【20代おすすめ投資】少額1万円から初心者でも始められる4つ

投資スキル

これから資産運用を始めたいけど、まだ大きな元手がない若い方や投資の初心者の方に向けて、数千円や1万円などの少額から始められる、おすすめの資産運用を4種類ご紹介します。

以前からある株式投資やFXなどには不安で手が出ない方や、投資信託は買ったことがあるけどパフォーマンスがいまいちだった方などにもおすすめできる資産運用方法になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

① 1万円からの「プロへの完全お任せ投資」

まず、資産運用を始めるにあたって最初に決めるべきことは、自分でやるのか、完全に全てをプロに任せるのかです。完全に全てをプロに任せるというのは、投資信託とは異なります。

投資信託も資産運用のプロが運用するわけですが、投資信託の場合は、星の数ほどある投資信託から、パフォーマンスが良いものを自分で選ばないといけません。従って、完全にお任せとはいかないのです。

また、例えば自分で株式投資に取り組むのであれば、株式投資や企業について学ばなければ、絶対に株式投資で勝てるようにはなりません。フィーリングでなんとなくこの企業が好きだからという理由で株を買って儲かるのであれば、今頃誰もが億万長者になっています。

従って、投資信託を選ぶのもめんどくさい、資産運用に関する勉強をするのもめんどくさい方は、プロに任せた方が良いです。そこで出てくるのが「ひふみ投信」です。

ひふみ投信は、直接契約で完全に資産運用をお任せできる投資信託です。通常の投資信託は証券会社や銀行を通じてしか購入ができないため、各種手数料なども高くなってしまっています。

また、プロに直接契約でお任せする資産運用というと他にも「ヘッジファンド」などは考えられますが、基本的にそのようなヘッジファンドに運用をしてもらうには、最低でも数百万円〜数千万円の元手が必要です。

ですが、ひふみ投信であれば月々1万円から可能なのです。完全に資産運用はプロにお任せしたいという方は、まずは「ひふみ投信の利回り20%は本当?評判やベストな買い方まとめ」をご確認ください。

② 1万円からの「不動産投資」

オーナーズブック 

不動産投資と聞くと、まずは数百万円の元手がないと難しいように感じられます。ですが、実現できたら毎月「家賃収入」が入ってきて、不労所得に近いような状態を得ることができます。

そこでおすすめなのが、「OwnersBook」という不動産投資型のクラウドファンディングサービスです。これは実際に不動産の物件を所有するという訳ではありませんが、不動産に1万円から投資が可能なのです。

どういうことかと言うと、Ownersbookは、投資家である私達からインターネット上でお金を集めて、信頼できる不動産投資会社に金利をつけてお金を貸し出します。そして、その不動産投資会社がきちんとお金を返済すれば、金利収入分が利益になるのです。

OwnersBookの良いところは、不動産投資会社にお金を貸すため、お金を貸す際に不動産担保を取得できる点です。

そのため、万一お金が返済されなかったとしても、取得した不動産担保を売却すればお金は取り戻せるため、実際のところのリスクがかなり低くなっているのです。また、過去3年間貸し倒れ実績は0です。

不動産投資信託とOwnersBookの違い

ちなみに、今までも「J-REIT」と言った、不動産に投資するファンドの「不動産投資信託」がありました。

ですが、OwnersBookは、そのような不動産投資信託よりも安価な手数料と利回りの高さ(5%〜6%以上)を実現しています。実際にOwnersBookの案件を確認してみると、例えば早期償還されて利回りが8.8%や14.6%になった案件がありました。

【口コミ】オーナーズブックは怪しい?2年以上利用して分かったメリットとデメリット

2017.10.10

このような利回りが高い案件は人気のためすぐに募集が締め切られてしまうのですが、1万円から不動産投資ができるチャンスは中々ありません。

将来的に自分で不動産の購入を考えている方なども、まずはOwnersBookに掲載されている案件を見て、不動産投資の勉強しておくというのも良いでしょう。

OwnersBookの運営会社の信頼性

また、OwnersBookを運営する「ロードスターキャピタル株式会社」は順調に業績を伸ばし、設立からわずか5年でマザーズ市場に上場を果たしました。

ロードスターキャピタルの評判は?株価はどうなる?マザーズに上場したので入念に調査

2017.08.26

代表取締役の岩野達志氏は、東京大学農学部を卒業後、一般財団法人日本不動産研究所に入社、ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパンを経て、ロックポイントマネジメントジャパンLLCにて経歴を積まれた、いわば不動産投資のプロです。

このように企業にも経営者にも信頼がおけますので、不動産投資に関心があり、まずは1万円からの資産運用に取り組んでみたい方は、ぜひ一度OwnersBookを検討してみてください。

【口コミ】オーナーズブックは怪しい?2年以上利用して分かったメリットとデメリット

2017.10.10

③ 1万円からの「ソーシャルレンディング」

おすすめソーシャルレンディング 

続いてご紹介するのは「ソーシャルレンディング」という新しい金融商品です。ソーシャルレンディングとは、「お金を借りたい人・企業と、お金を貸したい人・企業とのインターネット上でのマッチング」です。

ソーシャルレンディング事業者は、インターネット上でお金を投資したい人を募り、その資金を元に、お金を借りたい企業に金利をつけてお金を貸し出します。また、ソーシャルレンディング事業者は、当然どの企業にお金を貸すかの審査をしていますので、無差別に誰にでも貸し出す訳ではありません。

ソーシャルレンディング事業者は現在では日本に数十社ありますが、事業を始めるにあたっては金融庁への登録も必要であり、数年の準備がいるため、きちんとした企業でなければ事業を始めることすらできません。

なお、欧米では10年ほど前からソーシャルレンディングは人気な金融商品となっており、2006年に設立された米国のLending Club(レンディングクラブ)という会社は、2014年にはニューヨーク証券取引所に上場し、時価総額1兆円企業にまで成長しました。

ソーシャルレンディングの魅力とは?

クラウドクレジット

ソーシャルレンディングの魅力は、何と言っても高い利回りと、一度投資したらほったらかしで良い点です。

これは、融資先に高い金利で貸し出しをしているため、お金を預けている投資家(出資者)にも、高い利回りを還元できるのです。また、期間も数ヶ月から3年程度と長いため、一度投資したらしばらくは気にしないで良いのです。

例えば、ソーシャルレンディング事業者の「クラウドクレジット」は、期間が2〜3年程度、利回りが10%以上の金融商品も多数取り扱っています。

クラウドクレジットは、南米やヨーロッパ、アフリカなど、海外の新興国に特化しているため、ソーシャルレンディングの事業者の中でも高い利回りを実現しているのです。

海外の案件にも特化しているという点は、国内のソーシャルレンディング事業者の中では唯一で、クラウドクレジットは「社会貢献性」の高い投資を理念に掲げている点も他と比べて特徴的と言えます。

クラウドクレジットは2015年3月には大手総合商社の伊藤忠商事から約2億円を調達していますので、企業としての信頼性や安心感はかなりあります。

伊藤忠が出資!クラウドクレジットの評判や口コミは?株価や上場の可能性は?

2017.08.31

④ 1万円からの「仮想通貨投資」

Bitcoin

最後にオススメするのが「仮想通貨」です。

2017年に入ってから「仮想通貨長者」と呼ばれる億万長者が数百人と日本でも誕生しました。なぜこのような億万長者が多数誕生したかというと、仮想通貨は1ヶ月で20倍などに値段が上がることがあるからです。

そしてその仮想通貨は、現在では「仮想通貨の取引所」というインターネット上のサービスを通じて、数千円の少額からでも簡単に購入することができます。

もちろん、仮想通貨は価格変動がとても大きく、ハイリスク・ハイリターンな投資でもあるため、全資産を預けることは全くオススメしません。ですが、仮想通貨には他の金融商品と比べて、なじみやすさがあります。

仮想通貨投資に必要なスキルとは?

株式投資などをするにあたっては、企業の財務を読む力が無いと危険ですし、何より様々な金融用語を覚えておく必要があります。一方、仮想通貨に関しては、既に仮想通貨の取引所に選定されたものでもあります。

また、それらの仮想通貨に関する情報は、色々とインターネット上で検索することで、手に入れることができます。

この仮想通貨に関しては、近年日本ではかなり盛り上がってきており、最近では色んな方がインターネット上で情報発信をしていますので、それらの情報を元に投資判断をすることができます。

ここで求められる投資スキルは、株式投資とは異なり、財務諸表を読む力でも株価指標を理解する力でもなく、おそらく情報収集能力と思考力のように思います。

残念ながら仮想通貨の中には「詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)」があったりもしますので、そこに関してはきちんとした見極めが必要です。

また、仮想通貨市場は株式市場とは異なり、現在ではインサイダー取引(内部の人が事前にニュースリリースの情報を知って投資するなど)も可能な市場ではありますが、それでも参加者がハイリターンを得られる投資領域でもあります。

仮想通貨を購入するならどこですべき?

おすすめ

最後に、仮想通貨の取引所も日本には何社かすでに存在していますが、筆者が資産運用や投資初心者におすすめするのは「coincheck」です。

何故かというと、他の取引所に比べて、投資の初心者でも操作しやすくわかりやすい画面となっており、簡単にスマホアプリでも仮想通貨が購入ができる仕様となっているからです。今まで投資に関して何も触れてこなかった人でも、自然と使える画面設計になっています。

今後市場自体も成長していくことが見込まれる「仮想通貨市場」において、一度仮想通貨の取引所に口座開設をしてみてはいかがでしょうか?

資産運用を学ぶ方法