住信SBIネット銀行の評判は良い?手数料が安くロボアドバイザーWealthNaviも提供する次世代銀行

住信SBIネット銀行の口コミです。

筆者は長年住信SBIネット銀行を利用していますが、ふとお金をおろしたいと思った時に近くのコンビニATMですぐに引き出せたり、ATM手数料がスマプロランクに応じて合計で月2~15回ほど無料だったり、振込手数料もスマプロランクに応じて月15回まで無料だったりと、非常に便利で重宝しています。

それ以外にもSBI証券を利用している場合、普通預金からハイブリッド預金に振替を行うだけですぐに投資ができたり、仮想通貨を購入する際にも銀行振込で即時入金ができたりと、非常に便利なネット銀行と感じています。

近年ではロボアドバイザーのWealthNavi for 住信SBIネット銀行も提供しており、住信SBIネット銀行に口座を保有していれば、すぐにロボアドバイザーも始めることができるようになっています。そんな住信SBIネット銀行について、筆者自身の感想とネット上の口コミなどを踏まえて、メリットとデメリットなどをご紹介します。

住信SBIネット銀行の良い評判や口コミ

住信SBIネット銀行は、ネット上にも良い評判が多いです。手数料が安い点や利便性が高い点など、様々なメリットが見受けられました。

住信SBIネット銀行の悪い評判や口コミ

一方、悪い評判としては、画面のUIに関するコメントが多いようでした。筆者としては特段気になるレベルではありませんでしたが、画面のみやすさなどは今後改善していって欲しいところです。

住信SBIネット銀行のメリットとデメリット

住信SBIネット銀行のメリットには、例えば以下があります。

住信SBIネット銀行のメリット
  • ATM手数料がスマプロランクに応じて月2〜15回まで無料
  • 振込手数料がスマプロランクに応じて月15回まで無料
  • 住信SBIネット銀行同士の振込は無料
  • 住信SBIネット銀行同士の振込は24時間着金
  • 預金残高に応じてスマプロポイントが貯まる(30万円以上/300万円以上/500万円以上など)
  • SBI証券に住信SBIネット銀行のハイブリッド預金から即投資可能
  • ミライノカードとの連携でお得にスマプロポイントが貯まる
  • スマプロポイントを現金やJALマイレージに交換可能
  • 住宅ローン金利が低い
  • 定期預金金利が高い
  • キャッシュカードとデビットカードが一体型
  • 海外ATMでも使える
  • 外貨普通預金口座から米ドルで支払い可能

一方、住信SBIネット銀行のデメリットは、例えば以下があります。

住信SBIネット銀行のデメリット
  • リアル店舗がないので窓口で話せない
  • ログインや振込時の二段階認証がめんどくさい

正直デメリットというほどのデメリットがなく、住信SBIネット銀行のアプリにログインする際などに、別のアプリでログイン解除をしないといけない点です。これによってセキュリティは大幅に向上するものの、その分利便性が下がります。

デメリットを強いて挙げるとするならばそれぐらいで、住信SBIネット銀行は口座開設手数料や口座維持手数料も無料ですので、持っていて損はないネット銀行口座のようには思われます。

住信SBIネット銀行の口座開設(無料)がおすすめな方

以上を踏まえて、住信SBIネット銀行の口座開設がおすすめなのは以下のような方です。

住信SBIネット銀行がおすすめな方の例
  • メガバンクの銀行口座しか保有していない方
  • ATM手数料が安い銀行が良い方
  • 振込手数料が安い銀行が良い方
  • 仮想通貨投資に関心のある方
  • SBI証券に口座開設を検討している方
  • ミライノカードを検討している方

住信SBIネット銀行は持っておいて損はない銀行の一つです。そもそも銀行は預金保護法で、万が一銀行が破綻した際に元本1000万円とその利息までしか保証されませんので、リスク分散の観点でもいくつかの銀行を保有しておくメリットはあります。

また、住信SBIネット銀行を利用する場合は、特にSBI証券と連携させて利用するのがとてもおすすめです。最近ではTポイントから投資ができるSBIネオモバイル証券も誕生しており、ますますSBIグループは様々な金融サービスの提供に力をいれていることが見て取れるといえるでしょう。

今後ともSBIグループが新しい金融サービスを出した際は、住信SBIネット銀行との連携が出てくるかと思いますので、あらかじめ持っておくと新しいサービスをより便利に利用することもできるでしょう。