【iYellの評判】迷惑電話は大丈夫?いえーるコンシェルの資料請求が向いている人は?

iYell株式会社が運営する、いえーるコンシェル不動産投資版の口コミです。

いえーるコンシェル不動産投資版では、主に不動産投資に関心のある20代後半以上の会社員向けのサービスで、最初から信頼性の高い不動産業者に一括で無料の資料請求ができます。

同じようなサービスには上場企業が運営するイエカレがありますので、イエカレと比較しつつご紹介します。

いえーるコンシェル不動産投資版の口コミや評判は?

まず、いえーるコンシェル不動産投資版自体は、サービスとしては好調のようです。また、運営者会社のiYell株式会社の社長の人柄も良いとの評判です。

実際に公式サイトの【いえーるコンシェル不動産投資版】には代表者の写真も掲載されています。

運営会社のiYell株式会社の評判や信頼性は?

会社名 iYell株式会社
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-16-8 道玄坂坂本ビル9階
代表取締役 窪田 光洋
設立 2016年5月12日
資本金 36,852,000円(資本準備金含む)
従業員数 67名
事業内容 最高の“すみか”を手に入れる住生活マガジン「いえーるすみかる」の運営
信頼できる不動産会社を探せる、不動産会社の口コミサイト「いえーるコンシェル」の運営
信頼できる不動産投資のパートナーをご紹介する「いえーるコンシェル 不動産投資版」
不動産関連業務のコールセンター運営および業務受託
取引銀行 みずほ銀行 東京中央支店
さわやか信用金庫 渋谷支店

いえーるコンシェル不動産投資版を運営するiYell株式会社の設立は2016年と若い会社ですが、資本金は36百万円あり、従業員数も67名と多いです。

また、いえーるコンシェル不動産投資版だけでなく、他にも事業を展開していますので、明日潰れるような会社ではないことが分かります。続いて、いえーるコンサル不動産投資版を利用するメリットとデメリットについて確認します。

いえーるコンシェル不動産投資版を利用するメリット

いえーるコンシェル不動産投資版を使うメリットは、不動産投資の資料請求の手間が省けるということに加えて、最初から信頼性の高い不動産業者にアプローチできるという点が挙げられます。

まず、iYell株式会社は、不動産会社ではなく、ウェブメディア事業を運営している会社です。具体的には、住生活マガジン「いえーるすみかる」や不動産会社の口コミサイト「いえーるコンシェル」などのサイトを運営しています。

信頼性の高い不動産会社を事前に選別してくれている

そのため、第三者的な中立的な立場で、不動産会社を評価できる、利回りの低い物件をつかませようとする、悪質な不動産業者を最初から排除してくれているのです。

実際に筆者も、これまでにいくつか不動産投資セミナーに参加したことがあります。ですが、中には新宿の某◯アネストのように、こちらに知識がないことを良いことに、ひたすら物件を勧めてくる悪質な不動産業者も存在しました。

ですので、【いえーるコンシェル不動産投資版】を利用すれば、筆者のような不快な思いをしないで済むかと思います。

しつこい勧誘や迷惑電話にあった場合、いえーるコンシェルに連絡可能

また、万が一、資料請求後に過剰な営業活動で不快に感じることがあれば、いえーるコンシェルまで連絡することで、代わりに対応してもらうこともできます。

そのため、「なんとなくネットで検索して問い合わせをした不動産会社から、迷惑電話がかかってきて困る…」という事態を、【いえーるコンシェル不動産投資版】を利用すれば排除することができます。

いえーるコンシェル不動産投資版を利用するデメリット

いえーるコンシェル投資版

一方、いえーるコンシェル不動産投資版のデメリットとしては、今のところ不動産会社が4社しか紹介されていないという点です。

あまり多すぎても対応が大変ですので、実際に資料請求をする際には3〜4社で良いと思われますが、選択肢は多くても困りません。

そのため、もっと多くの不動産会社から選んで資料請求をしたいという方は、東証二部上場企業のアルメディオが運営するイエカレを利用された方が良いでしょう。

イエカレはもともと不動産の売却サイトとして良く利用されていましたが、現在はアパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイトも提供しています。

不動産投資の資料請求をしたら迷惑電話がかかってくる?

不動産投資の一括資料請求サイトで資料請求をすると、不動産業者からたくさん電話がかかってきて大変なのでは…?と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、これまで実際に筆者がイエカレのようなサイトで無料の資料請求をした場合、迷惑電話がかかってきたことはありません。

逆に、迷惑電話がかかってくるパターンというのは、どこからか携帯の電話番号を勝手に入手し、いきなり不動産の営業電話をかけてくる、悪質な不動産業者の場合ぐらいです。

このような悪質な不動産業者については、着信拒否設定をしてしまうのがてっとり早いです。

不動産会社からの迷惑電話の簡単な回避方法

もしくは、資料請求をして後日電話がかかってきた時に、「これからはメールで連絡をください」とこちらから言ってしまえば、それ以後に電話がかかってくることは基本的にはありません。

不動産投資の一括資料請求をすると、その後に不動産会社からはメールや電話がきます。そこで、いきなり電話で色々と聞かれるのが嫌な方は、メールでの連絡をお願いすれば問題ありません。

そうして後日送られてきたメールを確認し、疑問点をメールで聞いたりして、その後に良さそうな不動産業者とだけ連絡をとり続ければ良いでしょう。

iYellと比較した際のイエカレ資料請求のメリットとデメリット

イエカレで資料請求するメリットは、完全無料で、信頼性の高い多数の不動産会社に問い合わせができる点です。一方でデメリットは、地方の不動産会社の取り扱いが多くはないという点です。

例えばイエカレの場合は、住友不動産やレオパレス、積水ハウスなど、誰もが知っているような大手企業も取り扱っていますが、基本的には都心での物件を検討中の方に向いています。

つまり、自分が住んでいる地域での賃貸経営だけでなく、利回りが良い首都圏などの地域で不動産投資を始めたい方に適しているサービスなのです。

不動産投資の資料請求がおすすめな人とそうでない人とは?

以上になりますが、不動産投資の資料請求が向いている人というのは、基本的には20代後半以上で、不動産投資に興味がある会社員の方と言えるでしょう。

特に上場企業にお勤めの方の場合は、銀行から融資が受けやすくなりますので、【いえーるコンシェル不動産投資版】を利用する上でも有利です。

不動産投資の知識ゼロの方には適していない可能性あり

一方で、不動産投資の知識が全くない方の場合は、まずは基礎的な知識をつけてから利用される方が良いでしょう。なぜならば、全く知識がない場合、不動産会社の言っていることが正しいのかすらも分からないからです。

不動産会社に流されるままに「これがおすすめの物件です」と紹介されて、いきなり高額な物件を購入させて来ようとする悪質な不動産業者(新宿の某リア◯ストなど)も、中には存在します。

不動産投資の知識ゼロの場合におすすめの対処法

いえーるコンシェル投資版やイエカレには信頼性の高い企業だけが掲載されていますが、それでも不動産投資の知識が全くない方の場合、相手の担当者とのコミュニケーションコストも膨大になります。

そのため、現在知識が全くない方の場合は、まずは不動産投資の無料セミナーなどに参加して、基礎的な知識をつけてから利用されるのがおすすめです。

例えば、上場企業のグローバルリンクマネジメントは、毎週渋谷で無料の不動産投資セミナーを開催しています。不動産投資に関心のある方は、まずは無料セミナーで情報取集するところから始めてみてはいかがでしょうか?

グローバル・リンク・マネジメントの評判は?不動産投資セミナーを東京で無料開催中

2017.07.19

資産運用を学ぶ方法