【口コミ】オーナーズブックの実績は怪しい?3年目の利用者がメリットとデメリットを解説

不動産特化型クラウドファンディングサービスOwnersBookの口コミです。

インターネット上には「怪しい」との口コミもありますが、筆者は2015年にOwnersBookに登録してから2年以上が経ちます。

ですので、これまでのOwnersBookの案件実績などもまとめてお伝えしようかと思います。

単純に筆者がいくら儲かったという話をお伝えしても良いのですが、それですと全案件での信頼性はありません。たまたま、筆者が投資した案件が良かっただけかもしれません。

従って、ここではより一般的・普遍的なお話としてお伝えするために、オーナーズブック(OwnersBook)の過去3年間の全案件を調査・分析した結果から、まずはご紹介します。

オーナーズブック(OwnersBook)の過去3年間の案件実績を分析

OwnersBookの実績
参考:OwnersBook

オーナーズブック(OwnersBook)は、2014年9月に案件募集が始まりました。

そこで、まずは2017年10月時点までの全73件の募集案件を、全てExcelの表にまとめて分析してみました。

過去3年間デフォルト案件(貸し倒れ案件)は一つも無かった

そうすると、過去3年間デフォルト案件は一つもなかったということが分かります。

続いて、黄色の背景になっているものは「期限前償還(早期償還)」された案件になります。

期限前償還というのは、自分が投資した不動産物件の「売却」が決まった場合などに、当初予定していたよりも早く、預けた資金が返ってくる場合などが該当します。

これに対して、期限きっちりに資金が返ってくる場合を、満期償還と言います。

2017年9月時点にて満期償還もしくは期限前償還されている案件は、全部で40件あります。そして、そのうち18件が期限前償還でした。

投資元本が返ってきた案件の約半分が、当初より高い利回り

つまり、約半分の案件が、当初の予定よりも高い利回りで返ってきたということになります。

オーナーズブックの当初の予定利回りは、5%前後が多いです。

ですが、すでに返済が完了している40件の平均利回りを算出すると、実際の確定利回りは6.95%に達していました。

オーナーズブックを運営するロードスターキャピタル株式会社は、堅実な運営を嗜好する業者です。

ですが、堅実だからと言って決してリターンが低い訳ではなく、過去3年間でも高いパフォーマンスを発揮してきたと言えるでしょう。

オーナーズブック(OwnersBook)のポジティブな口コミ

ネット上には、OwnersBookに関するポジティブな口コミも見受けられます。

ここで実際に筆者の経験を踏まえて、OwnersBookを利用するメリットをまとめますと下記になります。

オーナーズブック(OwnersBook)のメリット

OwnersBookのメリット
  1. 過去3年間、貸し倒れはゼロ(=実績がある)
  2. 過去3年間、実質的な平均利回りは約7%
  3. 投資信託と異なり、各種手数料が無料
  4. 1万円の少額から始められる
  5. 案件に不動産担保が付いており、安心感がある
  6. 上場企業が運営しており、信頼性が高い

この他に、オーナーズブックにはSNSがあったり、スマホアプリがあったりする点も便利だと言えるでしょう。

ですが、そのような細かい特徴よりも、各種手数料が無料で、過去3年間の実績から分かるように、リスクに対して得られるリターンが高いという点が、最大のメリットです。

運営会社ロードスターキャピタルや経営陣への信頼性も高い

また、運営会社のロードスターキャピタル株式会社には、代表の岩野氏を含めて、不動産投資のプロ集団が集まっています。

実際にこのようなプロ集団が集まっていることもあり、ロードスターキャピタル株式会社は、創業からわずか4年の2017年に東証マザーズに上場し、業績も好調に推移しています。

ソーシャルレンディングを利用する上で会社の信頼性を重視する方は、OwnersBookの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

ロードスターキャピタルの評判は?株価はどうなる?マザーズに上場したので入念に調査

2017.08.26

オーナーズブック(OwnersBook)のネガティブな口コミ

一方、OwnersBookにもネガティブな口コミはあります。

筆者の経験を踏まえてデメリットをまとめますと、下記が挙げられます。

オーナーズブック(OwnersBook)のデメリット

デメリット
  1. 案件が少ない
  2. 案件の募集がすぐに埋まるので、投資できない(アクセスが集中する)
  3. (人によっては長期で運用したいため)早期償還されない方が良い

まず、案件が少ないというデメリットですが、こちらはオーナーズブック側がより慎重に精査した上で案件を掲載しているため、仕方ないとも言えます。

むしろ、案件が増えた一方で案件掲載の審査基準が緩くなってしまって、元本割れするような案件が出てきてしまう方が問題です。

また、「案件の募集がすぐ埋まる」というのは、それだけ多くの人が「堅い投資」だと考えていることの裏返しですので、そこまでのデメリットではないでしょう。

オーナーズブック(OwnersBook)の案件に投資できない場合の対処法

メール設定

なお、この案件に関しては、OwnersBookへの登録完了後、自分のマイページ(OwnersBook)にて、「案件募集開始メール」の受信設定が可能です。

マイページにログイン後、メール受信を「受け取る」に設定しておけば、案件募集を見逃すこともありません。

ですので、OwnersBookの利用を検討されている方は、まずはOwnersBookに無料登録をして、次回の案件募集を待ってみるのも良いかと思います。

オーナーズブック(OwnersBook)の口座開設方法(無料)

それではここからOwnersBookの無料口座開設方法をお伝えします。簡単ですので、一緒に見ていきましょう。

まずは、OwnersBookの公式サイトへ移動します。

そうすると「会員登録をする(無料)」ボタンがありますので、メールアドレスかFacebook、もしくはYahoo! JAPAN IDで登録をします。

登録するとメールアドレスに「仮会員登録完了メール」が送られてきます。

会員登録完了メールのURLをクリックし、「投資家申請」を行う

OwnersBookからの確認メール

その後、メールに記載のURLをクリックした後、ログイン後のトップページの「投資家申請」をクリックします。

そこで、必要事項を入力したり、運転免許証などの「本人確認資料」を提出をすれば、投資家申請は完了します。

投資家申請後、OwnersBook側での審査が完了次第、登録した住所に簡易書留で「ハガキ」が郵送されてきます。

そちらのハガキを受領したことをOwnersBook側で確認ができ次第、登録手続きは完了です。

オーナーズブック(OwnersBook)の口座への入金方法

続いて、OwnersBookの案件に投資するためには、実際にOwnersBookの口座に入金をして、投資準備をする必要があります。

入金するためには、マイページログイン後の「入金する」ボタンを押すと、上記の画面が表示されます。

人それぞれ入金口座は違いますので、必ず登録時の「本人名義」で口座に振込する必要がありますので注意してください。

こちらの投資口座に振込が完了すると、下記の口座情報に残高情報が反映されます。

オーナーズブックの口座情報

その後、気に入った投資案件を選んで投資すれば、投資は完了します。

オーナーズブックを資産運用のポートフォリオに加えるのも一手

以上になりますが、オーナーズブック(OwnesBook)は信頼性も高く、実際に案件の利回りも、一般的な投資信託などよりも高くなっています。

資産運用においては、何か一つの投資案件に特化するのは危険です。運用のポートフォリオの一つとして不動産特化型ソーシャルレンディングを加えてみるのも、リスク分散となるでしょう。

不動産投資やソーシャルレンディングに興味のある方は、一度OwnersBookに無料の口座開設をして、新しい案件を吟味してみてはいかがでしょうか?

オーナーズブック(OwnersBook)の手数料は高い?税金は?投資信託や他業者と比較

2017.10.05

資産運用を学ぶ方法