20代におすすめのJCB GOLD EXTAGEと三井住友VISAプライムゴールドを比較

JCB GOLD EXTAGE

20代限定のゴールドカードである、JCBのExtageゴールドと、三井住友VISAプライムゴールドカードの口コミです。

それぞれのカードのメリット・デメリットを検討し、それぞれのカードの利用に向いている人をお伝えします。

JCB GOLD EXTAGEと三井住友VISAプライムゴールドカードの比較

JCB GOLD EXTAGE 三井住友VISAプライムゴールドカード
本会員年会費 3,240円(初年度無料) 1,620円〜5,400円(初年度無料)
家族会員年会費 1人目は年会費無料
2人目から1,080円
1人目は年会費無料
2人目から1,080円
本会員対象 20歳以上29歳以下(安定継続収入のある方)
※学生不可
20歳以上29歳以下(安定継続収入のある方)
家族会員対象 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上) 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)
国際ブランド JCB VISA・MASTERCARD
旅行傷害保険 最高5,000万円(海外・国内)
※死亡・後遺障害の場合
最高5,000万円(海外・国内)
ショッピングガード保険 海外:最高200万円
国内:最高200万円
最高300万円
ポイントプログラム Oki Dokiポイント ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5% 0.5%
Apple Pay 設定可 設定可
公式サイト Extageゴールド 三井住友VISAプライムゴールドカード

JCB GOLD EXGATEと三井住友VISAプライムゴールドカードの概要を比較すると、主な違いは下記4点です。

主な違い
  • 年会費
  • 国際ブランド
  • ショッピングカード保険
  • ポイントプログラム

それでは、ここからそれぞれの違いの詳細を確認してみます。

年会費に大きな差はないため、2枚目なら国際ブランドで選ぶのが吉

三井住友VISAプライムゴールドカードの場合、コース別で年会費が異なります。

「マイ・ペイすリボ」という、リボ払いのコースを申し込めば年会費が安くなりますが、基本的には返済時に金利がかかってしまいますので、あまりおすすめはできません。

ですので、基本的には「WEB明細書」コースの、年間4,320円がかかる場合が多いと言って良いでしょう。JCB GOLD EXTAGEは年間3,240円ですので、そこまで年会費に大きな差はありません。

そのため、すでにJCBのクレジットカードを保有しているのであれば、三井住友VISAプライムゴールドカード、すでにVISA・MASTERCARDのクレジットカードを保有しているのであれば、JCBのExtageゴールドを利用するのも一手です。

続いて、大きな違いであるポイントプログラムについて、それぞれの詳細を確認してみます。

JCB GOLD EXGATEのポイントプログラム

まず、JCB GOLD EXGATEでは、Oki Dokiポイントに関する特典があります。

新規入会ボーナスとして、入会後3ヶ月間はポイントが3倍、入会後4ヶ月目以降はポイントが1.5倍、JCB海外加盟店でカードを利用すると、自動的にポイントが2倍となります。

また、Oki Doki ランドに参加しているポイント2倍のお店でJCB GOLD EXTAGEを利用すると、Oki Dokiポイントが3倍になったりもします。

ですので、例えば直近で海外旅行にいく予定がある方などであれば、旅行前にJCB GOLD EXTAGEを申し込んでおけば、国内の主要空港・ホノルルの国際空港内の空港ラウンジが無料で使えますし、旅行傷害保険やショッピングカード保険もつきます。

ですので、JCBのExtageゴールドを利用するメリットがあると言えるでしょう。

なお、JCB GOLD EXGATEは20代限定のゴールドカードですので、30歳以降はJCBゴールドカードに切り替わる形となります。更新後の年会費については本会員は10,800円、家族会員は1人目は無料で、2人目から1,080円がかかります。

20代のうちにゴールドカードを保有しておけば、将来的にもJCBゴールドカードを保有し続けることができる点も、JCBのExtageゴールドのメリットと言えるでしょう。

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントプログラム

一方、三井住友VISAプライムゴールドカードの場合は、前年度(2月~翌年1月)お支払いのお買物累計金額によって、「V1」「V2」「V3」の各ステージが設定され、ボーナスポイントをプレゼントしてもらえます。

例えば、前年度のお買物合計金額が100万円以上の場合は「V2」が設定され、今年度50万円のお買物で150ポイントをプレゼントしてもらえます。

一般カードは50ポイントですので、ゴールドカードの方がポイント付与率が高くなっています。

ポイントUPモール経由の買い物でポイントが最大20倍貯まる

これに加えて、三井住友VISAプライムゴールドカードの場合は、ポイントUPモールというサイトを経由してショッピングをすると、ポイントが最大20倍貯まる仕組みがあります。

例えば人気のショップには、Amazonや楽天市場、Yahooショッピングやじゃらんなど、数多くの人気サイトでポイントを貯めることができます。

ですので、ネットショッピングを良く利用する方などには、三井住友VISAカードのポイントUPモールは適していると言えるでしょう。

JCB EXTAGE GOLDや三井住友VISAプライムゴールドカードの口コミ

などなど、基本的にネット上には三井住友VISAプライムゴールドカードもJCB GOLD EXTAGEも、良い口コミが多いです。

ですので、まだゴールドカードを保有していない20代の方や、JCBのクレジットカードを保有している方には、三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめです。

一方、すでにVISAやMasterCardを保有しており、JCBブランドのカードを保有していない方におすすめなのが、JCBのExtageゴールドです。

ポイント還元率が高く年会費が安いのはミライノカードGOLD

ミライノカード

ただし、JCB EXTAGE GOLDも、三井住友VISAプライムゴールドカードも、ベースのポイント還元率が高いゴールドカードではありません。

基本的なポイント還元率1.0%と高く、年会費も3,240円(年間100万円以上の利用で次年度無料)と安いゴールドカードが良い方には、住信SBIネット銀行のミライノカード GOLDの方が適しているでしょう。

年会費が安いミライノカードGOLDとミライノカードの違いを比較してメリットとデメリットを検討

2018.05.28

ぜひ自分に合ったゴールドカードを、20代から保有してみてはいかがでしょうか。

資産運用を学ぶ方法