ジャパンネット銀行は不便?ヤフオクでは便利だけど他にメリットは?

筆者も口座を開設している、ジャパンネット銀行の口コミです。

ジャパンネット銀行は、ヤフオク利用者にはとても便利な銀行です。ジャパンネット銀行からヤフオクの落札代金を支払うと、最大で落札金額の2%分のTポイントが貯まります。

また、Yahoo!ウォレットの受取口座に設定しておくと、落札者がYahoo!かんたん決済で支払った落札代金を土曜・日曜・祝日・夜間でも受け取れるようになったりもします。

そこで今回はそんなジャパンネット銀行の利用がおすすめな方や、他のネットバンクと比較した際のメリット・デメリットなどをご紹介します。

ジャパンネット銀行の利用がおすすめな方

まず、ジャパンネット銀行の利用がおすすめな方は、大体下記のような方かと思います。

ここにタイトル
  • ヤフオクを利用する方
  • VISAデビットカードを利用したい方
  • ATMで毎回3万円以上の出金をする方
  • 海外ATMで現金を出金したい方
  • 宝くじ(ロト・ナンバーズ)を購入したい方
  • 24時間365日お取引をしたい方
  • メガバンクよりも手数料が安い銀行を利用したい方
  • 大事な資産を分散して管理したい方

以前はジャパンネット銀行は口座維持手数料がかかっていた時期もあり、あまり使い勝手の良くないネット銀行でした。

ですが現在は口座維持手数料も無料で、他のネットバンクと同じように利便性も高く、口座開設自体も簡単ですので、持っておいて損はないネットバンクの一つとは言えるでしょう。

それでは続いて、ジャパンネット銀行を利用するメリットやデメリットを確認していきます。

ジャパンネット銀行を利用するメリット

ジャパンネット銀行を利用するメリットとしては、毎月最初の1回は入金も出金もATM手数料が無料で、2回目以降も3万円以上であれば何回でも0円な点が挙げられます。

提携ATM入出金手数料が3万円以上なら無料

なお、手数料に関しては、前月の預金平均残高(円普通預金、円定期預金)が3,000万円以上の場合は、提携ATM利用手数料・振込手数料がさらに優遇されます。

普通預金金利がメガバンクよりも断然高い(2018年10月時点)

  • 100万円未満:0.01%
  • 100万円以上:0.015%

他にも、普通預金金利が高く、特に残高が100万円以上あれば金利が0.015%付きますので、一般的なメガバンクに預けるよりは遥かにお得です。

キャッシュカード一体型のVISAデビットカードがある

また、キャッシュカード一体型のVISAデビットカードを発行できますので、これ一枚で完結します。15歳以上なら審査なしで誰でも作れます。

デビットカードとは、預金口座と紐付けられた決済用カードで、カードで決済すると代金が即時に銀行口座から引き落とされます。

また、海外旅行に行った際も、現地のATMで現地通貨を引き出したりもできますし、VISA加盟店であればクレジットカードとしても利用できますので、非常に便利です。

ジャパンネット銀行のデメリット

一方で、デメリットには下記が挙げられます。

振込手数料が他のネットバンクよりは安くない

ジャパンネット銀行の口座宛 他の金融機関宛
振込金額:3万円未満(ネットバンク) 54円 172円
振込金額:3万円以上(ネットバンク) 54円 270円
振込金額:3万円未満 648円 1,296円
振込金額:3万円以上 1,080円 1,728円

例えば住信SBIネット銀行であれば、ミライノカードとの併用で振込手数料優遇がありますので、そのようなネット銀行と比較すると優位性はあまりありません。

住信SBIネット銀行のミライノカードの口コミへ

ジャパンネット銀行の定期預金金利も高くはない(2018年10月時点)

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年 5年 7年 10年
100万円未満

0.02

0.02

0.02

0.02
0.02

0.02
0.02

0.02
0.02

0.02
0.02

0.02
0.02001

0.03
0.03004

100万円以上

0.02

0.02

0.02

0.02
0.02

0.02
0.02

0.02
0.02

0.02
0.02

0.02
0.02001

0.03
0.03004

ジャパンネット銀行の普通預金金利は高いのですが、定期預金金利は特に高い訳ではありません。

この水準ではあまり資産は増えませんので、ロボアドバイザーなど、何かしら資産運用を検討された方が良いでしょう。

おすすめロボアドバイザーの比較へ

ジャパンネット銀行の口コミや評判まとめ

以上になりますが、ネット上でもジャパンネット銀行の口コミは割と良いと言えるでしょう。特にトークンがあることで、安全性やセキュリティ面にも配慮されていることが分かります。

ちなみに、銀行が万一倒産した場合、1000万円とその利息までしか保証されないことが預金保険法という法律で決まっています。

そのため、筆者のスタンスとしては、基本的には様々な銀行を利用して分散で管理する方針です。

ジャパンネット銀行は利用しやすいネット銀行の一つですので、保有しておいて損はない口座の一つとは言えるでしょう。

資産運用を学ぶ方法