マネテリの評判は?ファイナンシャルアカデミーは怪しい?受講者の口コミ

マネースクール

当サイトにても何度か紹介している、日本唯一のマネースクール「ファイナンシャルアカデミー」ですが、最近ではお金のレッスンスタジオ「マネテリ」 という、資産運用の初心者向けのマネー講座も開設しています。

筆者も実際にファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」や「株式投資スクール」の無料体験会に参加し、「不動産投資スクール」には30万円払って参加しましたが、特段怪しい業者ではありませんでした。

そこで今回は、「マネテリ」の評判や信頼性に加えて、改めて運営会社「ファイナンシャルアカデミー」の信頼性などをご紹介し、最後に「マネテリ」の受講に向いている人などをご紹介します。

ファイナンシャルアカデミーのマネテリとは何か?

マネースクール

まず、「マネテリ」は「お金の不安があるけど、なにをすればいいかわからない」 という人に対してのお金のレッスンスタジオです。要は、主に女性向けの習い事やおけいこのお金版といったところです。

2015年だけでも7,000人超が受講していますので、かなり人気の総合マネースクールとなっています。このようにかなりの人数の方に講義を実施していますので、お金の問題を解決したノウハウなども蓄積されていることが想定されます。

マネテリのレッスン内容

レッスン内容
  • 貯金
  • 住宅
  • 保険
  • 収入アップ
  • 資産運用
  • 結婚
  • 家計管理
  • ライフプラン
  • マイホーム
  • ハワイ移住
  • 相続

マネテリのレッスン内容の一部はこのようになっていますが、要は受講すると基本的な「お金」に関することが全て学べる内容となっています。

マネテリの評判や口コミ、特徴は?

インターネット上でのマネテリの評判は良いようですが、マネテリの特徴は主に以下の3つに集約されます。

マネテリの特徴
  1. 初心者でも将来不安を消せる知性が身につく
  2. お金が貯まる仕組みを作る方法を学べる
  3. その結果、お金オンチから卒業できる

これらにプラスして、受講した場合は、受講生同士のネットワーキングもあるでしょう。なお、受講生の8割程度は女性の方のようで、20代〜30代ぐらいの若い方もいれば、40代以上の方もいらっしゃるようです。

「マネテリ」に限らずファイナンシャルアカデミーは各講座で無料体験がありますが、無料体験に参加したからと言ってしつこく勧誘されることはありません。

また、生徒からの受講料で成り立っている会社ですので、特に金融商品を売りつけられることもありません。筆者が参加した際にも特にそのようなことはありませんでした。

冒頭にもご紹介しましたが、ファイナンシャルアカデミーは「マネテリ」だけでなく、「お金の教養講座」など、幅広く資産運用の勉強ができる講座を開催しています。

筆者も「お金の教養講座」は実際に無料体験会には参加したのですが、初心者が資産運用の基礎知識をつけるのには非常に良い機会かと思いましたので、男性の方などはそちらに参加されてみても良いかもしれません。

【口コミ】お金の教養講座に実際に参加した感想と向いている人

2017.10.13

もちろん女性の方で受講されている方もいらっしゃいますので悪しからず。

マネテリのコース・料金・カリキュラムは?

マネテリ

続いて「マネテリ」のカリキュラムの詳細についてですが、基本カリキュラムは「50種類以上(2017年2月時点)」あります。それぞれのコースの料金は下記になっています。

コースと料金
  • 人生を変える家計管理&資産運用コース:月々7,800円(税別)
  • いまを変える家計管理コース:月々3,900円(税別)
  • 未来を変える資産運用コース:月々3,900円(税別)
  • 学びを習慣に月謝コース:月々5,900円(税別)

基本カリキュラム以外にも様々な「おすすめレッスン」もあり、自分が気になるレッスンを選べるようなスタイルになっていますので、関心度の高い領域を詳しく学ぶことができます。

マネテリの受講に向いている人

女性

以上を踏まえて、マネテリの受講には以下のような方が向いているかと思います。

向いている人
  • 将来に対して漠然とした不安がある方
  • 投資や金融と聞くと倦厭してしまう方
  • 資産運用に興味はあるものの、取り組めていない方
  • お金について学びたい方
  • 何か新しいおけいこを探している方

これまで資産運用や投資について学んだことがないけれども、今後は将来のために学んでいきたいという意欲のある方や、ちょっと話を聞いてみようかなという方は、一度無料体験会に参加してみても良いかと思います。

マネテリの無料体験会はこちらから↓

ファイナンシャルアカデミーの会社の信頼性は?

会社の信頼性

続いては、そもそも運営会社の「ファイナンシャルアカデミー」は大丈夫なの?かというところをご紹介します。まず、ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけるための、日本唯一の総合マネースクールです。

マネースクールのため、特定の金融商品の販売や紹介を行うわけではなく、受講生向けの講座の授業料で成り立っている形となっています。変に金融商品を売りつけられたりする訳ではないということです。

また、ファイナンシャルアカデミーでは、これまでにご紹介してきたお金のレッスンスタジオ「マネテリ」だけでなく、株式投資の学校や不動産投資の学校など、金銭教育に関する様々なカリキュラムを用意しています。

創立は2002年で業歴は長く、現在では東京校と大阪校だけでなくニューヨーク校もあります。また、通信制やWEBでの受講も可能となっていますので、遠方にお住いの方でも受講できる形となっています。

実際にこれまでには延べ43万人が受講していますので、それなりの実績があるマネースクールと言えるでしょう。

ファイナンシャルアカデミー

このようにすでに多くの受講生がいるという点は、会社としては信頼に値します。それでは、そんなファイナンシャルアカデミーを経営する代表は、信頼のおける人物なのでしょうか?

代表「泉正人」氏の経歴や信頼性は?

代表の泉正人氏は著作が多数あるのですが、経歴については下記になります。

経歴
  • 高校中退し美容師を目指す(年収:150万) 16歳~22歳
  • トップスタイリストを断念し、職を転々(年収:130~250万) 22歳~23歳
  • 中古車検索サイト運営会社に就職(年収:400万) 24歳
  • 高級オーディオ インターネット通販開始(年収:1000万) 27歳
  • 日本ファインシャルアカデミー設立(年収:1500万) 28歳
  • 初めて不動産物件購入(年収:3000万) 29歳
  • 十数件の不動産物件所有(家賃収入:年間2億円) 31歳

現在は40歳以上のようですが、「お金を稼ぐ」という点においては、圧倒的な実績を残していると言えるでしょう。

ですが、「絶対的に信頼できる人物なのか?」というと、なんとも情報が不足している部分ではありますので、アドバイザリーボードメンバーを確認します。

ファイナンシャルアカデミーのアドバイザリーボードメンバー

アドバイザリーボードメンバー

こちらを確認すると、錚々たるメンバーがアドバイザリーボードメンバーにいることが分かりましたが、改めてその経歴を確認しておきましょう。

岩井 重一氏

1968年中央大学法学部卒業。1969年司法試験合格。1972年弁護士。2004年東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長兼務。日本司法支援センター(愛称法テラス)時代には、常勤弁護士推進本部長として、市民と司法の架け橋を目指し、司法アクセスの改善のための取り組みを行なった。

漆 紫穂子氏

1961年東京都品川区生まれ。中央大学卒業後、早稲田大学国語国文学専攻科修了。品川女子学院は「28プロジェクト~28歳になったときに社会で活躍する女性の育成」を目指し、生徒と社会を結ぶ学校作りを実践している。著書に『女の子が幸せになる子育て』(かんき出版)がある。

竹中 平蔵氏

1951年、和歌山県生まれ。慶應義塾大学名誉教授、東洋大学国際地域学部教授。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務める。 ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。

森本 美成氏

1947年和歌山県和歌山市生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒。野村證券時代は外国株式営業の立ち上げと営業展開に参画し、ジャフコ移籍後は、ベンチャー企業の発掘、投資の第一線で活躍した。現在もそうしたベンチャー企業経営者との人脈が豊富である。

以上より、これまで40万人以上の受講生もいますし、様々なジャンルのプロフェッショナルを集めたメンバーで固められていることがわかりましたので、会社としての信頼性はこれでクリアできたように思います。

マネテリの評判や信頼性に関するまとめ

Class

以上を踏まえて、マネテリ及び、ファイナンシャルアカデミーという会社の信頼性は大丈夫と判断できます。

将来に対して漠然とお金の不安がある方やこれから資産運用を始めようとされている方、お金について学んでみようと少しでも思っている方は、一度お金のレッスンスタジオ「マネテリ」の無料体験レッスンを受けてみても良いのではないでしょうか。

無料体験レッスンはこちら↓

資産運用を学ぶ方法