松井証券でポイント投資できるMATSUI SECURITIES CARDとインヴァストカードを比較

松井証券が新しく発行し、ポイント投資が可能なMATSUI SECURITIES CARDの口コミです。

最近はポイント投資をできるサービスが増えており、大手のドコモや楽天証券などだけでなく、インヴァスト証券などでも同様のサービスを開始しています。

そこで今回はそれらのポイント投資と比較しつつ、MATSUI SECURITIES CARD(https://www.matsui.co.jp/event/point-card/)の口コミをご紹介します。

MATSUI SECURITIES CARDってどんな特徴のカード?

MATSUI SECURITIES CARDは、松井証券が発行する初年度年会費無料のクレジットカードです。2018年10月から発行され、松井証券のポイントで100円から投資できる点が大きな特徴です。

普段のショッピングでMATSUI SECURITIES CARDを使用することで、還元率1%で松井証券のポイントが貯まります。ポイントは景品などとの交換だけでなく、投資信託にも使うことができます。

買い物を楽しみながらポイントを貯めて、投資信託を手軽に始めることができ、相談サポートもあるため、初心者でも安心して投資信託などの運用ができます。

大手ネット証券の1社である松井証券が運営しているため信頼性も高く、まずは少額から投資や資産運用を始めたい方に適しているサービスです。

MATSUI SECURITIES CARDのメリットは豊富

MATSUI SECURITIES CARDのメリットには、下記が挙げられます。

ネットショッピングなら還元率が1.5%以上


通常の還元率は1%(税込100円ごとに松井証券のポイントが1ポイント)となっています。ですが、ネットショッピングのJACCSモールなら還元率が1.5%〜13%程度となっています。

JACSSモールではAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの人気ショップを利用することができますので、それらのサービスを普段利用している方にとっては、さらにポイントを貯めるチャンスと言えます。

元手資金0円でも投資を始めることができる

そして、ここで貯まったポイントを投資信託に使うことができます。

元手資金0円で始めることができるため、「投資に興味はあるけども元手になる資金がなくて難しい」と思っていた人でも、簡単に始めることができます。日常のお買い物をしながら、いつのまにか投資のためのポイントが貯まっているという点が大きなメリットです。

100円から気軽に投資信託を始められるため、いままでは面倒や難しいと思っていた投資信託を、気軽にスタートできると言えるでしょう。また、貯まったポイントは、積立設定にしておくだけで、毎月自動的に投資信託の積立にまわしてくれます。

そのため、いつのまにやら有効期限が切れてポイントを無駄にするといった心配がありません。

ポイントの投資先を選択することができる

ポイントの投資先

貯まったポイントの投資先は、3つの選択肢から選ぶことができます。

日本の成長企業に投資をする独立系投資信託で、4年連続R&Iファンド大賞を受賞している「ひふみ投信」に投資をすることもできます。なお、選んだ投資先は後から変更することも可能です。

年会費は初年度無料(年に1回の利用で翌年も無料)

年会費は初年度は無料です。さらにその後は、前年度に1回使うだけで、翌年度以降の年会費(1,250円)が無料になります。

日常的に使っていれば、実質の年会費は無料となりますので、普段のショッピングの支払いにMATSUI SECURITIES CARDを使えば、コスト面を気にする事無く投資を始められます。

MATSUI SECURITIES CARDのデメリットにも注意

一方で、MATSUI SECURITIES CARDのデメリットもあります。

松井証券に口座が必要

MATSUI SECURITIES CARDを作ることができるのは、松井証券に口座を持っている人限定です。そのため、まずは松井証券に口座を開設(無料)することが必要になります。

1回も使用しない場合は年会費1,250円

初年度は年会費が無料ですが、次年度以降も無料にするには、最低1回はショッピングで使用することが必要です。もしクレジットカードとしての利用が全くない場合は、1,250円の年会費がかかるので、注意が必要です。

ポイントの付与日から2年で失効

また、松井証券のポイントは、原則としてポイントの付与日から2年で失効してしまいます。自動積立設定をしておけばポイントは失効しないので、設定を忘れないようにしておきましょう。

海外旅行傷害保険はなし

カードに不随する保険については、国内旅行傷害保険とカード盗難保険がついています。ただし、海外旅行傷害保険はついていません。

そのため海外旅行保険付きでポイント投資に取り組みたい方は、年会費が永年無料の楽天カードを利用された方が良いでしょう。

以上のような細かいデメリットはありますが、MATSUI SECURITIES CARDを上手に使えば、これまでは難しく感じていた投資信託を、気軽に始めることができます。

MATSUI SECURITIES CARDとインヴァストカードの違いは?

MATSUI SECURITIES CARDと似た仕組みのカードには、インヴァストカードがあります。

ただし、インヴァスト証券が提供するインヴァストカードでは、貯めたポイントは自動でインヴァスト証券の資産運用サービスに入金されるようになっています。

MATSUI SECURITIES CARDは投資信託以外にもポイントの活用が可能

MATSUI SECURITIES CARDの場合は、インヴァストカードとは異なり、貯めたポイントを投資信託以外にも活用できるようになっています。

カタログに掲載されているさまざまな景品やAmazonギフトカードなど、欲しい商品と交換できるようになっています。使える幅が広いので、投資信託以外にも使いたいという方に便利です。

ただし、松井証券のポイントは付与日から2年で失効してしまいますので、ポイントの有効期限には注意が必要です。

MATSUI SECURITIES CARDはモバイル決済サービスにも対応

また、MATSUI SECURITIES CARDならApple Pay、Google Payといったモバイル決済サービスに対応しています。

国際ブランドの違い

他にも、国際ブランドがインヴァストカードではVISAとなっていますが、MATSUI SECURITIES CARDはMasterCardとなっています。

基本的に国際ブランドはJCBやAmerican Expressなどでなければ、世界中のあらゆる地域で利用できますが、MasterCardに拘りたいかtは、インヴァストカードの方が良いでしょう。

どちらのカードも仕組みはよく似ていますが、MATSUI SECURITIES CARDの方が、正直使い道は広くなっていると言えるでしょう。

MATSUI SECURITIES CARDの保有がおすすめな人は?

MATSUI SECURITIES CARDは、例えばいままで投資信託に興味はあったものの、しり込みしていた人などにおすすめのクレジットカードです。

投資信託を始めようとすると、ある程度の資金や知識が必要だと思っていて、ハードルが高いと感じていた人もいらっしゃたかもしれません。

ですが、MATSUI SECURITIES CARDなら、普段のショッピングでクレジットカードとして使うだけで、投資信託のためのポイントがどんどん貯まっていきます。投資先も厳選されており、サポートも充実しているため、初めて投資信託を行う人にとって、とてもハードルが低くなっています。

また、ポイントは投資信託だけでなく、通常の商品やAmazonギフト券など、使いやすいアイテムにも交換できます。ショッピングで1回でも利用すれば年会費は無料になるため、投資信託に興味があって、メリットの豊富なカードが欲しい人に適しています。

MATSUI SECURITIES CARDは簡単3STEPで申し込みが完了

MATSUI SECURITIES CARDの申し込み方法はとても簡単です。

まずは松井証券に個人口座を開設することが必要ですが、オンラインで入力するだけで口座開設は簡単に完了します。

1. 松井証券に口座を開設(無料)

手元にマイナンバーカードと、運転免許証などの本人確認書類を用意し、各種必要事項に入力を完了させると、約4日でIDやパスワードが記載された書類が郵送されてきます。

本人限定郵便となっていますので、自宅での受け取りが、不在郵便が入っていたら郵便局で受け取り手続きを行いましょう。

2. 会員画面からMATSUI SECURITIES CARDのお申し込み

その後、IDとPWで松井証券の会員画面にログインします。そして画面上でMATSUI SECURITIES CARDを申し込めば、お申し込みが完了です。

3. MATSUI SECURITIES CARDが手元に届く

無事審査に通過すれば、約1~3週間程度でクレジットカードが手元に届きます。ショッピングで使うことでポイントを貯めることができ、好きな商品に交換できたり投資信託に使うことができます。

MATSUI SECURITIES CARDは、簡単な手続きですぐにクレジットカードとして使えて、これまでハードルの高かった投資信託を気軽に始めることができます。将来の資産形成を考えている人などは、まずはMATSUI SECURITIES CARDから始めてみてはいかがでしょうか。

資産運用を学ぶ方法