得られた利益は給与所得などの他の所得と合算されて、所得税の税率と10%の住民税がかかります。

所得税の早見表
  • 195万円以下:5%(0円)
  • 195万円〜330万円以下:10%(97,500円)
  • 330万円〜695万円以下:20%(427,500円)
  • 695万円〜900万円以下:23%(636,000円)
  • 900万円〜1,800万円以下:33%(1,536,000円)
  • 1,800万円〜4,000万円以下:40%(2,796,000円)
  • 4,000万円超:45%(4,796,000円)

現在のご自身の年収などの所得によって税率が変わってきますので、その点には注意が必要です。

3. 基本的には、株主配当や優待が無い

続いて、仮想通貨には基本的には、株主配当や優待がありません。ここで「基本的には」としたのは、仮想通貨の中には、保有しているだけで毎年5%の金利をもらえる仮想通貨なども存在するからです。

また、2017年8月1日にビットコインがハードフォーク(分岐)しましたが、こちらは8月1日時点でビットコインを保有していた人には、同枚数の「ビットコインキャッシュ」がタダで配布されました。

こちらの配布でもらえたコインに関しては、取得原価は「0」と考えられるため、日本円に換金されるまで税金がかかることもありません。そのため、もらったコインはそのままにしておく人が多いようです。

ビットコイン・仮想通貨と株式投資との比較まとめ

ビットコインのメリット

以上のように、仮想通貨投資 は税金が優遇されてはいないものの、株式投資よりも更にリターンが高くなる可能性がある投資です。ただし、仮想通貨投資は完全に「自己責任」であり、「自己判断」が必要です。

日本では仮想通貨に関する法律が制定されたり、SBIなどの大手のネット証券が「仮想通貨の取引所」を始めたり、三菱東京UFJ信託銀行が「仮想通貨資産の保全サービス」を発表したりと、世界に先駆けて仮想通貨市場の整備が進んでいます。

ですが、まだまだ仮想通貨市場は世界的には未成熟な市場です。2016年にはビットコインが分裂することなど誰も予想ができなかったように、2018年にも仮想通貨市場で何が起こるかは分かりません。

そのようなリスクも踏まえた上で、仮想通貨を始めてみようかなという方は、まずは「仮想通貨の取引所」に口座を開設してみてはいかがでしょうか?

ビットコイン取引所ランキング