Landnet fundingの評価を比較!Fantas funding・Creal・Jointα・Renosy・TATERU fundingとの違いを解説

不動産投資クラウドファンディングのLandnet Funding(ランドネットファンディング)の口コミです。

ランドネットファンディングは、株式会社ランドネットが提供するサービスの一つで、株式会社ランドネット自体は不動産投資にまつわるあらゆるサービスを提供しています。2019年の売上高は300億円を超えている中小企業で、東京で無料の不動産投資セミナーも定期的に開催し、公式サイトでは不動産投資の基礎知識を学べる無料PDFも配布しています。

不動産投資クラウドファンディングのLandnet funding(ランドネットファンディング)の特徴

不動産投資クラウドファンディングLandnet fundingの仕組みは、シンプルです。投資家である私たちから資金を集め、Landnet fundingが良さそうな不動産物件を購入します。

その購入した不動産物件を売却した場合の売却益や、入居者からの賃料収入などが、投資家である私たちに配当として還元されます。Landnet fundingの良い点は、購入した物件の価格が万一売却時に下落したととしても、30%まではLandent funding側によって保証される点です。

例えば1000万円の不動産物件を購入した場合、売却時に不動産評価額が150万円下落したとしても、投資家である私たちの元本は減りません。

このような仕組みもあってか、Landnet fundingなどの不動産投資クラウドファンディングは近年人気の資産運用サービスの一つとなっています。

不動産投資クラウドファンディングは口座開設や口座維持手数料は無料ですので、筆者も実際に何個も利用していますが、主な不動産投資クラウドファンディングサービスの特徴をまとめてみましたのでご紹介します。

ランドネットファンディングの利回りや運用期間を他社不動産投資クラウドファンディングと比較

サービス名 運営会社 利回り 運用期間 最低投資額 保証下落率 投資先 案件実績 公式サイト
Landnet funding 未上場企業 8% 3ヶ月 1万円 3割 東京 2件 https://landnet.co.jp
FANTAS funding 未上場企業 8〜10% 3〜12ヶ月 1万円 2〜3割 空き家等 62件 https://www.fantas-funding.com/
CREAL 未上場企業 3.5〜6% 4〜24ヶ月 1万円 案件次第 東京 24件 https://creal.jp/
Jointα 東証一部上場企業 3.6〜5% 6〜12ヶ月 10万円 3割 地方あり 5件 https://jointocrowd.jp/
Renosy Funding 東証マザーズ上場企業 6.4〜8% 3ヶ月 1万円 3割 東京 11件 https://www.renosy.com/
TATERU Funding 東証一部上場企業 2018年に顧客の預金改ざん問題が発覚しサービスを一時停止中

ランドネットファンディングはまだ始まったばかりのサービスということもあり、案件実績は多くありません。

これまでに豊富な案件実績があるのはFANTAS funding

そのため、これまでにも豊富な案件実績があり、きちんと元本と利息が返還されているサービスを利用されたい方は、FANTAS fundingが一番安心です。筆者もFANTAS fundingが一番利回りや運用期間、案件実績などの面から一番安心して利用することができています。

CREALは動画で物件の詳細を確認することができる

もう一つ注目なのが不動産投資クラウドファンディングの運用資産残高No.1のCREALです(2019年6月時点)。CREALは投資先の物件を動画で確認することができ、実際に自分がどのような物件に投資をするのかの詳細なイメージを確認することができます。

FANTAS fundingほどの案件実績はまだありませんが、2019年6月時点で累計調達額は20億円を突破しており、分配金総額も2500万円を超え、安定的なリターンを投資家にもたらしています。

Jointαは売上高約1000億円の東証一部上場企業運営の安心感がある

他にも、ランドネットと同じく案件実績はまだ豊富ではありませんが、東証一部上場企業の穴吹興産が運営するJointαも注目の不動産投資クラウドファンディングです。特徴的なのは、東京近郊の物件だけでなく地方物件も取り扱っている点と、最低投資額が10万円からな点です。

不動産投資といえど投資先が東京近郊に集中してしまうのはリスクがあると考えている方は、Jointoαの利用を検討されてみるのもおすすめです。他の不動産投資クラウドファンディングと同じく会員登録などは全て無料です。

Landnet funding(ランドネットファンディング)のメリットとデメリット

Landnet fundingのメリットとしては、単純に銀行の定期預金に預けておくよりも、はるかに高い金利が得られる点です。

また、冒頭でお伝えしたようにランドネットファンディングであれば、例え投資に失敗したとしても、不動産評価額の30%下落までは投資家である私たちの元本は減りません。このような特徴は株式投資や投資信託にはありませんので、リスクはあるといえどかなり堅実な資産運用の一つと言えるでしょう。

一方でデメリットとしては、やはりまだまだ案件実績が多くはない点が挙げられます。

2019年10月時点でまだ案件実績が2件しかありませんので、もう少し実績が積まれてから利用を検討されるのも一つの方法です。

Landnet funding(ランドネットファンディング)の始め方(無料会員登録方法)

そんなランドネットファンディング(Landnet funding)の始め方自体はとても簡単です。まずは公式サイトから会員登録を完了させます。その後、出資者登録を行い、投資をしたい不動産ファンドを選択します。

応募して抽選に当選すると、入金ができるようになりますので、銀行振込などで資金を入金します。その後自動的に不動産ファンド運用が始まりますので、時が来れば配当をもらうことができ、無事資産運用が完了します。

Landnet fundingなどの不動産投資クラウドファンディングは、一度投資をすればほったらからしです。現在の資産運用のポートフォリオに不動産が入っていない方や、ほったらかしの資産運用を実践したい方などは、不動産投資クラウドファンディングを利用されてみてはいかがでしょうか。