ファンディーノは詐欺?怪しい案件を吟味して投資判断を行うことが重要

ファンディーノ詐欺

ファンディーノは詐欺?という口コミもあるようです。

筆者の場合はファンディーノに口座開設を行って、実際に将来有望なベンチャー企業の投資案件にも投資をしていますが、「なかなか怪しい…」と思ってしまう方もいるかもしれません。

ですが、そもそもファンディーノのような株式投資型クラウドファンディング事業を行うためには、運営会社は事前に金融庁に登録を申請し、承認をもらう必要があります。

そのため、登録前の時点で厳しい審査を受けますので、きちんと免許の登録を取れている事業者であれば、事業者自体が詐欺な可能性はありません。

そこで、改めて株式会社ファンディーノの会社概要を確認してみると、以下のようになっています。

株式会社ファンディーノの会社概要

社名 株式会社日本クラウドキャピタル (英文社名 Japan Cloud Capital,inc.)
本社 東京都品川区東五反田5丁目25番18号
登録番号 第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第2957号
設立 2015年11月26日
資本金 4億360万1170円(別途資本準備金:1億8840万1070円) ※2019年4月26日時点
加入協会 日本証券業協会(加入)
証券・金融商品あっせん相談センター(加入)
事業内容 第一種少額電子募集取扱業務
FUNDINNO(ファンディーノ)の運営業務
代表者 代表取締役CEO 柴原 祐喜
代表取締役COO 大浦 学
役員 取締役 二又 浩
取締役 平石 智紀
取締役 二本柳 健
取締役 布施 知芳
取締役 守屋 実
監査役 村主 佳隆
監査役 金井 重高
監査役 石井 絵梨子
従業員数 45名 ※2019年4月26日時点
取引銀行 三菱UFJ銀行
楽天銀行
横浜銀行
信託銀行 日証金信託銀行
顧問 出井 伸之
サービスHP https://fundinno.com/

会社のホームページでの概要を確認すると、きちんと「第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第2957号」との登録があることがわかります。資本金も4億円以上あり、従業員数は45名と、2015年の会社設立から順調に規模を拡大していることがわかります。

このような実績を持つため、ファンディーノの運営会社である「株式会社日本クラウドキャピタル」自体が詐欺とは言えないでしょう。ですが、「投資案件の中には、詐欺的なものもあるのではないか?」 という懸念を持たれる方もいるかもしれません。

ファンディーノでは過去に倒産案件が発生したのは事実

以前「ファンディーノで倒産案件が出ても投資検討を続ける理由」という記事でも書きましたが、実際に過去にファンディーノでは倒産案件も発生しています。

しかしながら、ベンチャー企業への投資というのは、ハイリスク・ハイリターンな投資です。むしろスーパーハイリスク・スーパーハイリターンと言い換えても良いかもしれません。

当たればホームラン級に大きなリターンを得ることができる一方で、外れると投資した金額の全てを失ってしまう可能性もあります。

しかしながら、そもそも世の中の全てのベンチャー企業が成功するということはありません。どちらかというと、大きく成功してユニコーンと呼ばれる時価総額1,000億円以上の企業になった「メルカリ」のようなスタートアップの方が、日本では珍しい事例とも言えるでしょう。

ただし、そうは言っても確率論の問題でもあります。ファンディーノ上では、すでに54件以上の案件が資金調達に成功しています(2019年6月時点)。

この中から1社以上、メルカリ以上の大きな成功をおさめるベンチャー企業が出てきても、全然おかしくはありません。

ファンディーノでは投資する案件の見極めが非常に重要

ファンディーノに掲載されている案件は、事前にファンディーノ側でも会社の信頼性などについては審査が完了しています。その点ではある程度の安心感があります。

ただし、ファンディーノに投資をする際には、ファンディーノの投資案件のページで以下のような観点を一つ一つきちんと確認することは大切です。

ファンディーノで投資を行う際の確認点

投資時の観点
  • Business -ビジネスについて-
  • Problem -解決したい課題-
  • Solution -課題解決-
  • Product -プロダクト-
  • Market -市場獲得-
  • Advantages -優位性-
  • Business model -ビジネスモデル-
  • Milestone -マイルストーン-

筆者は上記に加えて「経営者の経歴」「経営者のSNS」「経営者のインターネット上の口コミ」などは、投資前に必ず確認します。「経営者が本当に信頼に足りうる人物なのか?」という点を確認するために、TwitterやFacebookなどでも経営者の指名検索を行い、問題がないかどうかは調査します。

自分の大切な資産を投じてベンチャー企業の応援をする訳ですので、事前に最低限そのような情報は調べてから投資されることをおすすめします。特にインターネット上のみで投資判断を下す場合、経営者との直接の対話が困難な場合は多いかと思いますので、ソーシャル上での与信判断は重要と言えるでしょう。

ファンディーノの手続きはネット上で全て完結

そのような観点で案件の見極めを行なった上であれば、ファンディーノで投資をするのは便利です。ファンディーノでは投資時に煩わしい契約手続きはなく、全てネット上で完結することができます。

投資案件の募集が始まったら応募して、その後に銀行振込で指定口座に資金を振り込めば、あとはほとんどほったらかしです。定期的にIR情報などを自分のマイページ上で確認することができますし、ニュースリリースがあればそれを確認するような形です。

このような未上場企業への投資は「手間がかからない」という点も大きなメリットと言えるでしょう。余剰資金で成長企業への社会貢献投資を行いたい方には、ファンディーノはおすすめできるサービスです。