ウェルスナビの開始時期は?いつ始めるべき?米国株式市場暴落時は大チャンス

米国株投資

2020年2月頃からのコロナショックで、米国株式市場は急落しています。特に欧米諸国がコロナショックによる混乱に陥っており、引き続き世界経済の先行きは不透明です。

ドル円が円高にいくのか円安にいくのかもわからないのが現状で、何に投資をすべきなのかわからないというのが実際のところです。ですが、実はこのような大暴落時かつ世界経済の先行きが不透明な時期というのは、ウェルスナビのような資産運用を始めるチャンスです。

筆者は以前2019年6月のNYダウ暴落時にウェルスナビを開始

ウェルスナビ

【公式サイト】https://www.wealthnavi.com/

筆者も以前NYダウが暴落した時にウェルスナビを開始したことで、開始2ヶ月で+6%以上ものリターンを得ることができました。

これは株式などが安くなっている時に投資を開始できた結果のため、当然と言えば当然なのですが、将来的にリターンを得るためには、好景気ではなく不景気にこそ投資をすべきタイミングなのです。

ウェルスナビのポートフォリオは、米国株・日欧株・新興国株・米国債券・金・不動産・現金に分散されています。

ウェルスナビ5週目2

このように様々な金融アセットクラスに分散投資されていることで、万が一金融危機が起きても損失が少なくなるように設計されています。

また、長い目で見れば世界経済は成長していますので、そのような成長に乗るためにも、この不景気が到来しつつある時期から資産運用を始めるというのは良いタイミングであると言えるでしょう。

長期投資をするのであれば開始タイミングはそこまで関係ない

エンジェル投資

ウェルスナビの開始時期でおすすめなのは、基本的には株式市場暴落時とお伝えしましたが、実際のところ長期投資を行う予定なのであれば、開始タイミングはそこまで関係ありません。

大切なのは時間を分散して投資すること

それよりも一度のタイミングで一気にお金を突っ込むことよりも、時間を分散させてコツコツと積立投資を行うことが大切です。毎月コツコツと積立投資を行うことで、価格が安い時は多くの量を購入することができ、価格が高い時は高値づかみの損失を低減することができます。

ウェルスナビでは毎月の自動積立投資も可能

WealthNaviの自動積立は、月の引き落とし日を5つから選ぶことができ、月に5回までの複数回の積立が可能です。

ただし、10年や20年といった長期の資産運用では、ひと月あたりの積立金額が同じであれば、引き落とし日や積立回数の分散によって将来の運用結果が大きく変わることは実際のところほとんどないでしょう。そのため、基本的には月1回の積立投資を行えば十分で言えます。

ウェルスナビ(WealthNavi)の口座開設の所要時間は短い

ウェルスナビの口座開設申込の所要時間は1分程度です。その後、筆者の場合は2日後ぐらいに自宅に本人確認のためのハガキが届きました。

なぜウェルスナビの口座開設がこんなにも早いのかというと、面倒な住所などの入力が不要で、マイナンバーカードの写真をアップロードすれば、申請が完了するからです。ですので、自分の銀行の口座番号が分かって、お手元にマイナンバーカードの写真があれば、準備は完了です。

それでは具体的なウェルスナビの口座開設方法をご説明しますので、一緒に見ていきましょう。まずはこちらのウェルスナビの公式サイトへ移動します。

ウェルスナビ(WealthNavi)の無料口座開設のやり方

WealthNavi(ウェルスナビ) ロボアドバイザーで全自動の資産運用

ウェルスナビの公式サイトへ移動すると、トップページが開きますので、まず「口座開設」のボタンが出てきますので、そちらをクリックします。

そうすると、すぐに下記の口座開設のお申し込みフォームにたどり着きます。

口座開設のお申し込みにメールアドレスを入力

こちらで「メールアドレス」を登録して、「次へ」のボタンをクリックします。

ユーザー登録(認証コードとパスワードの入力)を実施

そうすると認証コードとパスワードを求められます。

こちらで、メールアドレスに送られてきた「認証コード」を入力し、8文字以上(大文字、小文字、数字を含む)のパスワードを入力して、「ユーザー登録する」のボタンをクリックします。

お客様情報の登録を実施

そして次に、電話番号や職業などの「お客様情報」を入力します。こちらが完了しますと、本人確認書類のアップロードの画面に移ります。

本人確認書類の画像のアップロードを実施

こちらの本人確認書類のアップロードの画面で、「マイナンバーカード」の写真をアップロードします。

マイナンバーカードをお持ちでない場合は、「個人番号通知カード」+「運転免許証」での登録が可能です。

規約等に同意をする

そして、ウェルスナビ の規約等の同意を確認して次に進むと、ウェルスナビの口座開設のお申し込みが完了します。

口座開設が完了しますと、通常2営業日〜1週間程度でウェルスナビから自宅(マイナンバーカードの住所)に簡易書留でハガキが届きます。

ウェルスナビ(WealthNavi)からログインURLが記載されたハガキが到着

ハガキを受け取ったら、ハガキに記載されたURLにアクセスします。その後、メールアドレスとパスワードを入力してマイページにログインします。

ウェルスナビ(WealthNavi)への入金方法

ウェルスナビのマイページログイン後、運用診断(後述)を行い「運用プラン」を決めます。その後、「入金」ボタンをクリックし、入金ページへ移ります。最低入金額である10万円以上の入金額を入力し、ウェルスナビの指定口座に入金することで、資産運用を始めることができます。

なお、ウェルスナビの入金先の口座には三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、住信SBI銀行、じぶん銀行、イオン銀行などがあります。この中で、住信SBI銀行の場合は「クイック入金」に対応していますので、即座に入金が可能で便利です。

こうして資金を入金すれば、あとは自動で国際分散投資をしてくれます。リスク許容度は5段階から選ぶことができますので、積極的にリスクをとって資産運用をしていきたい方は5、ほとんどリスクを取りたくない方は1を選ばれると良いでしょう。

筆者の場合はそもそもロボアドバイザーが守りの運用と考えていますので、リスク許容度は5で積極的に運用する方針でウェルスナビは利用しています。