【米国株に30万円投資】おすすめネット証券と始め方を初心者に解説

米国株投資

米国株に投資をしようかと検討したものの、どこのネット証券を使って始まるべきか、何に投資すべきか迷っている方に、おすすめのネット証券と始め方をご紹介します。

筆者の場合はSBI証券で米国株PGに30万円ほど投資中

筆者の場合は、口座数500万を突破した大手ネット証券のSBI証券を使って、有名な高配当の米国株であるP&Gなどに投資をしています。

P&Gを選んだ理由は、日常の消費財を取り扱っており、仮にこれから不景気になっても安心して保有し続けられる銘柄だからです。さらに、30万円を初期投資したあとは、コツコツと時間を分散させて積立投資をしていく予定です。

短期での売買はせず、じっくりとコツコツ積立投資を予定しています。なお、SBI証券を利用している理由としては、一番手数料が安いからです。

SBI証券は米国株購入時の手数料が安い

具体的には、30万円の元手であれば、住信SBIネット銀行で30万円ほど米ドルに交換し、その米ドルをSBI証券に入金し、米ドルから米国株を購入するのが一番手数料が安くなります。

住信SBIネット銀行の普通預金から外貨預金の米ドルを購入する際の為替スプレッドは4銭と、ネット銀行の中でも圧倒的に安く、さらにSBI証券からの購入手数料もネット証券で最安です。

一方で楽天証券やマネックス証券は日本円から日本円から直接米国株を購入することができますが、その際のスプレッドが高いのです。

初心者がこれから米国株投資を始めるならSBI証券がおすすめ

株式投資

米国株投資ができるネット証券は限られていますので、その中から個別銘柄の多さや、手数料の安さなどを比較して選ぶことが大切です。

そのため、筆者はあらかじめ住信SBIネット銀行で米ドルに交換し、その米ドルを用いてSBI証券で米国株を購入しています。これから米国株投資を始めようという初心者の方は、まずは住信SBIネット銀行SBI証券に口座開設されるのが良いでしょう。

資産が日本円や日本株に偏っている方には米国株投資はおすすめ

現在資産が日本円や日本株などに偏っている方には、米国株投資はポートフォリオのリスク分散の観点からもおすすめです。

有名な株価指数である米国S&P500と日本のTOPIXを比較しても、その差は一目瞭然です。日本の大企業はこの10年ほど全然成長していないのに対して、米国の大企業はこれまでもずっと成長してきています。

実際に日本企業と米国企業の平均ROEを比較すると、日本企業は8%以下であるのに対して、米国企業は15%程度と、圧倒的に米国企業の方が高く、投資対象として検討できるのです。

日本株は中小小型株ならハイリターンが得られるチャンスあり

もちろん日本株についても、マザーズ上場などの中小小型株に投資をするのであればチャンスはありますし、筆者もSBIネオモバイル証券を使ってTポイントで投資をしています。

SBIネオモバイル証券は月額220円で、国内株式約定代金50万円まで取引し放題で、なおかつ余ったTポイントで日本株を1株から購入することができるからです。毎月固定Tポイントを200ptほどもらえますので、実質は月額20円でサービス利用が可能です。

ちなみに筆者の場合は、業績不振株である株式会社TATERUなどに投資を行っています。

SBIネオモバイル証券

株式会社TATERUは、もともと時価総額が1000億円を超えていた不動産テックカンパニーでしたが、2018年の顧客の預金改ざん問題で大きく株価が下落しました。

筆者は創業者オーナーが経営していることもあり、こちらの企業の復活にかけて投資を行っています。今後どうなるかはわかりませんが、もともと余ったTポイントを使っての投資になりますので、最悪無くなっても良いお金です。

長い目で数年スパンで投資をしていくつもりですので、引き続き保有予定の銘柄です。

大企業の高配当株は米国株についていくのが懸命

米国株投資

ただし、大企業への投資については米国株にくっついていった方がチャンスはあると言えるでしょう。もちろん、これまで米国株が成長してきた仮定がありますので、今後さらなる成長が見込まれるかどうかはわかりませんし、一時的な景気後退の可能性も十分にあります。

しかしながらそうはいっても日本よりも米国の方が将来的な成長可能性は高いかとは思われますので、筆者としては大企業の高配当株については引き続き米国株へ積立投資をする予定です。実際にSBI証券では、P&G以外にも以下のような有名銘柄に積立投資を行っています。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで外国株式取引を-

続いてここからは、米国株投資ができるネット証券の特徴を比較しつつご紹介します。

初心者が米国株投資をするならSBI証券が一番おすすめ

取り扱い銘柄数 約1,350銘柄
取引手数料(現物取引) 約定代金の0.45%
運営企業の時価総額 約5,000億円
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト https://www.sbisec.co.jp/ETGate
おすすめポイント
  • SBI証券は口座開設数が500万以上(2019年12月時点)と、国内ネット証券においてNo.1のユーザー数を保有するネット証券です
  • SBIネオモバイル証券ではTポイントから株式投資やロボアドバイザー投資ができるようになったりなど、今後のサービス発展にも期待できる証券会社です
  • SBI証券のスマホアプリは非常に使いやすく、画面も見やすく、取引手数料も同業他社比安くなっています
  • また、PTSという夜間取引も可能なため、平日が忙しい会社員の方にもおすすめできます

手数料安く豊富な銘柄数から選びたいならサクソバンク証券

取り扱い銘柄数 約6,000銘柄
取引手数料(現物取引) 約定代金の0.20%
運営企業の時価総額 非上場(デンマークの投資銀行)
おすすめ度 ★★★★・
公式サイト https://www.home.saxo/ja-jp
おすすめポイント
  • サクソバンク証券は、米国株に限らず海外株式取引で人気のネット証券の一つで、2,000銘柄以上の中国株式や、3,000銘柄以上の欧州株式も取り扱っています
  • 他社のネット証券よりも取り扱いの銘柄数が多く、取引手数料も安い点が特徴ですが、日本ではまだ地名度が高くない点がネックです
  • サクソバンク証券の親会社のサクソバンクはデンマークの大手投資銀行で、日本では過去にFX会社などを買収したことなどがある実績のある会社です
  • ただし、サクソバンク証券は特定口座を利用することができなかったり、画面が見づらかったりと初心者にはハードルが高いので、中級者以上におすすめのネット証券です

楽天ポイントを貯めているなら楽天証券がおすすめ

取り扱い銘柄数 役1,400銘柄
取引手数料(現物取引) 約定代金の0.45%
運営企業の時価総額 約1兆円
おすすめ度 ★★★★・
公式サイト https://www.rakuten-sec.co.jp/
おすすめポイント
  • 楽天証券は口座開設数が300万以上(2019年12月時点)ほどの国内2位のネット証券会社で、楽天グループはまさに日本を代表するインターネット×金融の企業と言えるでしょう
  • 楽天証券に口座を開設すると、日本経済新聞が無料で読めたり、楽天銀行との連携で普通預金金利が0.1%になったりします
  • また、楽天ポイントで株式投資や投資信託に投資をすることができたり、楽天カードで投資信託を積立投資できたりと、既存の楽天サービスとの親和性が高い点が特徴です
  • すでに楽天市場や楽天銀行など、何かしらの楽天のサービスを利用されている方にはおすすめです
  • ただし、米国株投資についてはSBI証券に優位性があるため、筆者は楽天証券では楽天カードでの投資信託購入に利用しています

マネックス証券は取り扱い銘柄数が多く特定口座対応が特徴

取り扱い銘柄数 約3,300銘柄
取引手数料(現物取引) 約定代金の0.45%
運営企業の時価総額 約1,000億円
おすすめ度 ★★★・・
おすすめポイント
  • マネックス証券は口座開設数が180万以上(2019年12月時点)と国内ネット証券においては3位のポジションを築いているネット証券会社です
  • 米国個別株の取り扱い種類が豊富で取引手数料も安く、特定口座にも対応しているため、サクソバンク証券よりも初心者向きのネット証券です
  • マネックス証券はマネックスアドバイザーやマネラップなどのロボアドバイザーサービスも提供していますので、様々な新しい金融サービスを利用してみたい方には良いでしょう

以上になりますが、基本的に米国株投資で一番お勧めできるのはSBI証券です。Tポイント投資ができるSBIネオモバイル証券と合わせて利用されるのが個人的には一番お勧めです。