トレードステーションは儲かる?マネックス証券のTradeStationの評判

株式の自動売買も可能で、SNSの情報をトレードに活用できたりもする、トレードステーション(TradeStation)の口コミです。

トレードステーションは大手ネット証券のマネックス証券が提供している株式取引ツールですが、月額利用料金が無料なこともあり、近年じわじわと人気が上がってきています。

マネックス証券に口座を保有している人は無料で利用することができますが、通常の証券会社とは異なりIPO投資には利用できなかったり、NISA口座は利用することができません。

マネックス証券のトレードステーションの特徴は?

トレードステーションは、米国のTradeStation Groupが開発した高機能トレーディングツールです。

米国では発注スピード最優先のデイトレーダーから緻密なシステムトレーダーまで、様々なタイプのトレーダーが使用しています。

SNSの情報を取引に活用できるSNSビューアなども搭載されており、さまざまなツールが利用できるのがトレードステーションの特徴です。

そのため、結論からお伝えすると、デイトレードが得意な方であったり、チャート分析を楽しめる方にとっては、儲かる可能性が高いツールと言えます。

一方で、例えば長期投資をしたい方や、ファンダメンタル分析を行い、企業をじっくりと分析したい方などには、正直そこまでおすすめできるサービスでもありません。

トレードステーションの手数料を他社ネット証券と比較

続いて、他社ネット証券と手数料を比較してみます。1日10万円の売買の場合は、他社ネット証券の方がお得ですが、1日100万円以上の約定金額がある場合はトレードステーションがお得です。

大手ネット証券であるSBI証券や楽天証券、松井証券などと比べても、トレードステーションの手数料は安くなっていることは確かです。

例えば、通常のマネックス証券で日本株の現物取引をすると、他社よりも手数料が高くつく傾向にあるのですが、トレードステーションの場合は約定金額が大きければ大きいほどお得です。

そのため、マネックス証券を利用する場合は、通常のマネックス証券では米国の個別株投資を行い、トレードステーションで日本の個別株投資を行うのが賢い取引方法と言えるでしょう。

トレードステーションのポジティブな口コミや評判

そんなトレードステーションのネット上の口コミを見ると、デイトレードなどには便利という意見が多いです。

やはり様々なツールや機能を利用してトレードしたい方にとっては、トレードステーションは重宝されるツールと言えます。

トレードステーションのネガティブな口コミや評判

トレードステーションに対しては色々な口コミがありますが、今の所はトレードステーションに対するネガティブな口コミは少なく、「マネックス証券の手数料が高い」という口コミが多いです。

最近では月額216円で取引手数料がかなり抑えられたSBIネオモバイル証券なども誕生しており、取引手数料の値下げ競争は今後ネット証券では避けられないと言えるでしょう。

マネックス証券のトレードステーションがおすすめな方

以上を踏まえて、マネックス証券のトレードステーションがおすすめなのは、以下のような方です。

トレードステーションがおすすめな方
  • デイトレードをしたい方
  • 豊富なツールを使うのが好きな方
  • マネックス証券に口座を保有していない方
  • IPO投資などに参加する予定のない方
  • NISA口座を利用する予定のない方

例えば、NISA口座を利用してIPO投資に参加したい方などは、IPO取扱い件数が圧倒的に多いSBI証券などを利用された方が良いでしょう。楽天証券もIPOの取扱い件数はそれなりに多いものの、NISA口座を活用して投資することができません。

マネックス証券のトレードステーションはデイトレードなどには向いていますが、中長期投資であったりIPO投資に利用するのであれば、SBI証券を利用された方が良いでしょう。

また、取引の手数料面を気にするのであれば、2019年に誕生したSBIネオモバイル証券が非常に安くなっています。さらにSBIネオモバイル証券であれば、お買い物で貯めたTポイントを投資に回すこともできます。

ポイント投資に挑戦してみたい方や、取引手数料を抑えたい方などは、SBIネオモバイル証券の利用を検討されてみるのも良いでしょう。