WealthNavi for ネオモバを評価!1万円からのロボアドTHEOと徹底比較

2019年4月にSBIネオモバイル証券が誕生したことで、WealthNavi for ネオモバという、1万円から始められるロボアドバイザーのサービスも誕生しました。

これまで通常のWealthNaviは最低投資金額が100万円、30万円、10万円と下がってきたものの、まだまだ1万円からは投資ができませんでした。

しかしながら、Tポイントを使って数百円から株式投資ができる「SBIネオモバイル証券」が誕生したことで、WealthNavi for ネオモバという、1万円からできるロボアドバイザーも同時に誕生しました。

筆者もSBIネオモバイル証券を使ってTポイント投資を実践しており、WealthNaviでロボアドバイザーの資産運用を実践していますので、今回はこちらの1万円からできるロボアドバイザーWealthNavi for ネオモバのメリットとデメリットを検討し、利用がおすすめな方をご紹介します。

1万円からのロボアドバイザーのメリットとデメリット

1万円からのロボアドバイザーWealthNavi for ネオモバには、メリットとデメリットがあります。まずメリットとしては、以下が挙げられます。

1万円からのロボアドのメリット
  • 1万円という少額から投資ができる
  • 入金するだけで簡単に始められる
  • 一度投資をしたらほったらかしで良い
  • 自動で国際分散投資してくれる
  • 自動で税金計算をしてくれる
  • 自動でリバランスをしてくれる
  • 日々の株価の変動が気にならない

一方で一番のデメリットとしては、以下が挙げられます。

1万円からのロボアドのデメリット
  • 十分な資産形成を行うためには資金を追加する必要がある

少額から投資ができるため、始める敷居は低いのですが、十分な資産形成を行うためには長期的には資金を追加していく必要があります。

もちろん運用パフォーマンスを鑑みて資金を追加していくのは良いのですが、1万円のみで十分な資産形成ができるかというと、そうとは言い切れないでしょう。

そのためWealthNavi for ネオモバを利用する場合は、長期的には資金を追加していく気がある方や、ロボアドバイザーがどんなものかを知りたいかたには良いでしょう。

WealthNavi for ネオモバとは?1万円からのロボアド資産運用


【公式サイト】SBIネオモバイル証券

WealthNavi for ネオモバは、WealthNaviシリーズで初の1万円から始められるおまかせ資産運用です。積立も5千円/月から行うことができるため、投資初心者でも始めやすいのが特徴です。

通常のWealthNaviでは最低投資金額が10万円からで、その後の入金も3万円以上でなければ入金できません。そんなWealthNavi for ネオモバを始めるためには、まずはネオモバイル証券に口座開設が必要です。

WealthNavi for ネオモバの口座開設は簡単で、まずはこちらからSBIネオモバイル証券の公式サイトに移動します。

WealthNavi for ネオモバの口座開設手順

その後、ネオモバイル証券に口座開設を完了させ、クレジットカード登録を行います。そうすると、WealthNavi for ネオモバの口座開設が可能になります。

そこからWealthNavi for ネオモバの口座開設を完了させると、ネオモバを利用することができます。ただし、筆者の場合はWealthNaviとSBIネオモバイル証券は、それぞれ口座を別に保有しています。

WealthNaviは公式サイトから口座開設して保有する理由


WealthNaviをWealthNavi for ネオモバではなく本家の公式サイトで口座開設して資金を運用する理由は、長期割引(手数料割引)が存在するからです。

50万円以上なら0.01%ずつ、200万円以上なら0.02%ずつ、最大0.90%まで手数料が割引されます。長期でコツコツと資産形成をしていきたい方にとっては、少しでも手数料は低い方が良いです。

また、資産運用はある程度のまとまった金額を投資しないと、リターンもほとんどなくなってしまいます。本家のWealthNaviでは、そもそも最低投資金額が10万円からとなっています。

実際のところ、ある程度のリターンを出すには10万円からの投資がおすすめです。

本家のWealthNaviで10万円を2ヶ月資産運用した結果

実際に筆者が10万円ほど投資したWealthNaviは、運用開始から2ヶ月で上記のように6,000円以上増えています。年間の手数料が1%だったたとしても、十分に含み益分のリターンで手数料は賄える見込みです。

完全にほったらかしの資産運用でこれだけ増えていますので、かけた手間や時間に対してはとても大きなリターンとなっています。初心者の方は「いつ始めたら良いかわからない…」と感じるかもしれませんが、ウェルスナビはいつ始めるにせよコツコツと長く続けることが大切です。

筆者の場合は米国株式市場が暴落した時がチャンスだと感じて始めましたが、なかなか絶対に良い投資タイミングというのは決めるのが難しいのが実情です。コツコツと毎月決まった日付に積立投資を行うのが、初心者には始めやすい方法と言えるでしょう。

1万円からのロボアドバイザーTHEO(テオ)との比較

ロボアドバイザーのユーザー数・預かり資産No.1サービスはウェルスナビですが、ウェルスナビの場合は最低投資額が10万円からとなります。一方、THEO(テオ)は1万円からロボアドバイザーを利用することができます。

ロボアドバイザーのTHEOも、基本的な機能はウェルスナビと変わりませんが、ウェルスナビが7種類のETFに投資を行うのに対して、THEOの場合は最大30種類のETFに投資を行うため、230通りの運用パターンがあるのが特徴です。

運用報酬については、THEOもWealthNaviも変わらず預かり資産残高に対して年率1%の手数料がかかります。ただし、3000万以上の部分に対しては年率0.5%となります。

また、WealthNavi for ネオモバがTポイントを利用できるのに対して、THEOの場合はドコモと提携して、dポイントがたまるTHEO+DOCOMOのサービスも展開しています。そのため、DOCOMOのdポイントユーザーの方は、THEO+DOCOMOを利用されるのが良いでしょう。

一方で、Tポイントを貯めていてそのポイントを利用してロボアドバイザーを始めたい人は、WealthNavi for ネオモバを利用されるのが良いでしょう。