SMBCロボアドバイザーの評判は?WealthNavi含む他社と比較してデメリットを検討

SMBCロボアドバイザーの口コミです。

SMBCロボアドバイザーのメリット・デメリット、ウェルスナビなどの他ロボアドバイザーとの比較を通じて、SMBCロボアドバイザーの利用がおすすめな方をお伝えします。

SMBCロボアドバイザーのメリット・デメリット

私たちユーザーは、SMBCロボアドバイザーを利用して13個の質問に答えることで、世界各国の債券、株式、不動産投資信託(REIT)等へ分散投資する、ベーシックな5つのファンドを導き出してもらえます。

こうして導き出された「三井住友・資産最適化ファンド」の5つのファンドへの投資を通じて、効率的に世界分散投資を行うことができる点が、SMBCロボアドバイザーの特徴です。

SMBCロボアドバイザーのメリットとデメリットをまとめますと、以下となります。

SMBCロボアドバイザーのメリット
  • 三井住友銀行の安心感がある
  • 無料診断機能が高性能
  • NISA口座での取引が可能
SMBCロボアドバイザーのデメリット
  • ポートフォリオが三井住友銀行の投資信託のみ
  • 自分で運用しないといけない
  • リターンがそこまで高くない

三井住友銀行のブランドや安心感があるものの、実はSMBCロボアドバイザーは、完全にお任せの資産運用ができるロボアドバイザーではありません。

SMBCロボアドバイザーはWealthNaviと違って、投資判断の参考情報を提供してくれるだけであり、結局のところ運用は自分でやらないといけません。

ですので、ロボアドバイザーにお金を預けて、完全に資産運用をお任せしたい方や、ほったらかしの資産運用をしたい方には、SMBCロボアドバイザーは向いていません。

SMBCロボアドバイザーとウェルスナビの運用実績を比較

また、SMBCロボアドバイザーの運用実績を確認してみると、公式サイトには設定来の基準価格の推移が掲載されています。

SMBCロボアドバイザー騰落率
  • 安定重視型:+1.1%
  • やや安定型:+3.0%
  • バランス型:+4.6%
  • やや成長型:+5.8%
  • 成長重視型:+7.2%

一方で、ウェルスナビの2016年1月から2018年5月までのリスク許容度別リターンを、公式サイト(https://www.wealthnavi.com/performance)で確認してみます。

ウェルスナビの運用実績(円建て)
  • リスク許容度1:+5%
  • リスク許容度2:+10%
  • リスク許容度3:+14%
  • リスク許容度4:+18%
  • リスク許容度5:+21%

上記は円建ての運用実績ですが、ドル建ての場合は+9%〜+26%となっています。SMBCロボアドバイザーも2017年末時点ではリターンが出ているようですが、それ以来の運用成績は掲載されていません。

一方、ウェルスナビ(WealthNavi)であれば、きちんと公式サイト(https://www.wealthnavi.com/performance)に運用実績が定期的に掲載されています。

そのため、定期的に運用実績を公開してくれるロボアドバイザーを利用されたい方は、ウェルスナビを利用された方が良いでしょう。

また、ウェルスナビの場合は、公式サイトの無料診断から資産運用のシミュレーションが可能です。実際にどの程度のリターンが得られるのかを確認したい方は、まずは無料登録をしてシミュレーションされてみるのがおすすめです。

【口コミ】ウェルスナビのリターンは高い?株価や上場予定・関連銘柄は?

2017.07.20

SMBCロボアドバイザーの最低投資額・手数料を他社と比較

会社名 サービス名 最低投資額 手数料
三井住友銀行 SMBCロボアドバイザー 1万円 年率0.9904%程度
お金のデザイン THEO 1万円 年率1.0%(3000万円まで)
年率0.5%(3000万円超の部分)
マネックス証券 マネラップ 1,000円 年率0.991%未満(税込)
マネックスアドバイザー 5万円 年率0.487%程度(人によって変動)
ウェルスナビ ウェルスナビ 10万円 年率1.0%(3000万円まで)
年率0.5%(3000万円超の部分)

続いて、SMBCロボアドバイザーを大手ロボアドバイザーと比較してみると、手数料や最低投資額はあまり他社のロボアドバイザーと変わりはありません。

こうなってくると重要なのは、先ほどご紹介したロボアドバイザーの運用実績です。

もちろん、数千円からロボアドバイザーに取り組みたいという方であれば、マネラップ(MSV LIFE)の方が適していますが、一番大切なのは、預けた資産がきちんと増えるのか?というところです。

そのため、実際に預けた場合のシミュレーションを、まずはそれぞれの公式サイトで行ってみて、一番自分にとって良さそうなのに登録するというのも一手です。

運営会社 無料診断ページ
三井住友銀行 SMBCロボアドバイザー
お金のデザイン THEO
マネックス証券 MSV LIFE
マネックスアドバイザー
ウェルスナビ ウェルスナビ

SMBCロボアドバイザーの利用が向いている人

以上になりますが、SMBCロボアドバイザーの利用が向いている人は下記のような方です。

SMBCロボアドバイザーが向いている人
  • 三井住友銀行という安心感が欲しい方
  • 三井住友銀行のヘビーユーザーの方
  • SMBCのバランスファンドを購入したい方

つまり、すでに三井住友銀行に口座を保有している方で、三井住友銀行の投資信託を購入したいのであれば、利用しても良いのかと思われます。

一方で、大手企業の安心感が欲しいという方であれば、マネックス証券のロボアドバイザーを検討されてみるのも一手です。マネックス証券はMSV LIFE(マネラップ)とマネックスアドバイザーという2種類のロボアドバイザーを提供しています。

三井住友銀行のように、ポートフォリオがSMBCのバランスファンドに限られるということもありませんので、幅広い投資対象から最適な資産運用をしたい方は、MSV LIFEマネックスアドバイザーを一度検討されてみてはいかがでしょうか?

マネックスアドバイザーとウェルスナビ ・マネラップを比較!実績や手数料の違いは?

2018.02.14

【評判】マネラップ(MSV LIFE)のデメリットや手数料を他社と比較

2017.10.12

資産運用を学ぶ方法