【最新版】ソーシャルレンディングの人気ランキング

ICO投資

ほったらかしの資産運用こと「ソーシャルレンディング」のおすすめ事業者をご紹介します。

ソーシャルレンディング投資を始めるためには、まずは事業者のHPで「無料会員登録」をして、本人確認書類の写真やコピーを提出した後、審査に通過すると自宅に「ハガキ」が届きますので、そちらを受け取ることで「口座開設」が完了します。

このように口座開設の手続きはネット上で簡単にできますが、ソーシャルレンディング業者によって、案件の利回りの高さや運用期間なども様々ですので、分散投資の観点から、複数の事業者を利用されることをおすすめします。

事業者を選ぶ上で重要なポイントは、①「運営業者の信頼性(ユーザー数・累計応募額・経営陣など)」と、②「案件の魅力(平均利回り・最低投資額・不動産担保有無など)」です。

1位:クラウドクレジット(Crowdcredit)

クラウドクレジット
平均利回り 約10%
最低投資額 1万円
手数料 0円
ユーザー数 7千人以上
累計応募額 40億円以上
不動産担保 無し
サービス開始日 2013年6月
おすすめ度 ★★★★★
おすすめポイント
  • クラウドクレジットは、海外の新興国案件を取り扱うため、平均利回りが10%以上と高い点が魅力
  • 最低投資額も1万円からと敷居が低く、投資案件も豊富にあるため、資産運用の初心者にも門戸が開かれている
  • 伊藤忠商事が出資しており、経営陣も金融業界出身のプロフェッショナルが集い、企業としての信頼性も高い
  • 「ペルー小口債務者支援プロジェクト」など、海外新興国の案件を取り扱っていることから、社会貢献型の投資に関心のある方にもおすすめ

2位:オーナーズブック(OwnersBook)

オーナーズブック
平均利回り 約5%
最低投資額 1万円
手数料 0円
ユーザー数 4千人以上
累計応募額 20億円以上
不動産担保 全貸出案件に有り
サービス開始日 2014年9月
おすすめ度 ★★★★★
おすすめポイント
  • OwnersBookを運営する「ロードスターキャピタル」は、2017年に東証マザーズに上場し、業績も好調に推移中。経営陣には不動産投資のプロが集まっており、今後の更なる発展が期待できる
  • 案件に関しては貸出先を「不動産投資会社」に特化しているため、全案件に「不動産担保」が付いており、投資する際のリスクヘッジができている。また、過去3年間のデフォルトはなし
  • 不動産担保付きでリスクが低くなっていることから、案件の平均利回りはクラウドクレジットよりも低くなっているが、不動産物件売却による「早期償還」によって、利回りが14%以上となることもあり

3位:マネオ(maneo)

maneo
平均利回り 約7%
最低投資額 2万円
手数料 0円
ユーザー数 5万人以上
累計応募額 850億円以上
不動産担保 貸出案件によっては有り
 サービス開始日 2008年10月
おすすめ度 ★★★★
おすすめポイント
  • 日本初のソーシャルレンディング事業者であり、ユーザー数5万人以上の国内最大手
  • 2011年以前は個人向けローンを提供していたことから「貸し倒れ案件」が発生したことがあったが、代表取締役の交代に伴い、法人向けローンに特化したことで状況は改善し、業績も順調に拡大中
  • SMBCベンチャーキャピタル、GMOクリックホールディングス、VOYAGE VENTURESなどの大企業から出資を受けているため、今後は上場も期待される優良企業
  • 但し、案件によっては不動産担保取得案件があるため、平均利回りは「クラウドクレジット」には劣る

4位:SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング
平均利回り 約3%
最低投資額 1万円
手数料 0円
ユーザー数 1万8千人以上
累計応募額 340億円以上
不動産担保 全貸出案件に有り(不動産担保ローンファンドの場合)
サービス開始日 2011年3月
おすすめ度 ★★★★
おすすめポイント
  • 大手SBIグループが提供するソーシャルレンディングであり、信頼性は非常に高い
  • 案件は不動産担保ローンファンド、証券担保ローンファンド、カンボジア技能実習生支援ファンド、オーダーメード型ローンファンドの4種類を提供
  • 「不動産担保ローンファンド」には、全貸出案件に不動産担保が付いているため、投資対象としての安心感は高く、「カンボジア技能実習生支援ファンド」では10%以上の利回りの案件も提供している

5位:クラウドバンク

平均利回り 約6%
最低投資額 1万円
手数料 0円
ユーザー数 1万人以上
累計応募額 200億円以上
不動産担保 一部有り
サービス開始日 2013年12月
おすすめ度 ★★★
おすすめポイント
  • 日本で唯一証券会社が提供する融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)。風力発電、太陽光発電、不動産、事業支援、海外投資など、多種多様な案件を取り扱っている点が特徴
  • これまでの貸し倒れは無いため、会社の与信判断能力は高い
  • ただし、過去2回金融庁から「行政処分」を受けているため、内部管理体制には留意が必要な会社