アメックスビジネスゴールドは会社員も審査に通る?メリット・デメリットを紹介

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの口コミです。

アメックスビジネスゴールドカードは、安定したステータスを得られる人気のゴールドカードの一つです。ただし、会社員でステータスを得たい場合は、ゴールドカードよりさらにランクが上のプラチナカードを検討しても良いでしょう。

セゾンのアメックスであれば、個人でも入手しやすいプラチナカードに、セゾンプラチナビジネスアメックスがあるからです。

もちろんアメックスビジネスゴールドでも一定の安心感があり、主要の空港ラウンジが使えたり、ショッピング補償や旅行損害補償が充実していたり、サービス面では十分充実しています。

今回はそんなアメックスビジネスゴールドのメリット・デメリット、お申し込みから審査の流れなどについてご紹介します。

アメックスビジネスゴールドカードの特徴は?

アメックスゴールド

アメックスビジネスゴールドカードは、基本的には個人事業主や法人代表向けのカードになります。ただし、一般の会社員でも発行された事例があるように、申し込みは簡単に可能です。

主に法人向けとなっているのは、ETCの請求内容を管理しやすかったり、デポジット機能を活用すれば、限度額以上での決済も可能なカードだからです。

また、海外旅行の付帯保険が充実している点が特徴で、最大1億円まで補償されます。

他のアメックスのクレジットカードとの主な違い

他のアメックスのクレジットカードとの主な違いですが、アメックスビジネスゴールドカードは、年会費31,000円と若干高めです。

例えば、セゾンプラチナビジネスアメックスであれば、プラチナカードであるにも関わらず年会費は2万円に収まりますので、単純にコスパを考えるとプラチナカードの方がお得です。

筆者もそのようなコスパの観点から、セゾンプラチナビジネスアメックスの方を保有しています。

年会費が若干高い分サービス面は充実している

ただし、アメックスビジネスゴールドは、旅行傷害保険の補償額が高いです。アメックスの他のカードは最大5,000万円程度が多いのですが、ビジネスゴールドカードは最高1億円になります。

また、ホテルオークラで優待を受けれたり、帝国ホテル東京のビジネスラウンジを利用できたり、国内航空機の遅延に関するサービスなども充実していたりします。

例えば国内出張の際、アメックスビジネスゴールドで航空便のチケットを購入しておけば、遅延や手荷物紛失などが発生した場合、最高40,000円まで補償してもらえます。

アメックスビジネスゴールドカードの主なメリット

アメックスビジネスゴールドカードには、例えば下記のようなメリットがあります。

デポジット機能で限度額以上の買い物が可能

まず、アメックスビジネスゴールドには、デポジットという独特の機能があります。カードで支払いをする前に、一旦現金を入金しておくと、限度額以上の買い物ができるようになるのです。

例えば、350万円の買い物をしたいものの限度額は200万円の時などは、事前に150万円入金しておけば350万円分は決済ができるようになります。

旅行関連の保険やショッピング補償などが充実

他には、国際航空機のチケットやパッケージ・ツアーの代金をカードで支払った場合、基本カード会員本人には、傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯されます。カードで支払っていない場合でも、最高5,000万円が付帯されます。

さらに、国内・海外を問わず、カードで支払ったほとんどの商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、1名様年間最高500万円まで補償してもらえます。

手荷物宅配サービスや優待サービスなどが充実

続いて、ゴールドカードということもあり、主要な空港ラウンジが利用できることに加えて、手荷物の宅配サービス(空港・ホテル)などが付いていたりもします。

レストランやショッピング、ゴルフ関連サービスやワインクラブ、新国立劇場などのエンターテイメントに関する優待などに加えて、住宅や育児、健康などに関するサービスなども充実しています。

通常3年間のポイントの有効期限が無期限に

ポイントについては、100円の利用につき1ポイントが貯まります。

還元率は一般的な水準ですが、貯まったポイントを一度でも好きなアイテムと交換すると、ポイントの有効期限が無期限となるメリットがあります。

ETCカードの管理が簡単

また、アメックスビジネスゴールドカードであればETCカードを最大5枚まで発行でき、かつその請求を1つのカードでまとめて管理できます。

法人カード専用のサービスもあり、例えば3ヶ月分の利用履歴をレポートしてもらえる機能があったりもしますので、法人で車を使う方にとっては特に適しています。

各種データベースを利用可能

最後に、過去25年分の学術や新聞情報のデータベースを検索できるようになったり、情報調査の代行サービスも利用できるようになったりもします。

アメックスビジネスゴールドカードの主なデメリット

このように色々とメリットのあるアメックスビジネスゴールドカードですが、例えば下記のようなデメリットもあります。

支払いは翌月一括払いのみ

例えば、他のクレジットカードによっては、分割払いなどが可能な事もありますが、アメックスビジネスゴールドカードは、翌月一括払いしか対応していません。

追加カードは1枚につき年会費12,000円

また、家族カードの1枚無料などのサービスはありません。

セゾンプラチナビジネスアメックスであれば、家族会員カードを年会費3,000円(税抜)で発行することができますので、アメックスビジネスゴールドは一定の費用がかかるカードではあります。

一部の電子マネーにチャージできない

最後に、アメックスのカードはWAONやnanacoなどのプリペイド型電子マネーに対応していないため、チャージをすることができません。

「モバイルSuica」「SMART ICOCA」「楽天Edy」にはチャージが可能ですが、チャージした時にポイントが発生しないというデメリットもあります。

アメックスビジネスゴールドカードはどんな人におすすめ?

以上を踏まえて、アメックスビジネスゴールドカードは下記のような方におすすめです。

アメックスビジネスゴールドがおすすめな方
  • 国内・海外旅行によく行く方
  • 旅行関連の補償を充実させておきたい方
  • ETCを利用したい方
  • 安定したゴールドカードのステータスが欲しい方

上述したように、旅行の補償が充実していることに加えて、ETCでも便利なのがアメックスビジネスゴールドです。例えばビジネスで車を複数使用していると、料金の請求で混乱してしまうケースがあります。

請求が複雑になると経費を管理するのも大変ですが、アメックスビジネスゴールドカードなら、1枚のカードで複数のETCの料金を管理できます。そのため、経費を管理しやすくしたい法人の方などにも、おすすめのゴールドカードの一つです。

他にも、例えば社外の方と会食する機会などがある場合に、アメックスビジネスゴールドを保有しておくと一定のステータスの証明になりますので、世間的に信用される事も少なくないでしょう。

他社のゴールドカードよりも評価が高いため、ステータス性の意味ではかなりおすすめです。

アメックスビジネスゴールドカードの申し込みから発行までの流れ

アメックスビジネスゴールドカードの申し込みから発行までの具体的な流れについてです。

まずははこちらからアメックスビジネスゴールドの公式サイトへ移動します。公式サイトを開くと、「個人事業主」もしくは「法人代表」の2つの申し込みボタンがありますので、自分に該当する方をクリックします。

そして氏名や住所や収入などの必要項目を、順次入力していきます。そして申し込み内容に間違いが無いかを確認して、申し込みデータを送信します。

本人確認書類の画像データをアップロード

続いて、本人確認書類などの必要書類を提出します。法人の場合は本人確認書類と法人確認書類を提出します。郵送ではなく、画像データをアップロードして提出できますので簡単です。

なお、個人事業主の場合は、本人確認書類のみを提出します。こちらでデータを送信しますと、申込み書が郵送されてきます。

アメックス社から電話で確認されて審査

その1週間ぐらい後に、アメックス社から電話が来ます。この段階で審査が行われる都合上、電話で様々な情報を確認されます。無事審査に通れば、ゴールドカードが到着します。

なおカードが発行されるまでの期間は、おおむね3週間が目安と言われています。ただし、状況によっては、申し込みしてから10日ぐらいでカードが届きます。

いずれにせよ発行までには一定の時間がかかりますので、近々出張や旅行などを予定されている方は、あらかじめ申し込みは済ませておいた方が良いでしょう。