資産運用の初心者の失敗パターン3つとその対策方法を性格別に解説

失敗

資産運用の失敗例を学んでおくというのは、今後資産運用を成功させるために役立つでしょう。

様々なやり方で成功している人々がこの世にいる以上、資産運用の成功者の共通点を抽出するのは正直難しいので、今回は資産運用の初心者がやりがちな失敗パターンと、資産運用のタイプ別(性格別)の対策方法をご紹介します。

基本的にどんなことでも失敗する方には大体共通点がありますので、その行動をとらないだけでも、失敗確率を下げることはできます。

あなたは次の3つのうち、どの投資家タイプ?

失敗

JeongGuHyeok / Pixabay

まず、資産運用を始めるにあたって一番大切なことは、「自分の資産運用スタイルを決める」ことです。

具体的には、資産運用は「完全に誰かにお任せしたいのか?」、それとも「自分で勉強して資産運用スキルを身につけていきたいのか?」というところです。

そこで、すでに資産運用を始めている方も自分の「投資家タイプ」を知っておくのは重要かと思いますので、まずは自分が下記3つのどの投資家タイプに該当するのかを考えます。

  • 投資家タイプA:資産運用は100%お任せしたいタイプ
  • 投資家タイプB:多少は自分で資産運用をしたいタイプ
  • 投資家タイプC:投資家として生きていくタイプ

あなたはどれに当てはまりますでしょうか?

3つの投資家タイプに関する詳細

まず、投資家タイプA「資産運用は100%お任せしたいタイプ」の方には、堅実にコツコツと積み上げていくタイプの方などが該当します。

完全にお任せの資産運用スタイルのため、自分で株式投資やFXなどのハイリスク・ハイリターンの投資をやることはありません。ですので、もともとの資産保有額が大きくない場合は、そこまで大きなリターンは得られることもありません。

投資家タイプB「多少は自分で資産運用をしたいタイプ」の方には、お任せできる資産運用に取り組みつつも、自分で多少は投資信託を選んでみたり、株式投資やFX、不動産投資などを実践してみたりするタイプです。

自分でも資産運用に取り組む分、タイプAよりも儲かる可能性があるのがタイプBですが、下手をするとタイプAの方よりも損失をだしてしまう可能性もあります。

最後に、投資家タイプC「投資家として生きていくタイプ」の方には、例えばFXでの億トレーダーや資産数億円の著名投資家などが該当します。

このような方の場合は、資産運用初心者でもありませんし、自分でひたすら資産運用や投資に関する学習と実践を繰り返していきますので、今回は割愛させていただきます。

したがって、今回は投資家タイプAの方と投資家タイプBの方がやりがちな失敗パターンと、その対処方法を合わせてご紹介します。

投資家タイプA(資産運用は100%お任せしたい)がやりがちな失敗例

失敗

Tumisu / Pixabay

まず、タイプAの方がよくやりがちな代表的な失敗パターンは下記3つです。

  1. 身の回りの友人におすすめの投資商品を聞いてしまう
  2. セールスマンおすすめの金融商品を購入してしまう
  3. 商品内容をきちんと理解しないまま、投資してしまう

①「身の回りの友人に聞いてしまう」という失敗パターンですが、その友人がよっぽど資産運用や投資に詳しいか、よっぽど儲けているか(きちんと実績を出しているか)しない限りは、やめた方が良いでしょう。

次に、②「セールスマンのおすすめを購入してしまう」という失敗パターンですが、投資信託などをセールしてくる証券会社のセールスマンなどは、顧客のためを思って金融商品を提案しているわけではなく、基本的には自分の成績のために営業活動をします。

そのため、顧客が儲かる金融商品を売っているのではなく、単に手数料が高い金融商品を売っている可能性があります。

手数料を高い金融商品を買わされ、結果的に損をしてしまったという話はごまんとありますので、購入の際にはきちんと自分が納得した商品を購入するようにしましょう。

最後に、③「商品内容の理解がないまま投資してしまう」という失敗パターンに関しては、事前に商品内容をきちんと理解してから投資するしかないのです。

投資家タイプA(資産運用は100%お任せしたい)が、失敗しないためには?

解決策

RobinHiggins / Pixabay

ですが、そもそもタイプAの方の場合は「自分で資産運用の勉強をしたりするのが面倒」なわけですので、これらの失敗パターンに対する解決方法は以下になります。

  1. 絶対的に信頼できる資産運用のアドバイザーを見つける
  2. すでに実績を出している金融商品や運用会社にお任せする

①に関しては、すでに数億円程度の資産がある方向けの方法になります。

そのような方であれば、金融機関のきちんとした担当が付きますので、信頼できるアドバイザーを見つけて、一緒に資産運用を検討していっても良いでしょう。

②に関しては、今はまだ資産がほとんどないものの、これから増やしていきたい方向けの方法になります。

こちらの方が多くの方が該当するかと思いますが、要は「ほったらかしの資産運用」が可能な金融商品などに投資するという方法です。

ここで筆者のおすすめの方法は、ウェルスナビなどのロボアドバイザーでの資産運用です。ロボアドバイザーサービスは、自分の投資タイプに合わせて、コンピューターが自動で資産運用をしてくれる金融商品です。

テクノロジーの発達によって近年でてきた新しい金融商品で、投資信託の銘柄を選ぶ必要すらない、完全にお任せスタイルの資産運用が可能です。

ロボアドバイザーサービスのウェルスナビに関する詳細はこちら

また「投資信託」で運用するにしても、プロに任せて安心のひふみ投信 など、完全にお任せしてしまう運用スタイルが無難でしょう。

月々1万円からの資産形成ひふみ投信 などであれば、運用会社に資産運用を任せる形になりますので、自分で「投資信託を選ぶ」手間がなくなります。

投資家タイプB(多少は自分で資産運用をしたい)がやりがちな失敗例

失敗

andreas160578 / Pixabay

続いて、タイプBの方がよくやりがちな代表的な失敗パターンは下記3つです。

  1. 目標や資産管理方針がないまま、資産運用を始めてしまう
  2. 戦略や仮説がないまま、とりあえず投資してしまう
  3. 資産運用の勉強をしないまま、自己流で続けてしまう

まず、①「目標や資産管理方針がない」という失敗パターンですが、つまりは「自分の資産をどれぐらいにしたいのか?」や「全財産のうち、どれだけを投資に回すのか?」を、事前に決めていないということです。

「どれぐらいに資産を増やしたいのか?」を決めることで、「今どのぐらいの投資が必要なのか?」を認識することができます。

何も考えずに始めてしまうと、「あ、この商品良さそう!」と、つい使う予定ではなかった貯めておいたお金を投資してしまい、結果として全て失ってしまうということもあります。

ですので、あらかじめ「目標」を決めたり、「投資しないお金」を保有しておくことが大切です。

次に、②「戦略や仮説がない」という失敗パターンですが、例えば何も考えずに株式投資やFXに取り組み、お金を儲けることができるのであれば、今頃世の中はお金持ちで溢れていることでしょう。

投資する際には、「なぜ投資するのか?」「どのような投資仮説に基づいて投資するのか?」などを検討したのちに投資する必要があります。

最後に、③「資産運用の勉強しない」という失敗パターンですが、もうこれが全てと言ってしまっても過言ではないかもしれません。

投資で勝てるようになるためには、日々学んでいく以外の道はありません。

自ら学習していけば、①や②のような失敗も自然としなくなりますし、さらに新しい知識が増えていくことで、より投資の勝率は上がっていきます。

投資家タイプB(多少は自分で資産運用をしたい)が、失敗しないためには?

マネースクール

kaboompics / Pixabay

したがって、投資家タイプBの方が、資産運用において失敗の確率を下げる唯一の方法は、「投資や資産運用に関して学び続けていくこと」です。

資産運用の勉強というのは、インターネット上で情報をリサーチするのでも良いですし、本を読むのでも良いです。

また、最近ではファイナンシャルアカデミーのような信頼できる「理想のお金の知性を身につける日本初のお金のレッスンスタジオ「マネテリ」」などのマネースクールも出てきていますので、そのような学校に通うのでも良いでしょう。

お金の基礎から学びたい方向けの「マネテリ」の評判や信頼性はこちら

なお、ファイナンシャルアカデミーは「株式投資」や「FX」の学校も運営しています。

株式投資の学校の評判や口コミ、信頼性に関してはこちら

「株式投資」を基礎から学びたい方向けの無料体験講座はこちらから↓

「FX」を基礎から学びたい方向けの無料体験講座はこちらから↓

資産運用をする際には、自分の「投資家タイプ」を決めて、あらかじめ初心者が陥りやすい「失敗パターン」を把握しておき、同じような失敗をせずに資産運用を実践していくことで、豊かな老後をむかえましょう。

資産運用を学ぶ方法