【最新版】ソーシャルレンディングの人気ランキング

おすすめのソーシャルレンディング事業者をご紹介します。「ソーシャルレンディングって何?」という方は、まずは「ソーシャルレンディングとは?」をご確認ください。

ソーシャルレンディング投資を始めるためには、まずは事業者のHPで「無料会員登録」をして、本人確認書類の写真やコピーを提出した後、審査に通過すると自宅に「ハガキ」が届きますので、そちらを受け取ることで「口座開設」が完了します。

このように口座開設の手続きはネット上で簡単にできますが、ソーシャルレンディング業者によって、案件の利回りの高さや運用期間なども様々ですので、分散投資の観点から、複数の事業者を利用されることをおすすめします。

事業者を選ぶ上で重要なポイントは、①「運営業者の信頼性(ユーザー数・累計応募額・経営陣など)」と、②「案件の魅力(平均利回り・最低投資額・不動産担保有無など)」です。

1位:オーナーズブック(OwnersBook)

オーナーズブック
平均利回り 約5%
最低投資額 1万円
手数料 0円
ユーザー数 4千人以上
累計応募額 20億円以上
不動産担保 全貸出案件に有り
サービス開始日 2014年9月
おすすめ度 ★★★★★
おすすめポイント
  • OwnersBookは、不動産テック企業「ロードスターキャピタル」が運営しているのですが、2017年に東証マザーズに上場して経営の透明性が高まりましたので、現時点で一番おすすめの業者として紹介させて頂きます
  • 貸出先を「不動産投資会社」に特化しているため、全案件に「不動産担保」が付いており、投資する際の安心感はピカイチです。過去3年間のデフォルトもありません
  • 不動産担保付きでリスクが低くなっていることから、案件の平均利回りは2位のクラウドクレジットよりも低くなっていますが、不動産物件売却による「早期償還」によって、利回りが14%以上となることもあります
  • 業績も好調に推移しており、経営陣には不動産投資のプロも集まっているため、今後の更なる発展が期待されます

2位:クラウドクレジット(Crowdcredit)

クラウドクレジット
平均利回り 約10%
最低投資額 1万円
手数料 0円
ユーザー数 7千人以上
累計応募額 40億円以上
不動産担保 無し
サービス開始日 2013年6月
おすすめ度 ★★★★★
おすすめポイント
  • クラウドクレジットは、海外の新興国案件を取り扱うため、平均利回りが10%以上と高い点が魅力です
  • 最低投資額も1万円からと敷居が低く、投資案件も豊富にあるため、資産運用初心者にも門戸が開かれています
  • また、伊藤忠商事が出資していて、経営陣も金融のプロフェッショナルが集っているため、企業としての信頼性も高いです
  • 「ペルー小口債務者支援プロジェクト」など、海外新興国の案件を取り扱っていることから、社会貢献型の投資に関心のある方にも特におすすめです

3位:マネオ(maneo)

maneo
平均利回り 約7%
最低投資額 2万円
手数料 0円
ユーザー数 5万人以上
累計応募額 850億円以上
不動産担保 貸出案件によっては有り
 サービス開始日 2008年10月
おすすめ度 ★★★★★
おすすめポイント
  • 日本初のソーシャルレンディング事業者であり、ユーザー数5万人以上の国内最大手です。ですが2017年に「OwnersBook」が上場しましたので、現在はその点から3位とさせて頂きます
  • 2011年以前は個人向けローンを提供していたことから貸し倒れ案件が発生したことがあったのですが、代表取締役の交代に伴い、法人向けローンに特化したことで状況は改善し、業績も順調に拡大しています
  • SMBCベンチャーキャピタル、GMOクリックホールディングス、VOYAGE VENTURESなどの大企業から出資を受けているため、今後は上場も期待される優良企業です
  • 但し案件によっては不動産担保取得案件があるため、平均利回りは2位の「クラウドクレジット」には劣ります

4位:SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング
平均利回り 約3%
最低投資額 1万円
手数料 0円
ユーザー数 1万8千人以上
累計応募額 340億円以上
不動産担保 全貸出案件に有り(不動産担保ローンファンドの場合)
サービス開始日 無し
おすすめ度 ★★★
おすすめポイント
  • 大手SBIグループが提供するソーシャルレンディングです。不動産担保ローンファンド、証券担保ローンファンド、カンボジア技能実習生支援ファンド、オーダーメード型ローンファンドの4種類を提供しています
  • 「不動産担保ローンファンド」があるため平均利回りは他の業者と比べると低くなっていますが、カンボジア技能実習生支援ファンドでは10%以上の利回りの案件もあります
  • 不動産担保ローンファンドには全貸出案件に不動産担保が付いているため、投資対象としての安心感はかなり高いと言えるでしょう

ぜひ当サイトのランキングを活用して、ご自身のニーズに合った事業者をお選び下さい。