年利100パーセントを資産運用で達成するための3つの方法とは?

年利100%

年利100%を資産運用で達成するには、最適な投資手段は何でしょうか?

例えば、近年新しく誕生した資産運用の手段であるロボアドバイザーや、ソーシャルレンディングなどのミドルリスク・ミドルリターン投資の場合、利回りは良くても10数%〜20数%です。

もちろん、きちんと運用パフォーマンスが出れば、これらの資産運用も十分すぎるほど利回りは高いです。

ですが、年利100%を達成することはできません。

そこで今回は、これらの新しい投資以外で、年利100%以上の達成が可能な投資を3つほどご紹介したいと思います。

1. 仮想通貨投資で年利100%以上を達成する

まず、年利100%を達成するのに一番可能性が高いのは、仮想通貨投資です。

2017年はバブルのように仮想通貨は値上がりし、たった1年間で数百倍にも値上がりした仮想通貨(リップルやネムなど)が多く見受けられました。

しかしながら、2018年に発生した仮想通貨の取引所の事件によって、一時期ほど仮想通貨投資は騒がれなくなりました。

ただし、前ほど騒がれなくなったものの、実は仮想通貨は今でも1日で10%の変動も珍しくありません。短期間で2倍に値段が上がることも、いまだに珍しくないのが仮想通貨です。

また、仮想通貨投資には、通常の現物の仮想通貨の取引に加えて、仮想通貨FXも含まれます。

仮想通貨投資は売りから入ることも可能

そのため、今後とも仮想通貨の値段が下がると思えば、ショート(売り)から入ることで、利益を上げることも可能です。

例えば、上場企業が運営するGMOコインでは、通常の仮想通貨の現物売買に加えて、仮想通貨FXも提供しています。

ですので、GMOコインなどの取引所を利用することで、仮想通貨FXに取り組むことも可能です。

もちろん資産運用手段としては、積極的に仮想通貨FXを推奨することはできません。

ですが、短期的に年利100%を狙う投資に挑戦したい場合は、仮想通貨FXを投資手段の一つとして検討するのは一手です。

2. 未上場企業へのエンジェル投資で年利100%以上を達成する

続いての方法は、未上場企業やベンチャー企業への投資です。

未上場企業への投資は、1年で必ず年利100%となるものではありません。また、一度投資をした場合、その企業が上場したりM&Aされたりされない限り、簡単に換金することもできません。

しかしながら、例えば、投資した企業が3年後に上場したり、M&Aをされることで、投資金額の数十倍のリターンが得られることもあるのが、ベンチャー企業への投資です。

それでは、一体どうすれば一般人でも未上場企業への投資に参加できるかというと、未上場株の買い方の記事にも掲載しましたが、簡単なのは株式投資型クラウドファンディングを利用する方法です。

株式投資型クラウドファンディングとは?

株式投資型クラウドファンディングとは、ベンチャー企業が非上場株式を発行することで、インターネットを通じて多くの人から少額づつ資金を集める仕組みです。

ベンチャー企業1社あたりの年間募集金額の上限は1億円未満、投資家の1社に対する年間投資上限金額を50万円となっています。

例えば、有名な株式投資型クラウドファンディングサービスには、ファンディーノ(FUNDINNO)があります。

ファンディーノ(FUNDINNO)は登録料や口座開設手数料、口座維持手数料などは全て無料です。

未上場企業への投資は若干敷居が高い投資

ただし、未上場企業への投資は上場企業の投資とは異なり、得られる情報も限られています。

そのような限られた情報の中で投資判断をしないといけませんので、企業への目利き力が必要となります。

また、通常の仮想通貨投資や株式投資とは異なり、ファンディーノの場合は、最低でも投資経験が1年以上あり、金融資産も300万円以上あるような方が対象となっています。

しかしながら、逆に言えばある程度投資経験がある方であったり、金融資産がある方にとっては、新しい投資機会と言えるでしょう。

ハイリスク・ハイリターンの投資に挑戦したい方や、純粋にベンチャー企業の支援をしたい方などは、一度株式投資型クラウドファンディングも、利用されてみてはいかがでしょうか?

3. 上場企業への株式投資で年利100%以上を達成する

最後の方法は、定番ですが上場企業への株式投資です。

日本の株式市場においては、毎年1年間で10倍程度に株価が上昇している銘柄が存在します。

特に日本の大企業への株式投資ではなく、中小企業を対象とした株式投資を行うことで、大きなリターンを得られる場合があります。

例えば、実際に中小小型株狙いで、年間20%以上のリターンを叩き出している資産運用会社には、ひふみ投信を提供するレオスキャピタルワークス株式会社があります。

ひふみ投信はこれまでにも高いパフォーマンスを出しており、手数料も1%程度しかかかりませんので、筆者も口座開設(無料)をしています。

日本のマザーズ市場に上場しているベンチャー企業の中には、まだまだお宝株が眠っているのですが、自分で一つ一つ探していく時間がない方は、ひふみ投信を利用するのも一手でしょう。

株式市場に参入する前には知識武装をするのが吉

株式市場には、多くの金融のプロが参戦しています。

ですので自分で株式投資をやる場合、いきなり何も知識がない人が、やみくもに株式投資を始めても、すぐに勝てるようにはならないでしょう。

むしろ、何も理論武装せずに株式市場に参戦してしまっては、大切なあなたの財産を増やすどころか、大幅な損失を出す可能性もあります。

ですので、自分で株式投資をやる場合で、とにかく今すぐにお金が欲しいといった方でなければ、まずは株式投資に関する知識をつけることをおすすめします。

初心者には無料の株式投資セミナーがおすすめ

具体的にどうすれば良いかというと、おすすめなのは大手マネースクールが主催する、株式投資の無料セミナーにまずは参加することです。

筆者が参加したのは、大手マネースクールのファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールの無料体験会です。

このような無料体験会に参加することで、株式投資に取り組む上で、今後どのような知識を身につけるべきなのかが分かります。

一度基礎知識をつけてしまえば、学ぶ上での方向性が見えないまま進むよりもはるかに効率的になりますので、独学で学ぶより失敗するリスクを少なくすることができると言えるでしょう。

資産運用を学ぶ方法