Renosyクラウドファンディングの評判は?メリット・デメリットを比較

2018年に上場した株式会社GA Technologiesは、Renosyクラウドファンディングという不動産特化型クラウドファンディングも提供しています。

今回はRenosyクラウドファンディングの評判や口コミ、メリット・デメリットなどを他社の不動産特化型クラウドファンディングとも比較しつつご紹介したいと思います。

Renosyクラウドファンディングの評判や口コミは?

まず、ネット上の口コミからはRenosyクラウドファンディングの人気が伺えます。

実際Renosyクラウドファンディングは、募集が開始してからすぐに案件の応募は埋まり、多くの人が落選してしまったようです。

不動産特化型クラウドファンディングの先駆けはTATERU FUNDING

不動産特化型クラウドファンディングには、他には上場企業の株式会社TATERUが運営するTATERU FUNDING(タテルファンディング)があります。

ただし、2018年に株式会社TATERUは顧客の預金改ざん問題などがニュースで発覚し、大幅に株価が下落している状態です。

そんな株式会社TATERUの投資先の一つでもあるのが、Renosyを運営する株式会社GA Techonologiesです。

実際のところ(株)TATERUと(株)GA Technologiesにはそこまで大きな関係性はないと思いますが、筆者としてはTATERUの事件のこともあり、一旦様子見としています。

と言いますのも、不動産特化型クラウドファンディングには、他にもOwnersBookやFANTAS funding、CREALなどの有望サービスがあるからです。

(参考)Renosy以外の不動産特化型クラウドファンディング業者の一覧

サービス 提供業者 上場有無 公式サイト
TATERU FUNDING (株)TATERU 東証一部 https://www.tateru-funding.jp/
OwnersBook ロードスターキャピタル(株) マザーズ https://www.ownersbook.jp/
FANTAS funding (株)FANTAS technology 未上場 https://www.fantas-funding.com/
CREAL (株)ブリッジ・シー・キャピタル 未上場 https://creal.jp/

Renosyクラウドファンディングを利用するメリット


Renosyクラウドファンディングを利用するメリットは、やはり元本の安全性が確保されている点でしょう。私たちと投資家は「優先出資者」として、出資金を払い込みます。

劣後出資部分は(株)GA technologiesが払い込み、優先出資金との合計額にて運用資産を取得し、その運用資産から得られた利益がもらえる仕組みです。

運用資産の評価額が万一下落した場合であっても、その下落額は、まずは劣後出資者である(株)GA technologiesが負担します。

運用資産の評価額が30%超下落するまでは元本に影響なし

そのため、不動産評価額が運用開始時評価額の30%超下落しなければ、元本に変動はありません。

30%超の下落というのはよっぽどですので、そのような出来事が生じるのであれば、他の金融商品に投資をしていたとしても、同じように損失を被っている可能性もあることでしょう。

このような仕組みがあることに加えて、予定運用利回りは8%程度と高くなっているため、案件の募集が始まるとすぐに埋まってしまうのが現状です。

Renosyクラウドファンディングを利用するデメリット

一方で、Renosyクラウドファンディングを利用する場合には、下記のようなデメリットもあります。

投資案件は完全抽選制

例えば、先ほどご紹介した上場企業が運営するOwnersBookなどであれば、先着順で案件に申し込むことができるのですが、Renosyクラウドファンディングは抽選制です。

ある意味公平なのですが、狙った時に投資ができないというデメリットがあります。そのため確実に先着順で投資をしたい方は、OwnersBookなどの利用も検討された方が良いでしょう。

契約内容を事前に確認できない

また、実際に案件募集が開始されるまでは、契約内容や物件の詳細などを事前に確認できません。

そのため、案件募集が始まってから検討しないといけないため、あらかじめ案件を検討したい方は、事前に内容確認ができるFANTAS fundingの方が適しているでしょう。

1案件100万円までの投資上限がある

最後に、Renosyクラウドファンディングは小規模不動産特定共同事業のため、1案件100万円までしか投資ができません。そのため、合計でもっと大きな金額を運用したい方は、他社の不動産投資クラウドファンディングも併用するのが良いでしょう。

基本的に不動産投資クラウドファンディングの口座開設手数料はかかりませんし、口座の維持手数料は無料です。2018年にはCREALなど新しいサービスも始まりましたので、色々と登録してから案件を検討するのも一手です。

Renosy(リノシー)について理解するには資料請求がおすすめ

そもそももっと大きな金額の運用を検討している方は、中古マンション投資サービスであるRenosyの方を検討するのも良いでしょう。

Renosyクラウドファンディングを利用する前に、まずはRenosy(リノシー)について理解を深めた方が、安心して投資もできること良いでしょう。

今ならRenosyの公式サイトから無料の資料請求をすると、不動産投資の成功の秘訣がわかるDVDももらえます。Renosyのみならず不動産投資に関心のある方は、まずは下記から資料請求をされてみてはいかがでしょうか。

Renosyクラウドファンディングの登録から出資までの流れ

Renosyクラウドファンディングの登録

Renosyクラウドファンディングを始めるのは簡単です。

会員登録と出資者登録

まずは公式サイトの「会員登録はこちらから」をクリックし、必要事項の記載を行い、会員登録申請を行います。

その後、マイページから「出資者登録する」をクリックし、必要事項の記載を行って出資者情報の登録を行います。

成立前書面の確認・ファンドへの出資の応募

続いて、「ファンド一覧」から気に入った投資案件を選び、電子取引に係る重要事項等を確認の上、「成立前書面」に同意し、出資口数を入力して投資応募に進みます。

出資が確定したら、登録のメールアドレスに連絡がきますので、再びマイページから「成立時書面」を確認し、同意します。

資金の入金手続

続いて、Renosyクラウドファンディングの専用口座へ出資金の銀行振込を行います。入金の確認については、マイページの「取引履歴」から確認が可能です。

ファンドの運用が始まった後は、マイページの「収益明細」で運用状況の確認が可能です。

資産運用を学ぶ方法