不動産テックのベンチャー企業6選!不動産投資や民泊物件の支援サービスまとめ

不動産投資

2016年には、金融とITを掛け合わせたFinTech(Finance × Technology)がブームとなりました。

そして2017年頃から、不動産とITを掛け合わせたReTech(Real Estate × Technology)こと不動産テックの領域にも、注目が集まり始めています。

この不動産テック領域においては、テクノロジーを活用してこれまでの不動産投資の非効率性を解消したり、不動産にかかるコストを削減したりと、ユーザーにとって便利なサービスが生まれ出しています。

そこで今回は、不動産テック領域における注目のベンチャー企業をご紹介します。

1. 無料不動産投資セミナーなら「グローバル・リンク・マネジメント」

グローバルリンクマネジメント

まずは、2017年の12月に東証マザーズ市場に上場したグローバル・リンク・マネジメントです。グローバル・リンク・マネジメントは平成17年に創業し、直近の売上高は約150億円となっています。

今のところは東京中心の不動産物件の販売がメイン事業となっていますが、今後は不動産ソリューション×ITの領域に資本を投資していくようです。

そんな中、グローバルリンクマネジメントは、年収400万円以上でこれから不動産投資を始めようと検討している会社員の方向けに、毎週渋谷で無料の不動産投資セミナーも開催しています。

筆者も不動産投資セミナーに申し込みをしましたが、出欠確認の電話はかかってきますが、特にしつこい勧誘や迷惑電話などはありませんでした。

東京での不動産投資に関心のある方には、グロバールリンクマネジメントの不動産投資セミナーはおすすめです。

不動産投資

グローバル・リンク・マネジメントの評判は?不動産投資セミナーを東京で無料開催中

2017年7月19日

2. 不動産特化型クラウドファンディングなら「OwnersBook」

続いて、2017年8月には、不動産投資型クラウドファンディングのOwnersBookを運営する、ロードスターキャピタル株式会社が東証マザーズに上場承認されました。

OwnersBookは、1万円から投資が可能な不動産特化型クラウドファンディングです。投資家である私たちは、直接不動産に投資をする訳ではなく、OwnersBookが選んだ案件に投資をすることができます。

OwnersBookは私たち投資家からお金を集めて、不動産投資会社にお金を貸し付けます。そして、無事に不動産投資会社からお金が返って来れば、金利収入分がリターンとなります。

また、OwnersBookがお金を貸し出す際には、貸出先の企業を審査することに加えて、不動産担保を取得します。

ですので、貸出先の企業が万一返済できなかったとしても、取得した担保を売却することで損失を補填することができるため、リスクを抑えることができています。

OwnersBookは投資物件を確認することができて透明性が高い

また、OwnersBookは実際に投資する物件の概要を、公式サイト(OwnersBook)での無料会員登録後に確認することができます。

筆者もOwnersBookには無料の会員登録をしていますが、実際の利用経験上、期待利回りはだいたい6〜7%程度になる印象です。予定よりも早く貸出金が返済された場合は、短期間で10%を超えるリターンとなったこともありました。

不動産投資に興味があるものの元手がそこまで無い方や、不動産投資のプロ集団であるOwnersBookがどのような案件に投資をしているのかを勉強したい方などは、一度OwnersBookを使われてみても良いでしょう。

【口コミ】オーナーズブックの実績は怪しい?3年目の利用者がメリットとデメリットを解説

2017年10月10日

3. 不動産投資の支援サービスなら「GA Technologies」

GAテクノロジーズ

続いてご紹介するのはGA Technologies株式会社です。

GA Technologies株式会社は、不動産投資の支援サービス「Renosy」や、不動産投資アプリ「リノシー(投資版)」など、ITと不動産を組み合わせたサービスを提供しています。

サービスの対象は、銀行から融資を借りやすい、年収500万円以上の上場企業勤務の会社員の方などのようです。ですので、「会社に勤めながら不動産投資を始めたい」といった方に適したサービスを提供しています。

GA Technologiesも、TATERUと同じように公式サイトから資料請求をすると、無料で不動産投資のノウハウブックやDVDをもらえます。TATERUとのサービスの違いなどを確認したい方は、合わせて利用されてみても良いでしょう。

アパートメント

Renosy(リノシー)の評判は?不動産投資の初心者向けサービスを徹底検証

2017年7月18日

4. アパート1棟をIoTで経営するなら「TATERU」

続いて、IoTを活用したアパート経営サービスを提供するのが、上場企業のインベースターズクラウド株式会社(現社名:株式会社TATERU)です。

株式会社インベスターズクラウドは、2006年に創業された会社で、資本金は6億円超、従業員は400名超、売上高は約140億円もある会社です。

そんなインベスータズクラウドが提供するTATERUは、主に不動産投資(アパート経営)をして年収をアップしたい会社員の方に向けた、不動産投資の支援サービスです。

具体的には、IOTデバイスのTATERU Kitを利用して、デザイナーズアパート1棟を経営する支援をしてくれます。1億円近い一棟アパートを、自己資金+借り入れで土地も合わせて購入する形となります。

最初に1億円と聞くと大きい金額のように感じますが、基本的には銀行からローンを組んで対応しますので、上場企業勤務の方などには適しているサービスでしょう。

無料の資料請求で実際のTATERU利用者の声を確認可能

また、今なら公式サイトから資料請求をすると、TATERUを利用している不動産オーナーのコメントや、サッカーの本田圭佑氏のインタビューが収録されたDVDを無料でもらえます。

筆者も実際に資料請求をしてみましたが、IoTアパート経営の始め方から、オーナーになるまでのリアルな実態を知りたい方は、公式サイトから資料請求をされてみても良いのでないかと思われます。

他にも、1万円から不動産投資ができるTATERU FUNDING(不動産投資クラウドファンディング)などもあります。

ですので、実際に高い金額で物件を購入するのは気がひけるけど、不動産投資に興味がある…という方は、まずはTATERU FUNDINGを利用するのも一手です。

(2019年追記)2018年に株式会社TATERUは顧客の預金残高改ざん問題などで、今の所TATERU FUNDINGでは新たな募集がありません。そのため、不動産投資型クラウドファンディングを利用する場合は、OwnersBookなどを利用された方が良いでしょう。

5. 民泊開業支援サービスなら「民泊開業.com」

続いて、株式会社ピーエムシーが提供する、日本最大級の民泊開業サイト「民泊開業.com」です。

2014年にAirbnbが日本市場に参入した際は、稼働物件数(稼働物件数=月に1日でも予約された物件)は1,000件前後に過ぎませんでしたが、14ヶ月後の2015年10月には1万件を突破し、直近では3万件を突破しています。

このような盛り上がりをみせる民泊市場において、民泊開業ドットコムは、全国の民泊許可物件のみを対象にした「転貸、売買、譲渡」に絞って開業したい方向けに、優良な民泊物件や代行業者を紹介するサービスを提供しています。

民泊開業ドットコムのサービス内容

民泊開業ドットコムのサービス内容
  • 優良物件(転貸、譲渡)のご紹介、専門家サポート
  • 民泊物件の閲覧・問い合わせ
  • 民泊想定収入を表示
  • 詳細住所表示
  • 非公開物件の提案
  • 民泊運営代行業者より運営シミュレーション(見積)依頼

民泊開業ドットコムに会員登録をすると、1年間5万円で上記のようなサポートを受けることができます。

民泊ビジネスに関心のあるものの、何から始めたら良いのか分からない方などは、公式サイトから確認してみてはいかがでしょうか。

6. 民泊物件探しなら「株式会社スペースエージェント」

最後に、民泊物件.comを運営する、株式会社スペースエージェントです。民泊物件.comは簡単に言うと「転貸可能な物件」のみを掲載しているウェブサイトです。

例えば一般的に普通に住んでいる家を他人に貸し出すことは、契約上できなくなっています。また、賃貸物件を他人に貸し出すことも禁止されている場合が多いです。

そこで民泊物件.comでは、民泊利用のための転貸の許可が出た物件情報のみを掲載しており、これから民泊やAirbnbを始めて資産運用を開始しようという方にとって、便利なサービスとなっています。

民泊やAirbnbによる資産運用や副業に関心のある方は、まずは無料会員登録をしておいても良いでしょう。

(2019年更新)不動産テックのベンチャー企業とサービス一覧

企業名 サービス概要 公式サイト
グローバルリンクマネジメント 不動産投資セミナー、不動産投資支援 不動産投資セミナー
ロードスターキャピタル 不動産特化型クラウドファンディング OwnersBook
インベスターズクラウド IoTアパート経営支援サービス TATERU
インベスターズクラウド 不動産特化型クラウドファンディング TATERU FUNDING
ブリッジ・シー・キャピタル 不動産特化型クラウドファンディング CREAL
FANTAS Technology 不動産特化型クラウドファンディング FANTAS Funding
GA Technologies 不動産投資支援サービス GA technologie
スペースエージェント 民泊物件のポータルサイト 民泊物件.com

以上になりますが、上記の会社以外にも「不動産テック」の事業を展開している会社はたくさんあります。

2018年にではCREALやFANTAS Fundingなどのサービスも追加されましたので、今後この不動産テックの領域がますます盛り上がっていくことは、間違いないでしょう。