イオンカードセレクトの評判やメリットとデメリットは?種類や違いを比較

イオンカードには色々と種類がありますが、今回はその中でもおすすめできるイオンカードセレクトに焦点を当ててご紹介したいと思います。

なお、イオンカードには他にも通常のイオンカード(WAON一体型)があります。

イオン銀行のキャッシュカード機能もついているイオンカードセレクトがおすすめではありますが、引き落とし口座をイオン銀行以外にしたい方は、イオンカード(WAON一体型)を選ばれた方が良いでしょう。

他にも、イオンカードには育児と教育をサポート向けのベネッセ・イオンカードなど様々なものがありますので、それぞれを比較検討してから申し込みするのがおすすめです。

年会費・入会金無料のイオンカードセレクトの特徴は?

イオンカードセレクトの機能
  1. イオン銀行のキャッシュカード
  2. 電子マネーのWAON
  3. クレジットカード

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードと、電子マネーのWAONと、クレジットカードの3つの機能が1枚になったカードです。電子マネーが入っているため、お店によっては端末にかざすだけでお会計が済むようになります。

また、イオンカードセレクトでは、各種公共料金の支払いで毎月5WAONポイントが付与されたり、イオン銀行を給与振込口座に指定すると毎月10WAONポイントがもらえる特典などもあります。

年会費や入会金は無料で、ネットからのお申し込みであれば最短30分で審査が完了し、当日中にイオンマークのカードの加盟店でクレジット払いできる仮カードを受け取ることができます。

イオンカードセレクトを持っていると嬉しいメリットとは?

イオンカードセレクトには、例えば下記のようなメリットが挙げられます。

WAONのオートチャージが可能

まず、電子マネーWAONのオートチャージが可能です。このオートチャージにより、200円毎に1WAONポイントがもらえます。

また、電子マネーの決済時にも0.5%のポイントが得られますので、チャージして買い物をすれば、ポイントの二重取りができます。

電子マネーはコンビニ、ガソリンスタンド、ドラッグストア、ファーストフード、家電量販店など様々なお店で利用が可能ですので、イオン関連でないお店でも使える点はメリットです。

お客様感謝デーなどのイベントが多数

続いては、お客さま感謝デーなどのイベントに関するメリットです。

毎月20日・30日に、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗で、クレジットカードまたはWAONの利用で、お買い物代金が5%OFFとなります。

他にも、毎月10日にイオングループで買い物するとポイントが5倍になる「ありが10デー」や、毎月5日・15日・25日に電子マネーを利用すると、ポイントが2倍になる「お客さまわくわくデー」などのイベントが目白押しです。

映画に関するメリットもあり

他にも、イオンカードセレクトを保有しておけば、イオンシネマの映画鑑賞割引が受けられます。イオンカードセレクトを利用すると、300円の割引が受けられる仕組みです。

また、毎月20日・30日は、1100円で映画を鑑賞できます。そのため、イオンカードセレクトは、イオングループの店舗を使う人だけでなく、映画をよく鑑賞するという人にもおすすめです。

イオンカードセレクトのデメリットとは?

イオンカードセレクトは年会費も入会金も無料のため、デメリットというほどのデメリットは正直ありません。ですが、最大のデメリットを挙げるとすれば、還元率の低さと言えるでしょう。

イオンカードセレクトは基本の還元率が0.5%のため、ポイント還元率を気にされる方は、基本が1.2%の還元率を誇るリクルートカードなどを検討された方が良いでしょう。

また、イオンやマックスバリューをあまり使わない人にとっても、そこまでお得ではないかもしれません。

イオンよりも楽天関連のお店をよく利用される方や、すでに楽天銀行をお持ちの方などは、基本の還元率が1%の楽天カードをなどを検討された方が良いでしょう。

楽天カードであれば、楽天市場や楽天ブックスなどで使うとさらにお得になりますし、楽天Edyが使えることに加えて、幅広い楽天加盟店でお得にポイントを貯めることができます。

公式サイト(加盟店の詳細):https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/

イオンカードセレクトの発行(無料)がおすすめな方は?

以上を踏まえて、イオンカードセレクトがおすすめな方は、例えば下記のような方です。

イオンカードセレクトがおすすめな方の例
  1. イオンやマックスバリューなどの店舗をよく利用する人
  2. イオン銀行の口座開設を検討している人
  3. 電子マネーのWAONを使いたい人
  4. クレジットカード以外の機能も欲しい人

基本的にはイオン関連の店舗をよく利用する人がおすすめですし、イオンカードセレクトを持っておけば、イオン関連の施設を利用する際に色々とメリットが多いです。

また、キャッシュカードと電子マネーWAONが一枚になったクレジットカードを持ちたいと考えている人には、かなりおすすめなカードです。

その他デザイン面でも、イオンカードセレクトにはディズニーのデザインがありますので、ディズニーがデザインされたカードが欲しいという方にもおすすめです。

イオンカードセレクトの具体的な申し込み方法(無料)について

イオンカードセレクトの申し込みは書類の郵送が不要で、印鑑もいらずに簡単ですので、一緒にみていきましょう。

まずはこちらからイオンカードセレクトの公式サイトに移動します。そして、「今すぐお申し込み」というボタンを押します。

続いて、デザインをディズニーか通常かで選び、各種質問事項に答えます。

運転免許証をお手元に準備しておくと簡単

途中で運転免許証の番号を入れる箇所がありますので、お手元に運転免許証を用意しておくと便利です。

また、クレジットカードブランドをVISA、Master、JCBの3つの中から選びますが、JCBは海外で使える店舗が少ないため、海外旅行によく行く方はVISAかMasterがおすすめです。

そして進んでいくと、名前や住所など個人情報を入力する画面が現れますので、入力ミスがないように慎重に入力していきます。さらに、勤め先や学校、年収や借り入れなどの情報も入力します。

WAONのオートチャージ機能は「利用します」を選択

そして、途中でWAONのオートチャージについて「利用します」「利用しません」の選択があります。「利用します」を選択しておけば、お支払い後の残高が3,000未満になる時、イオン銀行の普通預金口座より自動でチャージしてくれるため、残高不足などに陥ることがなく便利です。

以上を入力し終えて送信ボタンを押せば、イオンカードセレクトの申し込みは完了します。

こうして審査に無事通過すれば、後日登録した住所にカードが届きます。

なお、インターネットからのお申し込みであれば、今なら期間限定でときめきポイントをもらえるためお得です。

資産運用を学ぶ方法