プライベートバンクはいくらから利用すべき?

プライベートバンクはいくらから利用すべきなのでしょうか?

今回は日本国内で利用できるプライベートバンキングサービスについてご紹介します。

日本のプライベートバンキングサービスはいくらから?

まず、そもそも日本には伝統的なプライベートバンクはありません。

日本にあるのはプライベートバンクではなく、大手証券会社やメガバンクなどが、サービスの一つとして提供している、プライベートバンキングサービスです。

大手金融機関の顧客基盤は幅広く、当然それ相応の金融資産を保有している顧客を、多数抱えています。

そのため、基本的に大手金融機関のプライベートバンキングサービスは、金融純資産数十億円以上の人々に向いているサービスと言えます。

金融資産数億円の方におすすめの資産運用方法はこちら

日本のプライベートバンキングサービスの問題点

問題点

また、日本のプライベートバンキングサービスと、海外のプライベートバンクを比較すると、担当者の質が異なります。

具体的に何が違うかというと、スイスやリヒテンシュタインなどにあるプライベートバンクであれば、プライベートバンクの仕事を専門に、長年経験している担当者と接することができます。

一方で、日本のプライベートバンキングサービスの場合は、担当者には社内異動などが多くあります。ですので、当然担当者は、プライベートバンカーとして長年働いてきている人だけではありません。

結局プライベートバンカーと顧客のニーズが完全には合致しない

もちろん、日本のプライベートバンカーであっても、担当によっては豊富な金融知識を持っている方もいるでしょう。中には、それなりの金額で、自身でも資産運用に取り組まれている方もいるかとは思われます。

ただし、実際のところ自分がそれなりの金融資産を保有していないと、富裕層の資産運用をイメージし辛いのは確かです。ですので、結局はお客様の資産よりも、自分自身の営業成績を優先してしまうこともあるでしょう。

また、現状は国内の富裕層のニーズに対して、専門的な知識を持つ日本人のプライベートバンカーの数が、圧倒的に足りていないという問題もあります。

ですので、はっきり言ってそんなにはプライベートバンキングサービスはおすすめできませんが、具体的にいくらから利用できるのか、国内大手のプライベートバンキングサービスを比較してみます。

国内の大手プライベートバンキングのサービス比較

カテゴリー 業者名 設立 最低純資産
銀行 みずほプライベートウェルスマネジメント 2005年 10億円以上
信託銀行 三菱UFJ信託銀行プライベートバンキング 非公開
信託銀行 三井住友信託銀行プライベートバンキング 非公開
証券会社 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券 2006年 1億円以上
証券会社 野村證券 非公開
証券会社 大和証券 非公開
証券会社 SMBC日興証券 非公開

上記の比較表を確認してみると、情報公開がされている中で、最低純資産が一番低いのは1億円以上の三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券で、一番高いのは10億円以上のみずほプライベートウェルスマネジメントです。

この他にも、例えば三菱UFJ銀行などでもプライベートバンキングサービスを取り扱っていますが、基本的にはこちらは銀行が窓口となっているだけで、銀行経由で、結局は同じグループの信託銀行などを紹介される形となります。

このような状況を鑑みても、なかなか国内のプライベートバンキングサービスを利用するのは、ハードルが高いことが分かります。

日本に拠点を持つ外資系金融機関のプライベートバンキング

そこで、日本に拠点を持つ外資系金融機関のプライベートバンキングサービスを確認してみます。

プライベートバンクで人気の国と言えば、やはりスイスです。日本にも、実際プライベートバンキングサービスを提供するスイスの金融機関も、一部進出しています。

ただし、こちらも最低金融純資産金額を確認してみると、有名なクレディ・スイスは純資産10億円以上を対象としていたりと、国内の金融機関と同じく、利用するハードルは中々高いです。

それでは、金融資産数億円の富裕層はどのような金融商品を利用するのでしょうか?

プライベートバンク以外の富裕層向けの資産運用手法は?

ヘッジファンド

プライベートバンクの他に、富裕層の資産運用で王道と言えば、海外のヘッジファンドの利用です。

もちろん、海外で高リターンを生み出しているヘッジファンドであっても、数年後に好調だったヘッジファンドが消えていることもあるのが、ヘッジファンド業界です。

相場が上昇トレンドでも下降トレンドでも利益を出す、絶対利益追求型のヘッジファンドは以前より富裕層に人気ですが、当然ながら元本保証の金融商品ではありません。

ヘッジファンドはリスクを踏まえて利用するのが吉

ヘッジファンドには上述したように倒産リスクもありますし、通常の金融商品とは異なり解約にも時間がかかるため、流動性リスクも存在します。

近年は仲介業者を通じて、数千万円ぐらいからでも海外のヘッジファンドへ投資ができるようになりましたが、いまだに怪しい業者も多いのがこの業界です。

実際のところ、海外にある絶対利益追求型のヘッジファンドのような業者は日本には存在せず、独立系資産運用会社で、金融庁に登録しており高いパフォーマンスを出しているのは、ひふみ投信ぐらいです。

プライベートバンキングよりも注目されている投資とは?

Equity

ここまででお伝えしてきたように、富裕層向けのプライベートバンキングサービスや、海外のヘッジファンドの金融商品が日本で成長していくには、まだまだ時間がかかるでしょう。

そんな時代背景の中で、最近の富裕層はプライベートバンクの利用だけでなく、ベンチャー企業や未上場企業への投資など、社会貢献性の高い投資にも目を向ける人が増えています。

自分の利益のためだけの運用ではなく、これまでに貯金してきたお金を利用して、誰かの役に立ちたいと思う富裕層が増えているのです。

ベンチャー企業への投資は、一部のエンジェル投資家しかできないように思われていますが、最近ではインターネットを通じて、未上場企業へ投資できるサービス(エメラダエクイティなど)が出てきています。

富裕層の方でお金の投資先を検討されている方は、そのような新しいスタイルの社会貢献型の資産運用も、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

3000万円の資産運用でおすすめの社会貢献型投資3種類

2018.04.09

資産運用を学ぶ方法