リクルートカードの評判は悪い?使えないって本当?

年会費無料でポイント還元率が最大5%のリクルートカードの口コミです。

今回はリクルートカードのポジティブな口コミとネガティブな口コミの両方を紹介して、メリット・デメリットを検討した上で、リクルートカードの利用がおすすめな人をご紹介します。

リクルートカードのポジティブな口コミや評判

まずはポジティブな口コミですが、以前は楽天カードを利用していたものの、今ではリクルートカードを利用しているとの声もありました。

一方で、残念ながら下記のようなネガティブな口コミもあるのは事実です。

リクルートカードのネガティブな口コミや評判

リクルートカードは還元率が1.2%で最大5%となっていますが、同じく年会費無料のクレジットカードであれば、エポスカードの方が良いとの声もあります。

エポスカードの場合はマルイでのショッピングで年4回優待があったり、マルコとマルオの7日間はエポスカードのご利用で10%OFFになったりします。

また、マルイのネット通販でも利用できますので、マルイに買い物に行かれる方やマルイを良く利用される方には、エポスカードの方が適しているとは言えそうです。

年会費無料リクルートカードの特徴やポイントの詳細

ここで改めてリクルートカードの特徴をまとめてみます。

リクルートカードの特徴
  • ブランド:VISA、JCB、MasterCard
  • 年会費:無料
  • ポイント還元率:1.2%
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険:年間200万円(海外・国内ともに)

リクルートカードは高い還元率が特徴ですが、リクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイントになります。

1ポイント=1円換算で、通販・ショッピングサイトの「ポンパレモール」や宿・ホテルの予約サイト「じゃらん」、ヘアサロン&ビューティサロン予約サイトの「Hot Pepper Beauty」、飲食情報サイト「ホットペッパー グルメ」等のサイトで利用が可能です。

ポイント詳細はこちら:http://recruit-card.jp/#pointArea

年会費無料リクルートカードのメリット・デメリット

以上を踏まえると、リクルートカードのメリットは下記が挙げられます。

リクルートカードのメリット
  • 年会費が永年無料
  • 還元率が高い
  • ブランドを選べる
  • 電子マネーチャージでもポイントが貯まる
  • Pontaポイントに等価交換が可能
  • リクルート系のサイトでポイント利用が可能
  • 旅行保険やショッピング保険が付帯

一方で、リクルートカードは年会費永年無料ですので、正直デメリットというほどのデメリットは特にありません。

ただし、リクルート系のサイトを普段利用することがない方や、リクルートポイントを貯めるメリットを感じられない方には、そこまで適してはいないかもしれません。

逆に言えば、すでにリクルートIDを持っている方や、ポンパレモールやじゃらん、Hot Pepper Beautyやホットペッパーグルメなどのサイトを利用される方には、適したカードと言えるでしょう。

年会費無料のリクルートカードの申し込み方法(無料)

以上になりますが、リクルートカードのお申し込み方法は、リクルートIDに登録していればとても簡単です。

まずはこちらからリクルートカードの公式サイトに移動し、「リクルートカード(JCB)のお申し込みはこちら」のボタンをクリックします。

そうするとリクルートIDを要求されますので、リクルートIDをお持ちの方は「リクルートID」と「パスワード」を入力します。

まだリクルートIDをお持ちでない方は、新規会員登録へ進み、必要情報を入力します。その後、カードブランを選択し、必要情報を入力すると、お申し込みが完了します。

リクルートカードは、今なら新規入会特典で最大6,000円分のポイントがプレゼントされます。

じゃらんやホットペッパーなど、リクルート関連のサービスを利用されている方などは、この機会にリクルートカードを利用されてみてはいかがでしょうか?

資産運用を学ぶ方法