上場前の株の買い方は?3種類の方法を初心者にもわかりやすく解説

上場前の株(未上場株・未公開株)を購入するためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は初心者にもわかりやすく、上場前の株の買い方についてご紹介します。

上場前の株を買う方法には何がある?3種類のやり方

まず、結論からお伝えすると、上場前の株を買う方法としては下記の3種類の方法があります。

上場前の株の買い方
  1. 株式投資型クラウドファンディングに登録する
  2. ネット証券に登録してIPO投資に参加する
  3. 個人で投資する

一番簡単なのは株式投資型クラウドファンディングを利用する方法ですが、利用できる人に限りがあります。そのため後述しますがそれ以外の方は、2番の方法を選択されるのが無難でしょう。

なお、3番の個人で投資する場合は、基本的には信頼できる知人からの紹介など、限られたルートからのみの案件となる場合が一般的です。

自身がすでにエンジェル投資家などで有名な場合は問題なく投資をすることができるかもしれませんが、世の中には詐欺のような案件もありますので、注意が必要です。

それでは、それぞれのやり方の詳細をご紹介します。

① 株式投資型クラウドファンディングを利用する場合


【公式サイト】https://fundinno.com/

株式投資型クラウドファンディングは、株式投資型クラウドファンディングは、非公開株式の発行により、インターネットを通じて投資ができる仕組みです。

投資家は1社につき50万円を上限として投資をすることができ、資金調達側のベンチャー企業は年間1億円を上限として資金調達できることが法律で定められています。今後規制が緩和される可能性はありますが、今の所はそのような規制となっています。

株式投資型クラウドファンディングのNo.1サービスがファンディーノ(FUNDINNO)で、2016年にサービスを開始し、これまでに50件以上の資金調達に成功した案件を取り扱っています。

これまでは限られた人しか投資することができなかった非公開企業への投資を、広く一般の個人投資家に提供しています。

株式投資型クラウドファンディングのサービスにファンディーノがあります。ただし、ファンディーノを利用できる人は限られますので、条件に該当しない方は後述するIPO投資を利用するのが良いでしょう。

ファンディーノ(FUNDINNO)を利用できない方

ただし、ファンディーノ(FUDNINNO)はハイリスクハイリターンの金融サービスであるため、以下のような方は利用ができません。

利用できない方
  1. 1年以上の、有価証券の売買等の投資経験がない方
  2. 金融資産を 300 万円以上保有されてない方
  3. 満 20 歳未満の方及び満 80 歳以上の方
  4. 投資資金の性格が生活費・借入金・使途確定金等の方
  5. ご本人様以外でお申込みをされる方
  6. 暴力団員、暴力団関係者あるいは総会屋等の反社会的勢力に該当される方
  7. 海外にお住まいの方、海外に居住地国を有する方等
  8. 米国市民(米国籍保有者)、グリーンカード保有者又は米国居住者の方
  9. 既に当サイトの投資家登録をされている方(重複登録は不可)
  10. 成年後見人制度に係る家庭裁判所の審判を受けた方等
  11. 外国政府等において重要な公的地位にある(あった)方及びその家族の方
  12. 法人の方(現在、法人の方の投資家登録は受け付けておりません)

上記の方に当てはまらない場合でベンチャー企業の投資を希望される方は、まずはファンディーノに事前に無料登録されるのが良いでしょう。

ファンディーノの人気案件は数分程度で募集が締め切られてしまうこともあるため、あらかじめ口座を開設しておかないと投資ができない場合もあります。

なお、ファンディーノで無料の口座開設をするためには本人確認書類の画像の提出や、後日ファンディーノから自宅に届く郵便物の受け取りが必要です

ただし、ファンディーノは口座維持手数料も取引手数料も無料ですので、まずは口座開設をされて、実際の投資案件を色々と吟味されてみるのがおすすめです。

株式投資型クラウドファンディングの利益確定について

なお、株式投資型クラウドファンディングを利用する場合は、上場していない企業に投資すること形になります。

そのため、利益が出るタイミングは、M&AやIPOが実現した時と言えます。基本的にそんなにすぐにベンチャー企業がIPOを実現することはありませんので、長期投資になることが一般的です。

もちろん、話題になったベンチャー企業が大企業から設立すぐに買収する場合もありますが、日本ではまだまだM&Aの件数は米国などと比べると多くはないです。

そのため、基本的には株式投資型クラウドファンディングは、長期的にベンチャー企業の成長の支援をしたい方などにおすすめです。

一方で、自分の好きなタイミングですぐに換金したい方や、すぐに利益が欲しい方には、次にご紹介するIPO投資に挑戦されるのが良いでしょう。

② IPO投資を利用する場合

IPO投資

IPO投資は、すでに上場が確定している銘柄に投資する形になります。未上場のベンチャー企業がIPOをすると、その直後には初値から株価が大きく上昇する傾向があります。

もちろん全ての企業がそうなるわけではありませんが、これまでにも多くの企業が上場初日に株価が大きく上昇しています。そのため、事前にネット証券からIPO投資の抽選に申し込みます。

ただし、IPO投資の場合はほとんどが抽選制です。そのため、投資したくても投資できない場合があります。SBI証券などは資金量があれば当選確率が高くなりますが、それでも確実とは言えません。

下記にIPO投資でおすすめの証券会社一覧を記載しておきますが、筆者の場合は全ての口座を保有しています。と言いますのも、口座開設は無料ですし、維持手数料もかからないからです。

IPO投資でおすすめの証券会社一覧と公式サイト

証券会社(公式HP) IPO取り扱い数(昨年) 抽選スタイル
SBI証券 86社 資金量が多いと有利(一部抽選)
マネックス証券 50社 100%完全平等抽選
楽天証券 11社 100%完全平等抽選(申込数上限あり)
ライブスター証券 3社 100%完全平等抽選
GMOクリック証券 1社 100%完全平等抽選
DMM株 2019年より開始 100%完全平等抽選

抽選の確率を上げるためには、口座を多数保有しておき、それぞれの証券会社で申し込むのがおすすめです。

筆者もSBI証券でIPOには何度か申し込んでいますが、残念ながらそれなりの資金を投入しないと中々当選しません。完全抽選がよく取り扱い数が多いネット証券が良い方には、マネックス証券がおすすめです。

ただし、SBI証券の場合は抽選に外れるとIPOチャレンジポイントをもらうことができます。IPOチャレンジポイントは、後々のIPO投資に活用することができます。

そのため、SBI証券では毎回と言ってはあれですが、気になる案件には申し込むようにすると、その後のIPO投資に役立てることはできるでしょう。筆者もSBI証券で気になるIPO投資案件には、毎回積極的に申し込むようにしています。