【1000万円の資産運用におすすめな方法4つ】方法別10年間シュミレーション付き

プロ

1000万円を資産運用するとなると、誰しもが悩みます。

ですが、悩んだ末に銀行や証券会社に相談しに行ってしまっては、良くわからない「投資信託」や「保険」などを勧められてしまうのがオチです。

1000万円の資産運用をする際に、まず検討すべきこと2つ

現代ではテクノロジーの発達によって、資産運用の選択肢もだいぶ増えました。1000万円もあるのですから、その運用先については投資信託に限らず、しっかりと検討すべきです。

また、今手元にある1000万円を全額資産運用に回せるのか?、それとも500万円だけを投資に回せるのか?によっても、資産運用のスタイルは異なります。

投資を始める前に、目標金額と運用期間を決める

いずれにせよ、1000万円の資産運用で一番最初に決めるべきなのは、目標金額運用期間です。

例えば、仮に今あなたが35歳だとします。10年後の45歳までに、1000万円を1100万円にしたいのでしょうか? それとも、45歳までには倍の2000万円にはしたいのでしょうか?

このように、目標金額と運用期間によって、資産運用の戦略は大きく変わってきます。

1000万円の資産運用の方法別シュミレーション(10年間)

資産運用の選択肢

そこで、まずはざっくりとした、10年間の資産運用の手段別シュミレーションを考えてみます。

1000万円の資産運用で自分の目標金額と運用期間を決めたら、次にどのような方法でそれを実現するか?という「資産運用の手段」を検討する必要があるからです。

上記の表を簡単に要約しますと、下記のようなシュミレーションとなります。

10年後のシュミレーション
  1. 定期預金で運用した場合:10,201,810円
  2. ソーシャルレンディングで運用した場合:19,671,514円
  3. プロに任せて運用して上手くいった場合:40,455,577円
  4. 自分で運用して勝ち続けた場合:137,858,492円

もちろん最終的な金額は前後するでしょうし、必ずこのような結果になるという訳ではありません。

また、大きくリスクを取った場合は資産運用に失敗してしまう可能性もありますので、一旦参考程度に留めておいてください。それでは、それぞれの詳細を確認します。

① 10年後に20万円増えていれば良い方(年利0.02%)

銀行

まず、本当に10年後に少しでもお金が増えていれば良いという方は、銀行の定期預金などを利用するのが良いでしょう。

ただし、現代はメガバンクの定期預金に預けておいても、年利0.02%程度しかつかない時代です。今後この定期預金の金利が上がることも、考え辛い状況です。

また、非常にローリスクな資産運用という観点で言えば、定期預金の他にも債券(国債・社債など)、若い方であれば貯蓄型生命保険などの利用も考えられます。

ただし、これらは全く大きなリターンを見込める方法ではありませんので、これでは資産運用のことを考えるよりも、恐らく現在の仕事を頑張って給料を上げた方がお金は稼げるでしょう。

② 10年後に2倍の2000万円を目指したい方(年利7%)

続いて、10年後に2倍ぐらいには増やしていたいという方は、それなりに高い利回りの金融商品にお金を投資しない限りは、実現は不可能です。

ですが、近年はパフォーマンスの良くない投資信託に代わって、年間10%程度の利回りがあるソーシャルレンディングという新しい金融商品が、徐々に日本でも普及してきています。

投資信託よりも高利回りのソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、お金を貸したい人・企業と、お金を借りたい人・企業をインターネットで結びつける仲介サービスのことです。

つまり、企業への貸し出しに伴う金利収入が、投資家に対する主なリターンとなります。

欧米では既に人気の金融商品なのがソーシャルレンディング

もともとソーシャルレンディングは、2005年にイギリスのZopaという会社が始めたサービスです。

米国ではLending Clubという会社が2015年にNY証券取引所に上場し、時価総額1兆円をつけるなど、以前より欧米では人気の金融商品となっていました。

日本でも上場するソーシャルレンディング業者が出現

そんなソーシャルレンディングですが、2016年ごろから日本でも知名度は高くなってきています。

実際に2017年には、OwnersBookという不動産特化型ソーシャルレンディングを提供する、ロードスターキャピタル株式会社が、東証マザーズ市場に上場するまでに至りました。

不動産担保付きの案件であれば、リスクが抑えられる

ソーシャルレンディングには、当然お金を貸し出した先である企業の倒産リスクがあります。ですので、元本保証の金融商品ではありません。

ただし、不動産特化型ソーシャルレンディング(OwnersBook)の場合は、そもそも貸し出しが不動産投資会社に特化しているため、貸し出しの際に不動産担保を取得しています。

そのため、不動産担保付きの貸出案件であれば、貸出先が返済不可能な事態に陥るなどの最悪のケースになった場合でも、その不動産担保を売却すれば良いので、リスクを抑えることができているのです。

OwnersBookの過去3年間の貸し倒れ実績は0

OwnersBookの実績

それもあってか、実際にOwnersBookの過去の3年間の貸し倒れ実績は0となっています(*上記の表はOwnersBookにおける過去3年間の案件の利回りや、返済実績をまとめた表です)。

このような貸し倒れリスクなどを理解した上で、ある程度高いリターンを得たい方は、上場企業が運営するOwnersBookなどのソーシャルレンディングを検討してみるのも一手です。

なお、OwnersBookは口座開設手数料や口座維持手数料、案件への投資手数料なども全て無料ですので、JREIT(不動産投資信託)よりも更にコストが抑えられています。

【口コミ】オーナーズブックの実績は怪しい?3年目の利用者がメリットとデメリットを解説

2017.10.10

③ 10年後に4000万円以上を目指したい方(年利15%)

続いて、ソーシャルレンディング以上の利回り、例えば年利15%以上を求める方は、信頼できる資産運用のプロにお任せしてしまう方法がおすすめです。

具体的には、いくつかの簡単な質問に答えるだけで、コンピューター(AI)が自分にとって最適な資産運用を提案してくれる、ロボアドバイザーがあります。

こちらの完全お任せの資産運用であるロボアドバイザーのNo.1サービスには、ウェルスナビ(WealthNavi)があります。

(2018年更新)ロボアドバイザーのウェルスナビに資産運用をお任せする

ウェルスナビでは、2016年1月のサービス開始から2017年12月までに渡る運用によって、大きなリスクを許容しない資産運用の場合であっても、ドル建てで15%以上のリターンを実現しています。

リスクを一番許容した場合の運用であれば58%ものリターンを出していますので、当初から運用を開始している人の場合、大きなリターンを得られていることでしょう。

もちろん、このようなウェルスナビの高い利回りが、未来永劫続くかどうかは分かりません。

ただし、自分で株式投資などに取り組むよりも、運用のプロに任せた方がリターンが良さそうと考える方にとっては、ウェルスナビは適しています。

ウェルスナビの場合はお金を預けるだけで国際分散投資をしてくれて、自動的に資産のリバランスや税金の計算までしてくれますので、自分で資産運用を学ぶ時間がない方にもおすすめです。

【口コミ】ウェルスナビのリターンは高い?株価や上場予定・関連銘柄は?

2017.07.20

独立系の資産運用会社に資産運用をお任せする

他の方法としては、独立系の資産運用会社に、資産運用をお任せしてしまう手法もあります。

例えば、そのような独立系の資産運用会社にはどこがあるかというと、主に日本の成長株に投資をするレオスキャピタルワークスという会社があります。

レオス・キャピタルワークスは「ひふみ投信」という投資信託のみを扱う会社ですが、そのリターンが非常に高いのです。

ひふみ投信は10年以内に約4.2倍のリターンを実現

この「ひふみ投信」は、2008年10月に基準価格1万円から始まりました。ですが、2017年には4万円を超えていますので、10年以内に約4.2倍のリターンを実現しています。

(追記)2018年には基準価格は5万円を超えました(参照:ひふみ投信の公式サイト

ですので、自分で株式投資をして、10年間でひふみ投信以上のパフォーマンスを出す自信のない方は、このような資産運用のプロが集う独立系の資産運用会社へ、資産を預けてみるのも良いでしょう。

ひふみ投信は1万円の少額から始められて、手数料も安い

また、ひふみ投信は、富裕層向けの特化型の資産運用会社とは異なり、1万円の少額から始められます。

さらに、買付時も解約時も手数料が無料で、信託報酬も年1.0584%のみです。そのため、多くの人々に門戸が開かれている資産運用と言えます。

なお、このようなお任せ型の資産運用スタイルの本質は、資産運用会社を信頼できるかどうか?につきます。

ですので、きちんとひふみ投信の公式サイトを確認するなどして、運用会社が本当に信頼できるのかどうかを判断した上で、実際に投資されることをおすすめします。

ひふみ投信の手数料が安い&高い利回り(20%超え)は本当?買い時はいつ?

2017.09.26

④ 10年後には億万長者になっていたい方(年利30%以上)

億万長者

最後に、10年後には億万長者になっていたい方は、通常の金融商品で運用していても実現は難しいです。

また、どんなにパフォーマンスが良いプロであっても、10年間継続して毎年の利回り30%以上のリターンを生み出すのは難しいかと思います。従って、自分で積極的に投資するしかありません。

そこでおすすめの投資対象先は、株式投資仮想通貨投資です。

株式投資であれば、毎年10倍以上に値上がりする銘柄はあります。また、仮想通貨投資においては、2017年の1年で400倍以上に上昇した銘柄(リップルなど)も存在しました。

FXに取り組むなら、専業トレーダーになる方が良い

なお、ハイリスク・ハイリターンという観点だけからいうと、株式のデイトレードやFXなどの取引もありますが、中長期的な資産運用としては、それらは全く適していません。

せっかく貯めた1000万円を一瞬に0にしてしまう可能性もありますし、そもそも多くの人は毎日PCの前に張り付いて、トレーディングをすることができません。

中途半端なトレードで勝てるほど投資の世界が甘いのであれば、今頃世の中は億万長者で溢れています。そのため短期トレードで億万長者を目指す場合は、専業トレーダーとして独立した方が良いでしょう。

株式投資に取り組む場合は基礎の勉強から始めるのが吉

株式投資

続いて、株式投資に取り組むと決めた場合は、まずは株式投資について勉強する必要があります。

株式投資についても、学ばなければ勝てるようにはなりません。なんとなく株式投資をしてお金が稼げるのであれば、これまた今頃世の中は億万長者で溢れいています。

株式投資市場には上述したような金融のプロ達が参戦している訳ですから、素人が何も学ばずに市場に参戦してしまっては、ただのカモとなってしまいます。

ですので、数年間継続して学び続ける意欲のある方や、そもそも企業分析や有価証券報告書を読むのが好きな方に適している方法です。

株式投資を一番効率よく学ぶ方法は?

それでは、どうやって株式投資について学べば良いのか?というと、2002年創業の大手総合マネースクールのファイナンシャルアカデミーが提供する、株式投資スクールがあります。

株式投資スクールの何が良いかというと、株式投資ですでに成功している投資家(講師)から、直接株式投資について学べる点です。

ファイナンシャルアカデミーには述べ46万人以上が受講した実績がありますので、スクールとしての信頼性は高いです。また、株式投資スクールは毎週無料体験会を開催しています。

ですので、まずは無料体験会に参加してみて、効率良く株式投資を学ぶ方法を知ってから、株式投資の学習をスタートされるのが良いでしょう。

【口コミ】株式投資スクールに参加した感想とファイナンシャルアカデミーが向いている人

2017.08.16

他にも、ハイリスク・ハイリターンの投資としては未上場株への投資があります。

ただし、上場企業の株式と異なり流動性も高くありませんので、ベンチャー企業の成長を支援したいという想いのある方にのみおすすめできる投資です。

【未上場株の買い方】非上場企業へ出資/投資したい方向けの購入方法

2018.03.18

仮想通貨投資に取り組む場合はまず投資戦略を決める

最後に、2017年に入ってから人気の出てきた、仮想通貨投資に取り組むという方法もあります。

仮想通貨投資は、投資の初心者からでも億万長者になっている人も多いです。ただし、何も投資の戦略を立てずに、いきなり仮想通貨にお金を突っ込んでも、億万長者になることはできないでしょう。

まずは、どうすれば億万長者になれるか?の投資戦略を立ててから、仮想通貨投資を始めた方が良いでしょう。具体的な戦略立案方法は下記に記載しておりますので、良ければ参考にしてみて下さい。

仮想通貨で億万長者になった日本人が続出?億り人になる方法とは?

2017.09.13

資産運用のスタイルは人それぞれのため焦る必要は全くない

以上になりますが、資産運用のスタイルは人それぞれです。誰かがたまたま投資で一発当てたからと言って、自分が焦る必要など全くありません。

それに、最近では自分のためだけの資産運用ではなく、先ほどご紹介したベンチャー企業(未上場企業)への社会貢献投資なども人気になっています。

ぜひ自分に合った資産運用スタイルで、今から着実に金融資産を増やし、豊かな老後を迎えましょう。

貯金1000万円を外貨預金にする際に税金を抑えてお得に資産運用する方法

2017.11.07

資産運用を学ぶ方法