オーストラリア株WAAAXに投資すべき?米国株GAFAMとの比較

オーストラリア株

米国IT業界の王道銘柄といえば「GAFAM」、中国IT業界の王道銘柄と言えば「BAT」です。

ですが、そうは言ってもこれから投資を行うには「流石にもう上がりすぎでは?」「ここから投資をしてもそこまでのキャピタルゲインは得られないのでは?」「むしろ規制リスクがあり暴落の可能性もあるのでは?」と思う方もいるでしょう。

そこで、まだまだ時価総額レベルがGAFAMなどの巨大IT企業と比べて低く、今後の成長性に期待ができると言われているのがオーストラリアのハイテク株である「WAAAX」です。この記事ではWAAAXとGAFAMについて比較しながら紹介します。

ちなみに小額から米国株に投資をするなら、1000円から投資ができるスマホ証券のOne Tap Buyがおすすめです。米国株の主要銘柄に投資することができることに加えて、パフォーマンスの良いETFなどにも簡単にスマホから投資を行うことができます。

オーストラリア株WAAAXとは?今後の成長性はどう?

オーストラリア株

「WAAAX」はオーストラリアの有名ハイテク銘柄、ワイズテック・グローバル、アッペン、アルティウム、アフターペイ・タッチ・グループ、ゼロの頭文字をとった名称です。時価総額は2020年11月末時点では以下の通りです。

WAAAX銘柄
  • WTC:約96億AUD(7,392億円)
  • APX:約37億AUD(2,849億円)
  • ALU:約46億AUD(3,542億円)
  • APT:約275億AUD(2兆1,175億円)
  • XRO:約194億AUD(1兆4,938億円)

GAFAMやBATと比べるとまだ伸び代がありそうな時価総額とは言えます。ちなみに日本円は1AUDは77円程度でざっくり計算しています。それぞれの主な特徴や株価推移は以下の通りです。

ワイズテック・グローバル【WTC】

wisetech global 株価 -

ワイズテック・グローバル(WiseTech Global Ltd)は、ロジスティクス業界にソフトウェアソリューションを提供する会社です。

2016年に上場し、順調に株価は伸びています。コロナショックで一時的に株価が下落していますが、持ち直して成長し始めているのが現状です。ここで今後も成長する可能性が高いと見込めば、投資タイミングとも言えるでしょう。

アッペン【APX】

appen 株価

続いて、アッペンはいわゆるAI銘柄と言えるでしょう。2015年に上場してから日が浅いこともあり、今後の成長性に期待ができます。

アルティウム【ALU】

アルティウム 株価

続いて、アルティウムは、エレクトロニクス製品向けソリューションを提供するグローバル企業です。1999年に上場してからしばらく株価は低迷していましたが、2014年ぐらいから大きく株価が伸びています。

アフターペイ【APT】

afterpay

続いて、アフターペイです。個人的にはアフターペイの成長速度は凄まじいものがあると考えています。

上場前までの年数も短いですし、上場後も短期間で爆速成長しています。コロナショック後の伸びも凄まじいものがありますので、今後のさらなる成長に期待する方には良い銘柄でしょう。

アフターペイはその名の通り後払いのサービスです。後払いのサービスの競合には2005年に創業されたスウェーデンのKlarna、2012年に創業されたAffirmなどがあります。Affirmは2020年に上場予定で、企業価値は1兆円と言われています。

この領域の企業は時価総額が高くなる傾向にありますが、アフターペイについてはコロナ前が絶好の投資タイミングだったかもしれません。

ゼロ【XRO】

xero

最後に、ゼロ(XERO)はクラウドベースの会計ソフトウェアプラットフォームです。クラウド会計ソフトということで、米国INTUITなどが競合になると言えるでしょう。

INTUITは優良銘柄なので筆者も積立投資をしていますが、XEROも2012年に上場して安定的に成長していますので、個人的にはXROが一番硬い投資先かなと感じました。

INTUITはすでに時価総額約930億ドル(約9兆7,650億円)と、XEROよりも遥かに成長していますので、ここからの伸びを期待してXEROに投資をしておくのはありかなと筆者も感じました。

但し直近はコロナの影響もあってか、現時点のXEROはPSRやPERがかなり高くなっているように見受けられるので、投資タイミングは重要かと思われます。クラウド会計ソフトという観点では、これからの伸びに期待して日本のmoneyforwardやfreeeに投資をするのも一つの方法です。

但し、それらの会計ソフトが海外で普及するかというとかなり厳しいのが現実かとは思いますので、あくまで日本市場での成長ということを鑑みての投資とはなるとは思われます。

GAFAMの時価総額と今後の成長可能性

GAFAM銘柄
  • Apple:1.98兆ドル
  • Microsoft:1.63兆ドル
  • Amazon:1.60兆ドル
  • Alphabet:1.21兆ドル
  • Facebook:7,912億ドル

こうして改めて米国のGAFAMの時価総額を確認してみると、WAAAX銘柄よりも遥かに時価総額が高いことがわかります。この中ではFacebookは上場年数が浅く、今後の成長可能性を期待すれば伸び代があるのかもしれませんが、それでもかなり高くなっていることは否めません。

もちろん今後とも確実に成長する企業に投資をするのであれば投資先の候補としてあり得ますが、もう少し高いリターンを得たい方の場合は、もう少し時価総額の低い銘柄を投資対象に絞った方が良いでしょう。

米国株GAFAMに投資するならETFのQQQに投資もあり

qqq

ちなみに、これからGAFAMに投資をするのであれば、ハイテクセクターに集中投資しているETFであるQQQに投資をするのも一つの方法です。

GAFAMに個別投資する場合、その企業の様々なリスクを懸念する必要がありますが、QQQなどのETFであれば、勝手にプロが銘柄選定をしてくれるからです。

qqq

銘柄も分散投資できますし、QQQはVTIなどのS&P500連動型のETFよりも更に成績がよく、今後もハイテクセクターが伸びると考えている方にはおすすめのETFです。

ちなみにそんなQQQもスマホ証券のOne Tap Buyから簡単に購入が可能です。まずは小額から投資をして、慣れてきたら大きく投資をしたい方には、1000円からスマホで投資ができるOne Tap Buyを利用されてみるのが良いでしょう。