富裕層向けの資産運用には何があるのか?人気の金融商品は?

富裕層向けの資産運用には何があるのでしょうか?

まず、富裕層の定義によりますが、例えば純金融資産が10億円以上あるような方の場合、個別の金融商品ではなく、プライベートバンクやファミリーオフィスを利用していることもあるでしょう。

他にも、人によっては未上場企業(ベンチャー企業)へのハイリスク・ハイリターン投資を通じて、若者支援や社会貢献投資などをしていることもあるかもしれません。

そこで今回は、それらの投資先以外で、富裕層向けの資産運用として一般的な方法をいくつかお伝えします。

富裕層向けの資産運用としての私募ファンド

まず、数千万円の資金の運用先として良く選択される資産運用先は、おそらく私募ファンド(ヘッジファンド)でしょう。

海外不動産の場合は若干ハードルが高いですし、他にもワイン・絵画・切手・コインなども選択肢としてはありえると思われますが、この辺りは好みによることが多いでしょう。

一方で海外のヘッジファンドであれば、日本にお住まいであっても、例えばヘッジファンドダイレクトなどの仲介業者を通じての投資が可能となります。

海外ヘッジファンドを利用するメリット

ヘッジファンドの良いところは、日本で販売されているような投資信託とは異なり、絶対利益追求型の資産運用スタイルな点です。

ですので、これまでに実績のある海外のヘッジファンドであれば、年利10数%〜20数%ものリターンが見込めることが一般的です。

ただし、海外のヘッジファンドであれば絶対確実に儲かるという訳ではありません。ですので、実際に利用するヘッジファンドは、慎重に検討する必要があります。

また、一応日本にも圧倒的な実績を誇る独立系資産運用会社は、一社だけあります。レオスキャピタルワークス株式会社という会社で、ひふみ投信という投資信託を提供しています。

R&Iファンド大賞4年連続受賞の独立系資産運用会社

ひふみ投信は主に日本の成長株にフォーカス投資をした投資信託で、2008年9月末に基準価格1万円でスタートしましたが、2018年には5万円を超えました。

約10年間で基準価格は5倍にもなっていますので、完全にほったからしの資産運用としては、十分すぎるほどのパフォーマンスです。

近年はレオスキャピタルワークスの代表の藤野氏がカンブリア宮殿などのTVに出演したことなども合間って、ひふみ投信の人気が上昇しており、純資産総額は1500億円に到達しようとしています。

ひふみ投信は購入時も解約時も手数料は無料

また、ひふみ投信は手数料も信託報酬の1.0584%のみで、口座開設手数料や口座維持手数料は無料、購入時や解約時にも手数料はかかりません。

さらにひふみ投信の場合、5年以上の保有で0.2%、10年以上の保有で0.4%の手数料還元があるため、長期保有すればするほどお得な手数料体系となっています。

筆者もひふみ投信には口座を保有していますが、例えば現在日本の成長株にはあまり投資をしていないような方でしたら、資産運用のポートフォリオの一つとして利用するのはありかとは思われます。

海外ヘッジファンドを利用するデメリット

続いて海外ヘッジファンドの話に戻りますが、ヘッジファンドは絶対利益追求型というメリットがある一方で、海外ヘッジファンドにはデメリットもあります。

例えば、ヘッジファンドと直接契約した場合、預けたお金を解約するためには、通常45日前に通告する必要があります。

そのため、運用をやめたいと思った時にすぐに解約できるひふみ投信のような独立系の投資信託よりも、資金の流動性は低くなります。

また、ヘッジファンドはリターンが高い分、若干手数料も高いです。一般的には運用報酬として年間2%、成功報酬(キャピタルゲイン)の20%程度は手数料として取られます。

通常の投資信託の場合は、アクティブ型の投資信託でも年間運用報酬は1.5%程度ですので、それらと比べるとヘッジファンドの手数料は高いと言えます。

数千万円を資産運用する場合は分散投資が無難

ただし、数千万円を一気に運用したいと考えているような富裕層にとっては、引き続き海外ヘッジファンドなどは資産運用先の一つであるとは言えるでしょう。

しかしながら、一つの投資先に全財産を突っ込んでしまっては、その一つがダメになった場合の打撃が大きすぎます。

そのため、結局のところ様々なアセットクラスに分散投資をするのが一番無難です。

ロボアドバイザーやソーシャルレンディングを併用するのも一手

例えば現在では、ウェルスナビなどのロボアドバイザーや、OwnersBookなどのソーシャルレンディングなど、投資できる対象も増えてきています。

また、日本円だけに限るのではなく、日本円だけでなく外貨にも分散投資をしておくことで、日本がインフレになって日本円の価値が下がった時のリスクヘッジとなることは確実です。

他にも、世界一の投資家ウォーレンバフェットが推奨するように、米国株式へのインデックス投資(S&P500連動の投資信託など)も選択肢に入れるのも一手でしょう。

ぜひ自分にあった資産運用先を利用して分散投資をしつつ、着実に資産を増やしながら守っていきましょう。

資産運用を学ぶ方法