ビットコインの投資セミナーは詐欺!怪しいので初心者は本から学ぶのがおすすめ

ビットコイン本

ビットコイン投資や仮想通貨投資について学ぶために、ビットコインや仮想通貨の投資セミナーに参加しようとされている方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

ビットコインや仮想通貨の投資セミナーのほとんどが詐欺(2018年追記)

しかし残念ながら、現在開催されているビットコインの投資セミナーは、ほとんどが詐欺なのです。

セミナーへの参加料金を高額にしたり、仮想通貨を元の値段よりも高く売りつけたりしているため、最近では金融庁の監視も強くなっています。

しかも、そもそも仮想通貨は、金融庁登録済のインターネット上の仮想通貨の取引所で、誰でも数百円から簡単に購入が可能です。

仮想通貨をやってる人の割合は?やってみたい人はどうすべき?

仮想通貨と聞くと「なんか怪しい…」「え、詐欺でしょう?」と思ってしまう人が、今でも少なからずいらっしゃいます。

しかしながら、日本では2017年には「改正資金決済法」という仮想通貨の法律が制定され、日本においては、「仮想通貨」は法律上でもきちんと定義されたものとなりました。

仮想通貨は現在では世界に1000種類以上ありますが、世界で一番最初の仮想通貨がビットコインです。そんなビットコインに関するアンケートが、2018年にありました。

仮想通貨のビットコインの評判や認知度は?


出典:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/18/news114.html

実際のところ2018年の調査では、5.6%程度の方がビットコインを購入したことがあるという回答をしています。

つまり、日本人1億2000万人のうち、670万人程度はビットコインを保有しているという計算になります。

世界では2000万人以上がすでに保有していると言われているため、日本人は世界的にも多いように思われます。

仮想通貨交換業者の利用者数は、ネット証券の利用者数を超える?

ですが、2017年時点で大手仮想通貨交換業者ビットフライヤーのユーザー数は100万人を突破していましたので、十分ありうる数字です。

(2018年追記)また、大手の仮想通貨交換業者コインチェックは170万口座との発表がありました。

株や投資信託を購入できるSBI証券は383万、楽天証券は225万、マネックス証券は169万口座ですので、こう考えると結構多くの日本人がビットコインを保有していることが分かります。

日本人にビットコインが人気な理由

それでは、なぜこんなにも日本人にビットコインは人気が出ているのでしょうか?

それは、ビットコインなどの仮想通貨は、日本のインターネット上の仮想通貨の取引所から、誰でもいつでも少額から簡単に購入することができるからでしょう。

そしてもう一つの大きな理由は、ビットコイン価格が、2017年のたった1年間で10倍以上に値上がりしたことが挙げられます。

2017年1月1日のビットコイン価格は117,353円でしたが、2017年12月31日には1,570,001円と約13倍にもなっています。

ビットコイン以外にアルトコインも人気

また、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、例えばアルトコインのリップルは400倍にも上昇し、ネムも300倍近くに上昇しました。

日本初の暗号通貨のモナーコインなども、100倍以上に上昇していたりと、とにかく仮想通貨はリターンが非常に高かったのです。

このような仮想通貨の価格上昇に加えて、現在の日本の大手仮想通貨の取引所は、既にTVでビットコインのCMなども流しています。

このようにTVCMなどでだんだんと仮想通貨の認知度が広まるにつれて、ますます多くの人々がビットコインを保有していくことは想定されています。

しかしながら、2018年の調査結果では、今の所は日本人全体の5~6%程度の人しかビットコインを保有していませんので、まだまだチャンスは大きいとも言えるでしょう、

続いて、年齢別のビットコインの保有割合を確認してみると、10代男性の約5人に1人はビットコインを保有していることが分かります。

10代男性の約18%がビットコインを所持していると回答

このような状況を鑑みると、今後ますます時が経つにつれて、日本の若い人々に仮想通貨が普及していくことが想定されます。

さらに、一般的には若い人よりも大人の方がお金を持っていることが多いため、LINEなどのSNSのように、若い人々に普及したのちに大人にも普及すれば、まだまだ拡大余地はあるでしょう。

それでは、一体なぜ若い人にもこんなにもビットコインが普及しつつあるのでしょうか?

その理由の一つには、ビットコインには、初心者でも簡単に、いつでも、少額から購入するできるという特徴があるからです。

【初心者でも簡単】24時間1000円から仮想通貨は購入できる

現在1ビットコイン(単位:BTC)は、100万円以上となっていますが、実はビットコインは0.001BTCから購入することができます。

そのため、仮想通貨の購入は、数百円や1000円程度から始められるのです。また、仮想通貨は土日も取引できますので、365日24時間いつからでも始めることができます。

また、登録自体は1分程度で完了します。その後、運転免許証などの本人確認書類の写真をアップロードすると、後日登録した住所に本人確認のためのハガキが届きます。

そして、そのハガキを受け取れば口座開設は完了します。なお、口座開設手数料や維持手数料、年会費なども全て無料ですので、登録してもお金はかかりません。

人々が仮想通貨のビットコインを購入した理由は?


出典:https://news.mynavi.jp/article/20171107-a138/

それでは、そもそも皆さんはなぜビットコインなどの仮想通貨を購入したのでしょうか?

マイナビのアンケートによると、下記の理由があるようです。

  • ビットコインが今後普及していくと思ったから
  • 儲かると思ったから
  • 新しいモノが好きだから
  • 友人・知人に勧められたから
  • ニュースや新聞で価値が上がっていることを知ったから
  • ビットコインで支払う機会があったから

様々な理由がありますが、ビットコインの価格は、もともと2009年の公開当初は0.07円でしたが、現在は100万円を突破しています。

アンケート結果を見る限りでも、ビットコインに将来性を感じた人は多かったようです。ビットコインの価格は当初よりも値上がりしていますが、それに加えて、最近ではビットコインで支払いができる場所も増えているのです。

大手仮想通貨の取引所ビットフライヤーは、ビットコイン決済の導入を普及していることもあり、現在ではビックカメラやマルイ、HISなどでもビットコインの利用が可能です。

ビットコインに投資する前には、きちんと本を読んでおくのが吉

以前には一見詐欺のように見えないけれども、実は詐欺だった業者などに、警視庁が捜査に入ったこともありました。

ですので、基本的に運営業者が不明なビットコインの投資セミナーには、絶対に参加しないようにしましょう。そこで今回は、仮想通貨のビットコインに投資する上で、おすすめできるビットコイン関連の本をご紹介します。

そもそも、ビットコインの価格が上がる仕組みや、その本質を理解しないで投資をすること自体も、危険な行為です。

そのため、そもそもビットコインって何?、ビットコインって聞いたことはあるけど、詐欺なの?詐欺じゃないの?などの疑問をお持ちの方にも役立つ本を、今回は厳選してご紹介します。

今一度本を読んで、ビットコインについてきちんと理解されてから、投資を検討されることをおすすめします。

1. ビットコインをこれから学ぶなら?(2018年追記)

2017年の年末に、仮想通貨の取引所ビットバンク(bitbank.cc)を運営するビットバンク株式会社から、ビットコインの辞書のような分かりやすい本が出版されました。

また、ビットバンクからは漫画版の「マンガでわかるビットコインと仮想通貨」も発売されていますので、本を読むのがめんどくさい方は、まずは仮想通貨の漫画を読んでみるのが良いでしょう。

ビットコインの難しい内容もきちんと丁寧に解説されていますので、これからビットコインについて学んでみようという方は、まずはビットバンクの本「できるビットコイン入門」が適しているでしょう。

ビットバンク株式会社は、ビットバンクという取引所を運営

また、ビットバンク株式会社は、ビットバンク(bitbank.cc)という、金融庁登録済の仮想通貨の取引所も運営しています。仮想通貨の取引所では、実際にビットコインなどの仮想通貨を簡単に購入することができます。

仮想通貨を少額からでもちょっと購入してみようかなという方は、合わせてビットバンクにも無料の口座開設をしておくと、より仮想通貨への理解が深まって良いでしょう。

ビットバンクはおすすめ?運営会社の信頼性や株価、上場予定は?

2017年8月28日

2. ビットコインの初心者なら?

続いて、何もビットコインについて知らない状態の人におすすめできるのは、「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」という本です。

こちらの本は、日本の大手仮想通貨の取引所を運営する、コインチェック株式会社の取締役COOである大塚雄介氏が執筆されています。大塚雄介氏の経歴は以下になります。

コインチェック株式会社共同創業者兼COO(最高執行責任者)

1980年群馬県生まれ。早稲田大学大学院修了、物理学修士号取得。

リクルートから分社独立した株式会社ネクスウェイでB2B向けITソリューションの営業・事業戦略・開発設計を経験の後、レジュプレス株式会社創業(2017年4月よりコインチェック株式会社に社名変更)。現在、取締役COOを務める。

日本最大規模の仮想通貨交換取引所 Coincheckならびに、ビットコイン決済サービス coincheck payment を運営。

ビットコイン業界の最前線にいる方が書かれた本ということで、すでに話題にもなっています。

「ビットコインって何?」「ブロックチェーンって何?」という疑問をお持ちの方は、まずはこの本を読んでみると良いでしょう。

3. ビットコインの仕組みを理解したいなら?

続いておすすめできるのが、ビットコイン業界の著名人「大石哲之」氏の本です。大石哲之氏は、2013年からフルタイムビットコイナーとして活動されていますが、主な経歴は以下になります。

1975年東京生まれ。慶応大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社、戦略グループ所属。退社後、株式会社ジョブウェブの創業、副社長。

その後、株式会社ティンバーラインパートナーズを設立、代表取締役(現職)、著作・ブロガー活動を始める。現在は、仮想通貨関連の事業をメインに関わる。

大石氏はかなり以前からビットコイン業界に関わっているため、出版年度は古いです。

しかし、「ビットコインとはなにか?」「中央に管理者がいないビットコインは、一体どのようにして動いているのか?」など、ビットコインの仕組みも踏まえてきちんと理解されたい方におすすめできる本です。

両方とも値段も安く、Kindleでさくっと読める本ですので、1日あれば読み終えることができるでしょう。

4. ビットコインをビジネス面から理解したいなら?

続いてビットコインの具体的なビジネス例や、現実世界にどう実現していくのかなどを検討する上で欠かせないのが、野口悠紀雄氏が書かれた本です。

野口悠紀雄氏の経歴は以下になります。

早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問

1940年生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D.取得。

一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より現職。一橋大学名誉教授。専門はファイナンス理論、日本経済論。

ビットコインとあわせて「ブロックチェーン」に関するビジネス面も理解されたい方には、野口悠紀雄氏の著書を読まれることをおすすめします。

5. ビットコインの歴史を理解したいなら?

続いて、もはや映画化されてもおかしくないと言っていいほど、人間ドラマも溢れるビットコインの歴史に関して綴った一冊が「デジタル・ゴールド」という本です。

著者のナサニエル・ポッパー氏の経歴は以下になります。

ニューヨークタイムズ記者

ピッツバーグ育ち、ハーバード大学卒業。ロサンゼルス・タイムズ記者などを経て現職。ウォールストリートとシリコンバレーについて横断的な知識を持っている。

日本のマウントゴックス事件などの詳細も記載されていますので、ビットコインの歴史について気になる方は、一度読まれることをおすすめします。

6. ビットコインの技術を理解したいなら?

最後におすすめするのが、技術者・エンジニア向けのビットコインに関する本です。

技術に興味のある方にはおすすめできる一冊となっています。著書のアントノプロス,アンドレアス・M.氏はTwitterもやっていますが、経歴は以下になります。

1972年ギリシャ生まれ。IT技術者・起業家。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン修了(コンピュータ科学・データ通信・分散システム)。ビットコイン界で最も有名で尊敬されている一人

エンジニアの方などは、インターネットでビットコインの情報を検索するよりも、まずはこちらの一冊を読まれた方が良いでしょう。

ビットコインに関する情報の取得方法について

ビットコイン

以上になりますが、最近ではビットコイン投資を煽るような胡散臭いセミナーが巷には溢れています。

そのような胡散臭いセミナーには騙されず、こちらでご紹介したビットコインに関する本をいくつか読めば、ビットコインに関する理解は十分に深まると思われます。

あまりそのような投機を煽るようなセミナーに参加して、ご自身の大切な資産を失わないようにされることをおすすめします。

まずは少額からでも購入してみると、意識が変わる

また、実際にビットコインは数百円からでも購入が可能です。多少なりともビットコインなどの仮想通貨を保有することで、日々の仮想通貨のニュースを意識するようになったりもします。

仮想通貨やビットコインに関する情報は移り変わりが早いため、本を読んだ後は、インターネットなどで良質なニュースメディアを日々追うことが大切です。

ビットコインに関心のある方は、まずはきちんとした仮想通貨の交換業者から仮想通貨を購入し、少額からでも仮想通貨を保有してみてはいかがでしょうか?