WealthNavi for 住信SBIネット銀行とは?WealthNavi for SBI証券との違いは?

ロボアドバイザーのウェルスナビには、WealthNavi for 住信SBIネット銀行というサービスと、WealthNavi for SBI証券という別のサービスが存在します。

それぞれ住信SBIネット銀行とSBI証券の口座を保有していれば、それぞれのWealthNaviのサービスに簡単に申し込むことができます。ただし、デメリットもありますので注意が必要です。

今回はそんなWealthNavi for 住信SBIネット銀行やSBI証券のサービスについてや、公式サイトから口座開設ができるWealthNaviとの違いなどについて、実際に公式サイトでWealthNaviを口座開設して資産運用を行なっている筆者が詳細をご紹介します。

WealthNavi(ウェルスナビ )で資産運用実践中(月利+5.02%)

筆者もWealthNaviの公式サイトで口座開設を行い、2019年6月から10万円ほど資産運用を再開しています。以前もウェルスナビで資産運用を行なっていたのですが、2019年の米国株式市場の先行き不透明感から、一旦資金を引き上げていました。

ただし、2019年に入ってからもなかなか大きく崩れないことから、米国株式市場が一時的に大きく崩れた6月のタイミングで、WealthNaviでの資産運用を再開しました。そのようなタイミングもあってか、1ヶ月ほどの運用で10万円が105,021円まで増加しています。

今後とも本家のWealthNaviを利用してちょくちょくと積立投資を行うことで、年間の利回りを高めたいと考えています(公式サイト:https://www.wealthnavi.com/)。

WealthNavi for 住信SBIネット銀行とは?

通常のWealthNaviとWealthNavi for 住信SBIネット銀行は、特に運用スタイルなどが変わる訳ではありません。両方ともWealthNaviに資金を入金した後は、自動で国際分散投資をしてくれます。

WealthNaviであれば、6つの簡単なアンケートに答えることで、自分にあった資産運用プランをウェルスナビが提案してくれます。そちらでリスク許容度を5段階から選択して、そちらの運用プランを元に初心者でも簡単に資産運用を始めることができます。

住信SBIネット銀行に口座を保有していると口座開設が簡単

WealthNavi for 住信SBIネット銀行の特徴は、住信SBIネット銀行の口座を保有していると最短1営業日で口座を開設できる点です。

また、住信SBIネット銀行からダイレクトにWealthNavi for 住信SBIネット銀行にログインができたり、WealthNaviの残高が10万円を超えると、住信SBIネット銀行の会員プログラムで優遇されたりします。

そのため、基本的には住信SBIネット銀行ユーザー向けのサービスです。

住信SBIネット銀行は使い勝手が良いネットバンク

実際、筆者も住信SBIネット銀行はよく利用していますが、ATM引出手数料がステージに応じて無料になったり、他行宛振込手数料も月数回まで無料になったりと、手数料面では非常にお得なネット銀行です。

また、住信SBIネット銀行同士であれば24時間365日即時の振込が可能ですので、即時にどこかに振込を行いたい時にも便利です。ただし、WealthNavi for 住信SBIネット銀行にはデメリットもあります。

WealthNavi for 住信SBIネット銀行は長期割(手数料割引)を利用できない

WealthNaviを公式サイトから口座開設した場合、50万円以上の運用で0.01%ずつ、200万円以上の運用で0.02%ずつ、最大0.90%まで手数料を割引できます。

一方、今の所はWealthNavi for 住信SBIネット銀行にはこのような手数料の割引はありませんので、そのため、手数料の割引を利用したい方は、公式サイトから口座開設されるのが良いでしょう。

WealthNavi for SBI証券とは?住信SBIネット銀行の違い


続いて、WealthNavi for SBI証券についてですが、こちらはWealthNavi for 住信SBIネット銀行と似た名前ですが若干異なります。

通常のWealthNaviやWealthNavi for 住信SBIネット銀行と同じように、運用スタイルは変わりません。同じように入金したら自動で国際分散投資を行なってくれて、税金の計算や資産のリバランスなども自動で行なってくれます。

SBI証券に口座を保有していると口座開設が簡単

また、WealthNavi for SBI証券の方は名前の通り、SBI証券にすでに口座を保有している人であれば、簡単にWealthNaviを始めることができます。ただし、筆者の場合はWealthNaviの口座開設前にSBI証券にも口座を保有していましたが、WealthNaviは公式サイトから直販で口座開設を行なっています。

理由は、さきほどのWealthNavi for 住信SBIネット銀行でもご説明した通り、長期割という手数料の割引がないこともありますが、新しくサービスがアップデートされた時に、最初に反映されるのはやはりWealthNavi公式になるからです。

今後WealthNaviが何かしらの追加機能をリリースしたり、新しいサービスを提供する場合、基本的には本家のWealthNaviからバージョンがアップデートされていくことでしょう。このような背景からも口座開設の簡単さだけでWealthNavi for SBI証券を選ぶのは、若干微妙かなと考えています。

WealthNavi for ネオモバなら1万円からロボアドバイザーが利用可能

また、2019年にはWealthNavi for ネオモバという、WealthNaviをSBIネオモバイル証券で利用できるサービスが始まりました。こちらであれば、最低購入金額が1万円からとなっています。

通常のWealthNaviの場合は最低購入金額が10万円からとなっていますので、まずは少額からロボアドバイザーを利用したい人には、WealthNavi for ネオモバは適しています。

ただし、筆者の個人的な意見としては、そもそもロボアドバイザーで資産運用を行うのであれば、10万円ぐらいは運用しないと、どんなに利回りが良くてもなかなか資産は増えません。ある程度まとまった金額を積立投資することで、将来の資産形成にいかすことができるのです。

SBIネオモバイル証券自体は、Tポイントで投資ができたり、数百円などの少額から株式が購入できたりと、非常に良いサービスなのですが、あえてそこでWealthNavi for ネオモバを使わなくてもよいかなというように感じています。