300万円の資産運用!投資前にまず考えるべき1つのこと

資産運用

300万円を資産運用するにあたって、まず考えるべきことや具体的な運用方法をお伝えします。

なお、今回は300万円を全額資産運用に回せる方向けの内容となります。その300万円が全財産である場合は、まずはもう少し貯金をして日々の生活資金を確保した上で、300万円の余剰資金を貯められた方が良いでしょう。

まずは目標金額と運用期間を決め、毎年の目標利回りを算出する

資産運用

まず、手元の300万円をいくらに増やしたいのか?を検討する必要があります。次に、どのぐらいの期間で増やしたいのか?を検討する必要もあります。そうすると、毎年の目標利回りを算出できます。

例えばですが、分かりやすく「300万円を10年間で1億円にする」という野心的な目標を立てた場合、毎年の目標利回りを考えると、毎年1.5倍程度には資産を増やしていく必要があります。

300万円を10年間で1億円にしたい場合

1年目 3,000,000円
2年目 4,500,000円
3年目 6,750,000円
4年目 10,125,000円
5年目 15,187,500円
6年目 22,781,250円
7年目 34,171,875円
8年目 51,257,813円
9年目 76,886,719円
10年目 115,330,078円

このような野心的なシュミレーションを立てた場合は、普通に資産運用をしていては絶対に達成できません。

ですのでこの場合は、当てれば年間リターンが数百倍以上ある仮想通貨投資などのハイリターン投資に挑戦するしか手はないです。

一方、例えば「300万円を10年間で400万円にする」場合は、毎年の利回りは3%〜4%程度で良くなりますので、ローリスク・ローリターンの資産運用で、十分実現可能な目標と言えるでしょう。

300万円を10年間で400万円にしたい場合

1年目 3,000,000円
2年目 3,105,000円
3年目 3,213,675円
4年目 3,326,154円
5年目 3,442,569円
6年目 3,563,059円
7年目 3,687,766円
8年目 3,816,838円
9年目 3,950,427円
10年目 4,088,692円

こちらの目標設定であれば、資産運用の選択肢によっては十分実現可能なシュミレーションです。従って、まず大切なのは自分にとって適切なシュミレーションをするべきということです。

これよりももっと低いリターンで構わないのであれば、定期預金や国債などを利用しても良いでしょう。ですが、低金利のこの時代においては、定期預金ではせいぜい良くても1年間で0.2%程度の金利しかつきません。

手元の300万円のうち100万円を預けても、1年後に2,000円、税金が引かれて1,600円弱しか手に入りません。これでは、はっきり言って資産運用をする意味がありません。

国債の場合は、日本国発行という安全性の高さが魅力ではありますが、日本国の信用が悪化すれば損失が発生する可能性もありますし、それならまだ定期預金の方が良いかもしれません。

毎年の利回り3~4%程度を狙う、ローリスクな資産運用方法

資産運用

それでは利回り3%〜4%程度を狙うのに、最適な資産運用方法には何があるのでしょうか?

こちらの利回りでしたら、投資信託やロボアドバイザーソーシャルレンディングなどでも十分達成は可能です。もしくは、リスクの低さを鑑みれば、貯蓄型生命保険を利用する方法もあります。

貯蓄型の生命保険は、掛け捨ての保険とは違って積み立て型の保険になりますので、満期時には基本的に投資元本以上のお金が返ってくる形となります。

保険の加入期間中に万が一のことがあれば保険金が支払われますし、生命保険は確定申告時の税控除の対象にもなります。このような貯蓄型生命保険の場合は、特に若い時から始める方が有利になる資産運用でもあります。

以上がまずは非常にローリスクローリターンな資産運用方法になりますが、もう少しリターンを狙いたいという方に向けて、次に検討すべきことをお伝えします。

自分で資産運用に取り組むのか、誰かに任せるのかを決める

プロの資産運用

次に、検討すべきは、自分の目標を達成できる資産運用の選択です。大きく分けて、①自分でやるのか、②誰かに任せるのかの二択に分かれます。

例えば、「300万円を10年間で1億円にすること」を目指す場合は、自分で投資に取り組まない限り、目標の達成は不可能といって良いでしょう。

一方、10年間で2倍の600万円を目指すのであれば、毎年8%程度の利回りでよくなりますので、運用成績の良い金融商品にお任せするという選択肢も出てきます。

自分で取り組む場合の資産運用の選択肢

まず、自分で資産運用に取り組む場合には、仮想通貨投資、株式投資、不動産投資があります。これらの運用方法であれば、働きながらの中長期投資も可能です。

仮想通貨投資に関する詳細はこちら

株式投資に関する詳細はこちら

不動産投資に関する詳細はこちら

ハイリスク・ハイリターンな資産運用という観点から言うと、もちろんFXや信用取引・先物取引などのレバレッジ取引も考えられます。ですが、基本的に多くの人は毎日PCの前に張り付いてトレードなどできません。

ですので、それらのハイリスク・ハイリターンな資産運用に取り組む場合は、専業の短期トレーダーになる決意がない人以外には適していないでしょう。

資産運用について学ばなければ、勝てるようにはならない

また、資産運用に取り組むべき前提として忘れてはならないことは、「資産運用について学ばなければ、絶対に勝てるようにはならない」ということです。

もし、何も学ばずに誰もが投資で勝てるようになるのであれば、今頃世の中はお金持ちで溢れています。

ですので、資産運用について学ぶ気がある方は、最近では述べ10年間で40万人以上が通った「マネースクール」も人気になってきましたので、実際に筆者も通ったスクールの無料体験会に一度参加されてみるのが良いでしょう。

【口コミ】お金の教養講座に実際に参加した感想と向いている人

2017.10.13

金融のプロに任せる場合の資産運用の選択肢

資産運用

続いて、自分で資産運用や投資について学ぶ気がない方については、以下の「プロにお任せする資産運用」をおすすめします。

プロにお任せる場合は、ソーシャルレンディング、ロボアドバイザー、完全にお任せの投資信託(ヘッジファンド)などが考えられます。

そして、これらのサービスの本質は、「サービス提供業者を信頼できるかどうかどうか?」の一点につきます。ソーシャルレンディングの場合は、ソーシャルレンディング業者が事前に審査して選定した「ファンド案件」が重要です。

ロボアドバイザーの場合は、そもそも資産運用をAIに完全にお任せしますので、ロボアドバイザー業者のこれまでの資産運用の実績が大切です。

なお、完全にお任せの投資信託というのは、レオスキャピタルワークスが提供する「ひふみ投信」などのことを指します。

投資家である私たちは、資産運用会社にお金を預けるだけで、実際の運用自体は完全に資産運用会社に任せしてしまおうという、資産運用のスタイルです。

もちろん投資信託の手数料(運用報酬)はかかりますが、運用会社に完全に資産運用は任せる形になりますので、特段自分が何かしないといけないということはありません。

実際にひふみ投信は年間20%のリターンを出していますので、これまでのところリターンは日本の資産運用会社の中ではズバ抜けて高いと言えるでしょう。

ひふみ投信の評判やベストな買い方についてはこちら

300万円の資産運用に関するまとめ

以上になりますが、せっかく貯めた300万円です。繰り返しになりますが、まずは達成したい「目標金額」と「運用期間」を決め、毎年の目標利回りを算出しましょう。

そして、自分で資産運用について学びながら運用していくのか、それとも完全にプロにお任せするのか、資産運用のスタイルを決めて、ぜひ自分に合った資産運用を実践し、豊かな老後を迎えましょう。

ビットコイン取引所ランキング