UNICORN(ユニコーン)の評判は?5万円からの株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングといえば、2018年まではファンディーノ(FUNDINNO)の一強だったと言って良いでしょう。

筆者も株式投資型クラウドファンディングのユーザー数や案件数No.1のサービスである、ファンディーノ(FUNDINNO)には以前より登録しており、実際に案件に投資をしています。

そんな中、2019年に新しく「Unicorn(ユニコーン)」が誕生しました。そこで今回はそんなUnicornの口コミやメリット、デメリットなどについてご紹介します。

Unicorn(ユニコーン)に無料登録ができる人とは?

まず、株式投資型クラウドファンディングのUnicorn(ユニコーン)は、FUNDINNO(ファンディーノ)と同じように登録できる人の基準があります。

具体的にはユニコーンは以下のような方が利用できるサービスです。

ユニコーンに登録ができる人
  1. 反社会的勢力でないこと
  2. 取引時の年齢が20歳以上75歳未満であること
  3. 保有する金融資産が200万円以上であること
  4. リスク性の金融商品に対して1年以上の投資経験があること
  5. 日本国内に居住していること

上記の基準に満たない人は、ユニコーンを利用することができません。ファンディーノの場合は金融資産300万円以上ですので、若干ユニコーンの方が敷居が低いです。

ただし、それでも利用ができない場合は、未上場企業への投資方法は株式投資型クラウドファンディングだけでなくIPO投資も可能ですので、そちらを検討された方が良いでしょう。

IPO投資の場合は、証券会社に口座を開設しさえすれば誰でも参加できます。また、IPO前に投資する形となりますので、確実にIPOによって株式を売却できる状態になります。

もちろん全てのIPOが儲かるわけではありませんが、IPO投資であれば、株式投資型クラウドファンディングとは異なり、確実に利益確定させる機会を手に入れられることは確かでしょう。

ただし、株式投資型クラウドファンディングのように、アーリーステージで投資ができるわけではないため、そこまでハイリターンにならない場合が多いでしょう。

未上場株への投資方法やIPO投資の詳細はこちら

株式投資型クラウドファンディングUnicorn(ユニコーン)の特徴

投資銀行や証券会社の出身者が経営するユニコーンには、以下のような特徴があります。

1社5万円から投資可能

Unicornでは、1社5万円から50万円まで株数単位で投資ができます。

なお、株式投資型クラウドファンディングは1社50万円までが投資上限となっていますが、今後法律が改正される可能性はあるでしょう。

最低1年に1回は株主優待がある

また、最低1年に1回は、株式投資型クラウドファンディングのUnicornを通じて株式を購入した株主は、株主優待を得ることができます。

株主優待の内容は当然会社によって異なりますが、資金調達の募集の段階で、予定している優待の内容を開示してくれます。

最低3ヶ月に1回は事業報告がある

さらに、投資後に音沙汰がないといったことはなく、最低3ヶ月に1回は会社からの事業報告があります。そのため、投資して株主になれば、定期的に会社の進捗を把握することができます。

また、株式会社ユニコーン側でも、ベンチャー企業に対して継続的に経営をサポートしてくれます。そのため、通常のベンチャー企業よりも、成功確率が上がっているとは言えるでしょう。

Unicornの運営会社や経営陣の信頼性を確認

法人名 株式会社ユニコーン
設立 2015年12月28日
住所 〒107-0051 東京都港区元赤坂1丁目7番18号 KIZUNA EAST
資本金 8,900万円(資本準備金含む)
免許 第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第3110号
加入協会 日本証券業協会
代表取締役 安田次郎
取締役 家本省次郎
新庄靖生
石川喜久
佐伯正親
小泉義正
事業内容 株式投資型クラウドファンディング
クラウドファンディングサポート
アウトソーシングサービス
セミナーの企画・運営
公式HP https://unicorn-cf.com/

株式会社ユニコーンは、株式投資型クラウドファンディング事業を行なっているため、当然「第一種少額電子募集取扱業者」の免許登録を済ませています。

「関東財務局長(金商)第3110号」との記載がありますので、特段怪しい会社ではないことがわかります。また、代表取締役の安田氏の経歴は以下の通り、まさに金融エリートと言えるでしょう。

国際証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)にて、本邦企業の資本政策・資金調達やIR戦略の立案/執行に従事。その後、クレディ・スイス、リーマン・ブラザーズの株式資本市場部にて、国内外における株式及び株式関連の資金調達(含むIPO)において数多くの主幹事案件を執行。野村證券移籍後は、第三者割当型の資金調達案件や事業会社が保有する株式の売却や自社株買いについて、デリバティブを活用したスキームなどのソリューション提供業務に従事。

出典:https://unicorn-cf.com/

他の経営陣にもさまざまなビジネスのバックグランドを集めており、株式会社ユニコーン自体の今後にも期待できるように見受けられます。

Unicorn(ユニコーン)を利用するメリットとデメリット

ユニコーンに限らず、株式投資型クラウドファンディングにはメリットとデメリットがあります。

ユニコーンのメリット
  • ベンチャー企業を応援できる
  • 投資に成功すればハイリターンを得られる
  • 株主優待を受けられる
ユニコーンのデメリット
  • 投資に失敗する可能性がある
  • すぐには株式を売却できない

以上のようなメリットとデメリットは踏まえた上で、ユニコーンに口座開設されるのが良いでしょう。

Unicorn(ユニコーン)の無料会員登録から口座開設までの流れ

ユニコーンの無料会員登録から口座開設までの流れは非常に簡単です。まずはこちらのユニコーンの公式サイトに移動し、無料会員登録のページに進みます。

その後、取引約款や利用規約などの書面の確認と同意を行い、個人情報を入力していきます。途中で本人確認書類の画像の提出が必要になりますので、下記の書類を準備しておきましょう。

有効な本人確認書類(1点で本人確認書類として利用できるもの)

本人確認書類の例
  • 運転免許証(表面および裏面)
  • パスポート(日本政府発行で、有効期間中のもの。お名前・生年月日が記載されたページと、住所(日本語表記)が記載された最終ページが必要です)
  • 写真付き住民基本台帳カード(表面および裏面)
  • 在留カード(表面および裏面)
  • 特別永住者証明書(表面および裏面)

有効な本人確認書類(2点を合わせることで本人確認書類として利用できるもの)

本人確認書類の例
  • 住民票の写し(発行日より3カ月以内のもの)
  • 各種健康保険証(現住所が裏面に記載されている場合には、裏面のコピーも必要です。)
  • 印鑑登録証明書(発行日より3カ月以内のもの)

そうして本人確認書類の画像を提出し、本人確認の審査が完了すると、後日ログイン情報が自宅に簡易書留で届きます。

そちらを受け取ると本人確認が完了し、ユニコーンの利用ができるようになります。なお、Unicornに会員登録をすると、様々なイベントやセミナーに参加することも可能です。

イベントやセミナーにおいては、資産運用、起業、ビジネス活用、会社との交流会、著名人の講演会等幅広いテーマを取り上げる予定とのことです。

ベンチャー企業への投資や、そのようなイベントやセミナーに関心のある方は、まずはUnicornに無料登録されてみてはいかがでしょうか。