SBIネオモバイル証券の運用実績を公開!Tポイント投資の始め方や機能を解説

SBIネオモバイル証券では貯まったTポイントを使って投資ができるため、早速筆者も口座を開設して、株式投資を始めてみました。

筆者の場合は食べログなどでお店を予約することで貯まったTポイントを使って、マザーズ上場企業に投資を行いましたので、その際の運用実績を公開します。

SBIネオモバイル証券に口座開設してTポイント投資の準備

Tポイント投資を行うためには、まずはSBIネオモバイル証券に口座開設を行います。まずはこちらからSBIネオモバイル証券の公式サイトに移動します。

各種利用規約に同意し、メールアドレスを登録します。その後、マイナンバーカードや運転免許証等の本人確認書類の画像が必要になりますので、そちらを準備します。

そうして基本情報を入力していき、本人確認書類の画像を提出します。

本人確認書類の画像のアップロード

こうして本人確認書類の提出が完了すると、後日自宅に取引パスワードが記載されたハガキ届きます。

ハガキを受け取ったら再度マイページにログイン

ユーザーネームとログインパスワードを入力してログインします。ログインすると、本人確認書類アップロード後の「郵送書類のお受け取り」にもチェックがつきます。

その後に、クレジットカード情報を入力します。

ハガキに記載の取引パスワードを入力

その際には各種同意を行なった上で、受け取ったハガキに記載の取引パスワードを入力します。

こうして無事クレジットカード情報を登録すると、登録処理が完了します。

最初の設定までには数日程度はかかりますので、Tポイントを有効活用したい方などは、キャンペーン期間中などに早めに登録しておくのが良いでしょう。

Tポイントを使ってSBIネオモバイル証券で株を購入

こうして口座開設が完了し、今回筆者がTポイントを使って購入した銘柄は、株式会社メタップスという会社です。

株式会社メタップスは、アプリの収益化支援やネット決済代行が軸で、仮想通貨・ブロックチェーン関連に注力している会社です。

株の注文受付が完了すると、原則翌営業日の後場での取引となります。注文一覧(当日)の画面で発注のキャンセルも可能です。

発注した翌日には保有資産合計に評価損益が表示

株を購入して株価が変動すると、評価損益が表示されます。筆者の場合は翌日はこのような状態になっており、評価損益は-57となっていました。

3株購入してもTポイントが増えたこともあって余ってましたので、さらに追加で株を購入しておきました。

Tポイントが付与されたのでさらに追加で株式を購入

Tポイント投資の場合は、通常の株式投資とは異なりS株取引という種類になり、成行注文となります。1株など小さな単位で購入することができる代わりに、金額を指定して注文を行う指値注文などはできません。

株価が上昇すると保有資産合計の評価損益がプラスに

その後、株価が上昇すると評価損益はプラスとなります。

筆者としてはもう少し値上がりしてから決済しようと考えていますので、こちらは当面このままにしておこうかなと思います。ちなみに1週間経過した時点では、最終的に+48円となりました。

購入後1週間が経過したものの評価損益はプラスで推移中

もともとただでもらったようなTポイントですので、仮になくなってしまっても気にならないという点が、Tポイント投資のミソかと思います。

逆に、運よく株価が上昇して2倍や3倍になったらありがたいですし、初心者にとってもポイント投資は始めやすい資産運用の一つでしょう。

みんながポイントで買った銘柄もわかるなど機能が豊富

また、SBIネオモバイル証券では、みんながTポイントで買った銘柄や、みんなが見ている銘柄、みんなが持っている銘柄などを確認することができます。

ここはあくまで参考程度にすべきで真似して買うことはおすすめしませんが、なかなか面白い機能かとは思います。

優待のカテゴリ

また、欲しい優待のカテゴリを確認することもできます。

優待目当てで株式投資をすることはそこまで筆者としては推奨できませんが、長期的に保有する銘柄であれば検討する余地はあるでしょう。

また、優待カテゴリの横には、優待カレンダーがあります。

優待カレンダー

こちらでは例えば7月の優待などを確認することができます。

この中から気になる優待がある株を選ぶのも楽しいかもしれません。

きになる銘柄をお気に入りに登録することが可能

SBIネオモバイル証券にログインすると、人気の銘柄や500円から購入できる銘柄の一覧がずらっと並んでいます。

もちろんこの中から投資先を選んでも良いのですが、個人的なおすすめとしてはきになる銘柄は、まずは「お気に入り」登録しておくことです。

右上の「ハートマーク」がお気に入りボタンになっており、例えばきになる銘柄があれば、検索してハートマークを押しておきます。

そうすると右上のハートボタンからお気に入り一覧が確認できますので、株価が下がったチャンスの時などに、すぐに購入ができたりします。お気に入りは簡単に追加や削除ができますので、その時々の市況に応じて柔軟に変更することができます。

筆者の場合はUUUMという「YouTuberの制作マネジメントやサポート事業、動画配信・ゲーム配信や広告事業」を行なっている会社をお気に入り登録しておきました。

UUUMに関してはこれまでにも日経平均よりもはるかに高いパフォーマンスを上げており、動画領域やSNS領域に事業を展開しており、今後も伸び代がある会社だと考えています。

ただし、直近は株価が高騰しすぎているため、チャンスがあれば購入したい銘柄のため、今回はお気に入り銘柄に登録しています。