3000万円のポートフォリオは?資産運用におすすめ投資商品を紹介

貯金3000万円の資産運用はどのようにポートフォリオを構成すれば良いのでしょうか?

今回は3000万円の資産運用のポートフォリオ事例と、ポートフォリオに加えるとおすすめの投資商品を数種類ほどお伝えします。

3000万円の資産運用でおすすめのポートフォリオ

そもそも3,000万円を10年後に倍の6,000万円にしたいのか、少しでも増えていれば良いのかによっても資産運用の方法は全然異なります。

今回は3,000万円をまるまる投資できて、例えば10年後に4,000万円ぐらいにはしたいという前提で考えてみます。その場合、毎年3.3%程度のリターンがあり、そのリターンを再投資することで達成することができます。

筆者の場合でしたら、3000万円の8割程度は、インデックス投資に振り向けます。まずは守りの資産運用を固めることで、精神的に安定するからです。また、仮に8割の2,400万円を年利3.3%で運用できた場合、10年後は3,200万円程度にはなりますので、当初よりは増える形となります。

手数料の安い投資信託を使ってインデックス投資

具体的には手数料が安いeMAXIS Slimシリーズの投資信託をネット証券で購入しつつ、ひふみ投信かひふみワールドに積立投資します。

インデックス投資の候補
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • ひふみ投信
  • ひふみワールド

この辺の投資商品への投資が優れているのは、利益が出た後の税金が申告分離課税で一律20.315%で済む点です。投資商品の中には、給与所得と合算されて税金がかかる場合があります。

所得税は給与所得が高いほど税率が高くなる

課税所得 税率(%) 控除額(円)
195万円以下 5
195万円超~330万円以下 10 97,500円
330万円超~695万円以下 20 427,500円
695万円超~900万円以下 23 636,000円
900万円超~1,800万円以下 33 1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下 40 2,796,000円
4,000万円超 45 4,796,000円

所得税は上記のように給与所得が高いほど税率も高くなります。

例えば、給与所得が695万円以上の場合、申告分離課税が適応されない投資商品で得られた利益には23%もの税金がかかります。そのため、自分の給与所得に応じて投資先は検討する必要があるのです。

こうして税金的にも優遇されている投資商品でインデックス投資をした後に、残りの600万円ほどは攻めの投資に使います。

初心者におすすめの資産運用はクラウドファンディング

投資に時間をかけたくない初心者や、ほったらかしの資産運用が良い方には、債券などよりも高い利回りのクラウドファンディングに投資を行うのがおすすめです。

筆者は今でしたら予定運用利回りが1.5%〜6%程度を狙える、貸付ファンド投資の『ファンズ(funds)』に積極的に投資をします。何故ならば、ファンズ(funds)は主に上場企業への貸付をメインとした投資商品だからです。

fundsの仕組み

ファンズの仕組みとしては、投資家である私たちはファンド組成企業に投資をします。その後、そのファンド組成企業がノンバンクなどの上場企業の借り手に投資をします。

こうして上場企業に貸し出したお金が無人返済されると、私たち投資家に分配される仕組みです。他の貸付型クラウドファンディングでは、未上場企業への貸付が一般的です。

そのためそれらのクラウドファンディングよりも、ファンズ(funds)ははるかにリスクが抑えられているとも考えられます。また、ファンズの場合は口座開設や口座維持手数料などもかかりません。

今のところ投資できる案件も限られているため、特に自分で案件を選ぶ必要もないので、利息でコツコツと長期的な資産形成をしていきたい方には特におすすめです。

投資の勉強をする気があるなら個別の株式投資もおすすめ

続いて、投資の勉強をする気があり、残りの600万円程度は攻めの投資を行うのであれば、個別の株式投資もおすすめではあります。

2019年からは、Tポイントから1株単位(数百円程度)で投資ができる『SBIネオモバイル証券』が誕生しました。SBIネオモバイル証券であれば、国内株式約定代金合計額50万円までは月額220円で取引し放題です。

通常のネット証券よりもさらに取引手数料が安くなっていますので、筆者も口座開設をして早速余ったTポイントを使って利用しています。実際のところSBIネオモバイル証券は利用しているだけで毎月200pt分のTポイントをもらえますので、実質毎月20円で利用することができます。

筆者は余ったTポイントを使って、東証マザーズ上場企業のメタップスという会社に長期投資をしています。当面放置の予定で、さらにTポイントが貯まったら追加で積立投資をしていくことも考えています。

例えば様々な日本株に少額から分散投資をしたい方や、株式投資をするならまずは少額から始めたい方、Tポイントを使って株式投資をしたい方にはオススメのサービスです。

3000万円での不動産投資はおすすめできない

不動産投資クラウドファンディング

ちなみに3000万円もあるとなると、不動産投資などを考える方もいらっしゃるでしょう。

例えば、3000万円全てを不動産投資に使うとすると、東京都内のマンションの一室を、区分所有という形で、キャッシュで一括で購入できたりします。

もちろん東京都内であっても、立地などの様々な要素によって物件価格や利回りは変動しますが、だいたい良くても毎月の利回りは8万円前後でしょう。現在の資産が金融資産に偏っている場合、ポートフォリオに実物資産の不動産を組み入れるのはバランスとしては良いかもしれません。

しかしながら、もし不動産投資をするのならば、当然物件が高くなってしまっている時ではなく、安い時の方が良いとは言えるでしょう。そのため、もし不動産投資をするのであれば、上述した不動産特化型のクラウドファンディングがおすすめです。

セールスマンではなく実際の投資家の意見を参考にすべき

実際、不動産投資の営業マンの口八丁にのせられて、ついつい大金を投資してしまう人もいます。

キャッシュで買うからという理由で、きちんとした出口戦略がないまま購入してしまうと、最終的に物件を売却する際に中々売れず、損をしてしまう事もあります。

ここで大事なポイントは、不動産の営業マンは、不動産のセールスのプロなのであって、自身が不動産投資のプロな訳ではない点です。

これは、証券会社の営業マンが、株や投資信託のセールスのプロなのであって、自身が株や投資信託の運用のプロではないのと同じです。

そのため、もし3000万円で不動産投資を検討されているのであれば、まずは実際の不動産投資家と出会えるセミナーなどに参加された方が良いでしょう。

いつ投資を始めても関係ない運用をするのがおすすめ

2017年というのは、日本の株式市場も好調で、仮想通貨市場も30倍近くに成長し、言ってしまえばとりあえず何かしらを買って放置していれば儲かる市場でした。

しかしながら、2018年に入ってリスクマネーが仮想通貨市場からも抜け、株式市場も今後の相場が読みにくい状況となっています。こんな時におすすめなのは、いつ投資を始めても、あまり関係のない金融商品に投資をすることです。

ソーシャルレンディングであれば開始時期は関係ない

そこでおすすめできるのはソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディングは、お金を借りたい人とお金を貸したい人のマッチングサービスです。そのため、投資家である私たちにとっては、貸したお金が返ってくるかが重要です。

ソーシャルレンディングはこのような仕組みとなっていますので、現在の世界経済情勢や株式市場の動向を気にする必要があまりなく、いつ投資を始めても良いのです。

また、ソーシャルレンディング業者が、お金を貸す企業をきちんと審査してくれますので、明らかに返済能力が低い企業に貸し出しされることはほぼないでしょう。

上場企業が運営する不動産特化型ソーシャルレンディングも誕生

最近では、不動産投資会社に、不動産担保を取得した上でお金を貸し付ける、不動産特化型ソーシャルレンディングのOwnersBookも誕生しています。

OwnersBookは、上場企業のロードスターキャピタル株式会社が運営しています。主に不動産投資会社に不動産担保を取得した上で資金を貸し付け、無事返済されれば私たち投資家の利益になります。

OwnersBookの良い点は、上場企業が運営している信頼性がある点と、万が一資金が返済されなくても、最悪取得した不動産担保を売却することである程度の損失が補填できる点です。

OwnersBookのような仕組みであれば、万一お金が返ってこなかった場合でも、不動産担保を売却すればある程度のリスクをコントロールすることができるとは言えるでしょう。

新興国向けの社会貢献投資には年利10%の案件もあり

また、ソーシャルレンディングの中でも、伊藤忠商事が出資するクラウドクレジットであれば、ペルーなどの新興国向け投資案件が多くなっています。

筆者もクラウドクレジットは長年利用していますが、新興国向け投資のためリスクも高くなるものの、今の所貸し倒れはありません。また、利回りが10%を超える案件も多く存在します。

そのため、まだソーシャルレンディングを資産運用に加えていない方などは、株や投資信託などとは異なる投資対象として、運用のポートフォリオに追加してみるのも一手かと思われます。

特にクラウドクレジットであれば海外新興国向けの投資になりますので、ポートフォリオが日本株や日本円に偏ってしまっている方にはおすすめです。

ベンチャー企業・未上場企業への社会貢献型投資も一手

続いて、いつ投資を初めても関係ない投資に何があるかというと、未上場企業への投資です。

未上場企業は株式市場に上場していない訳ですから、株式市場の動向を気にする必要がありません。基本的に投資で利益が出るタイミングは、投資先企業がIPOするか、M&Aされた時です。

ですので、大切なのは、その企業が今後上場しそうかどうか?、成功しそうかどうか?などです。

それでは実際にどうやって未上場企業へ投資をするかというと、現在では株式投資型クラウドファンディングの『ファンディーノ』を利用して可能です。

株式投資型クラウドファンディングは、ベンチャー企業が非上場株式を発行し、インターネットで多くの個人投資家から、少額づつ資金を集める仕組みです。

規制の関係上、企業側の年間募集金額の上限は1億円未満、投資家側の1社に対する年間投資金額の上限は50万円となっています。欧米ではすでに普及しているサービスです。

ファンディーノも2019年までに60件以上の案件を成約させています。ただし、ファンディーノは金融資産300万円以上、投資経験1年以上の方のみが使えるサービスです。

エメラダ・エクイティはプロ投資家への相乗り投資が可能

一方、エメラダ・エクイティは2017年に始まった新しいサービスのため、まだ実績は数件ほどしかありません。

しかしながら、エメラダ・エクイティ場合は、すでにベンチャーキャピタルなどのプロ投資家に投資ができるため、ある程度信頼性が担保されている企業に投資をすることが可能です。

また、エメラダ・エクイティの場合は、実際に未上場企業の株を保有するのではなく、エメラダ型新株予約権を保有し、主にIPOやM&Aが実現した場合に、株式または金銭を受け取れます。

エメラダ・エクイティもファンディーノと同じく、案件の募集が始まるとあっという間に埋まってしまうほど、人気のサービスとなっています。

(追記)2019年にAngel Bankに事業譲渡されましたので、現在はファンディーノを利用されるのがおすすめです。

社会貢献型投資は投資側も諦めがつきやすい

資産運用

最後に、ソーシャルレンディングはミドルリスク・ミドルリターンの金融商品ですが、未上場企業への投資は、ハイリスク・ハイリターンです。投資先の企業が事業に失敗してしまったら、当然私たち投資家が投資したお金も失われます。

しかしながら、ただのお金儲けを目的とした投資よりも、自分が興味のある企業を応援する方が、失敗したとしても、諦めもつきやすいです。ですので、基本的に未上場企業への投資は数百万円程度に抑えた方が良いでしょう。

株式投資型クラウドファンディングを通じた未上場企業への投資は、一社50万円までとなっていますので、そもそも大きく投資はできませんが、大事なのはリスクとリターンのバランスです。

資産運用における社会貢献型投資に興味が芽生えた方は、まずはそれぞれ無料の口座開設をされてみてはいかがでしょうか。