未公開株は儲かるの?詐欺案件もあるため投資時には注意が必要

詐欺

未公開株は儲かるのでしょうか?

未公開株への投資で実際に億万長者になった事例

未公開株への投資で億万長者になったり、莫大なリターンを得た事例は、世界中に多くあります。

自動車のシェアリングエコノミーサービスの「Uber」

例えば、「エンジェル投資家という本を執筆したジェイソン・マッケイブ・カラカニス氏は、初期のUberに2万5000ドルを投資したことで、2018年には3億6000万ドルの評価額となりました。これによって一生使い切れないほどの富を手にしたともいえるでしょう。

世界中で使われているSNSの「Facebook」

他にも、「ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか」という本を執筆し、決済サービスの「ペイパル」の創業者として著名なピーター・ティール氏は、初期のFacebookに5500万円程度を出資したことで、IPO時には1,000億円以上の評価額となったようです。

これらは世界的にも有名な莫大なリターンを得た「エンジェル投資」の事例ですが、日本においても同じように未上場株への投資で大きなリターンを出している事例はあります。

フリマアプリの「メルカリ」

例えば、東証マザーズに上場しているユナイテッド株式会社は、初期のメルカリに3億円ほどの投資をしたことで、メルカリの新規株式公開(IPO)に伴って保有株の一部を売却し、120億円もの利益を計上しています。

米国や中国などの投資環境と比べると、日本にはまだまだ大きな成功事例は少ないかもしれませんが、当たればリターンが非常に大きいのが未公開株への投資の魅力です。

投資する際には詐欺案件もあるので投資時に注意が必要

詐欺案件

しかし、未公開株へ投資をする際には、詐欺のような事例も非常に多いため、注意が必要です。

特に世の中には怪しい投資家と起業家のマッチングサイトなどもありますので、そのようなサイトはあまりおすすめできません。投資家側で登録したとしても、見ず知らずの起業家に投資をするのはかなりリスクがあります。

せっかく未上場企業へ応援も込めて投資をするのであれば、詐欺のような案件ではなく、しっかりとした企業に投資をしたいものです。そこで、一般の個人投資家が詐欺案件に合わずに未公開株へ投資する場合は、株式投資型クラウドファンディングを活用するのがおすすめです。

未上場株へ投資できる株式投資型クラウドファンディングとは?


【公式サイト】https://fundinno.com/

株式投資型クラウドファンディングとは、インターネットを通じて、1社50万円を上限として未上場会社に投資できるサービスです。インターネットを通じて投資ができますので、登録も簡単で、面倒な紙ベースでの契約手続きなども不要です。

そんな株式投資型クラウドファンディングには、取引量日本No.1のファンディーノ(FUNDINNO)というサービスがあります。ファンディーノは2016年に設立された、日本初の株式投資型クラウドファンディング事業者です。

株式投資型クラウドファンディング事業者は、金融商品取引業者として金融庁への登録が必要になります。そのため、そもそも一定の信頼がある業者しか登録をとり、事業を営むことができません。

株式投資型クラウドファンディングのメリット

株式投資型クラウドファンディングのメリットとしては、詐欺のような案件が掲載されないというメリットがあります。

あらかじめ株式投資型クラウドファンディング事業者は金融庁に登録される必要がありますので、そもそもの事業者の信頼性が担保されています。もちろん全てのベンチャー企業が成功するわけではありませんので、当然ながら儲かる投資もあれば損失が出てしまう投資もあるでしょう。

しかしながら、最初から一定の信頼のあるベンチャー企業に、インターネットから簡単に投資ができますので、この点は非常に便利と言えるでしょう。また、ファンディーノの場合は毎月新しい案件がサイトに掲載されますので、そちらから案件の内容を検討して、投資判断を下します。

投資金額は12.5万円〜50万円の幅で投資をすることができ、面倒な契約手続きなども全てインターネット上で完結します。口座開設手数料や口座維持手数料、取引手数料なども無料です。

株式投資型クラウドファンディングのデメリット

一方で、株式投資型クラウドファンディングのデメリットは、投資上限が50万円と決まっている点です。また、一度投資をしたらしばらくは換金できません。

なぜなら、基本的に未公開株を換金できるタイミングというのは、M&Aされた時や、IPOが行われた時です。特にIPOをベンチャー企業が達成するためにはそれなりに時間がかかるのが一般的ですので、長い目でみて長期投資をする必要があります。

株式投資型クラウドファンディングは利用できる人が限られている

さらに、株式投資型クラウドファンディングは利用できる人が限られています。例えばファンディーノの場合は、下記のような方は利用することができません。

ファンディーノを利用できない方
  1. 1年以上の、有価証券の売買等の投資経験がない方
  2. 金融資産を 300 万円以上保有されてない方
  3. 満 20 歳未満の方及び満 80 歳以上の方
  4. 投資資金の性格が生活費・借入金・使途確定金等の方
  5. ご本人様以外でお申込みをされる方
  6. 暴力団員、暴力団関係者あるいは総会屋等の反社会的勢力に該当される方
  7. 海外にお住まいの方、海外に居住地国を有する方等
  8. 米国市民(米国籍保有者)、グリーンカード保有者又は米国居住者の方
  9. 既に当サイトの投資家登録をされている方(重複登録は不可)
  10. 成年後見人制度に係る家庭裁判所の審判を受けた方等
  11. 外国政府等において重要な公的地位にある(あった)方及びその家族の方
  12. 法人の方

逆に、上記の方以外であればファンディーノの利用が可能ですので、未公開株へ安全に投資をしたい方は、ファンディーノの口座開設を検討されてみるのが良いでしょう。

詐欺案件に合わずに未公開株に安全に投資する方法のまとめ

以上になりますが、基本的には安全に未公開株に投資するには、株式投資型クラウドファンディングを利用するのがおすすめです。

今のところは1社50万円までしか投資ができませんが、今後株式投資型クラウドファンディングに対する規制が変わっていく可能性もあるでしょう。

また、日本ではファンディーノに案件が集まっており、他の事業者はほとんど案件がないような状況ですが、海外でも株式投資型クラウドファンディングの市場は拡大しており、今後日本でも株式投資型クラウドファンディングのプレイヤーが増えていくことは想定されます。

未公開株への投資が人気になって投資ができなくなる前に、今のうちからまずはファンディーノに無料の口座開設をしておき、気になった案件を検討したりするのがおすすめです。