不景気や不況に強い投資対象4つ!株式投資のリスクヘッジとしての運用先

2019年に入り株式市場は警戒感が強まっていると言われています。

日本では2020年には東京オリンピックが開催されるため、日本株には強気なアナリストも存在しますが、今後リーマンショックのような不景気や不況が来る可能性も十分あります。

そんな不景気や不況の時に、有効な投資先や金融商品はあるのでしょうか? 今回の記事では不景気や不況時の対策としての投資について検討したいと思います。

不景気や不況時にはおすすめできない投資

まず、今後不景気や不況が来る時と言われている時には、株式投資は積極的にはおすすめできません。

株式投資

株式市場が一度崩壊すると、リーマン・ショックの時のように基本的にどの銘柄も下落します。そのため、市場が下落トレンドだけれども、この銘柄であれば大丈夫と、株をホールドし続けるのもリスクがあります。

もちろん下落トレンドでも一時的に上昇することはあるかもしれませんが、しばらく下落トレンドが続く場合は、早めに手放す方が無難な可能性が高いでしょう。そのため、2019年時点で積極的に株式に投資すべきかというと、そうとは言い切れない状況です。

不動産投資

また、国内の不動産投資に関しても、景気が悪くなるとなかなか買い手が見つからなくなる場合もあります。

出口戦略の部分で高い値段で売却できなくなってしまうと大きな損失を抱えてしまったりもしますので、今から不動産の現物をポートフォリオに組み入れるのも、若干リスクがあるようにも思われます。

そんな中、景気にあまり左右されない投資で、逆にいつ始めてもあまり変わらない投資としておすすめなのは、以下のような投資です。

不景気や不況時におすすめできる投資とは?

ジャンル 特徴 金融商品名(評判) 公式HP
ソーシャルレンディング 株式市場の動向に左右され辛い CrowdCredit https://crowdcredit.jp/
貸付ファンド投資 株式市場の動向に左右され辛い Funds https://funds.jp/
ベンチャー企業投資 景気動向に左右され辛い FUNDINNO https://fundinno.com/
ロボアドバイザー いつ始めてもあまり変わらない FOLIO https://folio-sec.com/

それではそれぞれの詳細を確認していきます。

1. ソーシャルレンディングは景気に左右されづらい投資先

まず、ソーシャルレンディングはお金を貸したい人と借りたい人の、金融仲介サービスで、不景気や不況時に活用できる投資先として王道と言えるでしょう。

ソーシャルレンディング事業者は私たち個人投資家からお金を集めて、お金の貸出先である企業を与信判断し、そこで問題がなければお金を貸し出します。そうして無事企業からお金が返済されれば、私たち投資家の収益となります。

ソーシャルレンディングの場合は、お金が返ってくるかどうかが重要ですので、そこまで株式市場の影響を受けません。

ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

ソーシャルレンディングのメリットとデメリットを改めて整理すると、以下のようになります。

メリット
  • 債券や定期預金よりも利率が良い
  • 投資信託などよりも手数料が安い
  • 1万円などの少額から投資が可能
  • 株式市場の動向や景気動向などに影響されづらい
  • 商品によっては毎月配当金(金利)を得ることができる
デメリット
  • 元本保証ではない
  • 途中解約ができない
  • 期待利回りを下回る可能性がある

ソーシャルレンディングは、いわばミドルリスクミドルリターンの金融商品です。一度投資をしたらほったらかしで良い反面、途中解約はできません。

また、お金を貸し付けた先の倒産リスクはあります。そんな中、今のところ貸し倒れ実績がないのが、伊藤忠商事が出資するクラウドクレジットです。

クラウドクレジットは海外新興国向けの社会貢献投資がメインのサービスで、表面利回りも6〜13%と高いリターンを維持しています。

貸付ファンド投資のFundsはミドルリターンに最適

続いて、2019年にサービスをスタートして、一躍人気のサービスとなったのがfunds(ファンズ)です。fundsの運営会社であるクラウドポート株式会社は、元々はソーシャルレンディングの比較サイトを運営していました。

そのクラウドポート株式会社が始めたサービスが、貸付ファンドのオンラインマーケットfunds(ファンズ)です。


fundsの場合は、私たち投資家はファンド組成企業に投資をします。そうして、そのファンド組成企業が、上場企業のノンバンクなどにお金を貸付、そのお金が無事返済されれば、私たち投資家に収益が分配されます。

これまでソーシャルレンディング事業者の貸出先は、財務的に優良な未上場の中小企業などが多かったのですが、fundsは貸出先を上場企業や将来有望なスタートアップなどに限定することで、より安定的なリターンを目指した商品となっています。

ベンチャー企業投資は不景気にこそチャンスあり

続いておすすめできるのが、インターネットからベンチャー企業投資ができるファンディーノです。

ベンチャー企業投資は、リターンが得られる時がIPOかM&Aされた時です。ですので、不景気にベンチャー企業に投資をしようが、好景気にベンチャー企業に投資をしようが、正直その成功確率はあまり変わらないでしょう。

当たればハイリターンが得られる反面、リスクもある投資ですが、株式投資型クラウドファンディングのファンディーノを利用する場合、1社50万円までが上限となっていますので、ある程度損失は限定されています。

また、ファンディーノは満20才以上、金融資産300万円以上、投資経験1年以上の方のみが利用できるなど、ある程度の投資リテラシーが求められています。

逆に、その基準さえクリアしていれば、株式投資型クラウドファンディングを通じたベンチャー企業投資は、不景気には有効な投資先となりうるでしょう。

さらに、ベンチャー企業投資では、すでに所得が高い方の場合は、エンジェル税制を利用できる投資先もありますので、節税対策にもつながります。

長期間の積立投資なら開始時期はそこまで関係ない

最後に、近年人気が出ているロボアドバイザー投資の場合、投資の開始時期はそこまで関係ないと言えます。

もちろん一時的に大きく投資先のETF価格が下落した時にスタートをすることができれば、その分最初は含み益が出るかもしれません。ですが、非常に長い期間積立を行う意欲があるのであれば、積立投資は続けていくことが一番大切です。

そのため、コツコツと積立投資を行っていく意欲のある方にとっては、正直長い目で見れば、いつ運用を始めてもそこまで大きな差が将来的には出ないのが一般的です。

実際にいつ不況になるのかは誰にもわからない

と言いますのも、実際にいつ不況になるのかは誰にもわからないからです。

もちろん不況になって大きく値が下がったピーク時に投資できれば一番良いですが、いつが不況の「底」なのかを判断するのも、実際のところは難しいです。

そのため、完全にお任せの資産運用であるロボアドバイザーを利用するのであれば、あまり難しいことを考えずに、自分の好きなタイミングで始めるのが良いでしょう。

なお、ロボアドバイザーで長期的な資産形成をしていきたい方は、大手IT企業のLINEと提携した新しいオンライン証券「FOLIO」のおまかせ投資を活用されるのがおすすめです。