イエシルの評判や信頼性は?中古マンション購入・売却の無料相談サービスを検証

不動産

今回はイエシル(IESHIL)のご紹介です。まず、イエシル自体は、インターネット上で首都圏のマンションの物件価格などが確認できるWebサービスです。

そしてこのWebサービスに加えて、中古マンションの購入を検討されている方や、自分が住んでいる中古マンションの売却を検討している方に向けて、無料で不動産投資のアドバイザーに相談できるサービス(イエシルアドバイザー)も提供しています。

イエシルアドバイザーでは、「不動産投資の最新トレンド」や「不動産の売却・購入時に知るべきポイント」などを、1時間の無料面談形式でアドバイスしてもらえます。そし最終的にはあなたのニーズに合わせて、最適な不動産会社を最大3社ご提案してもらえます。

そして更に、最初から「不動産会社だけを紹介してもらいたい」方には、「不動産会社紹介サービス(【300万】高く売れた!「高く売る」能力を持った不動産会社をご紹介)も提供しています。今回はそんな「イエシル」のサービスに関する評判や信頼性についてご紹介します。

イエシル(Webサービス)の特徴は?

不動産

まず、先ほどご紹介したように、イエシルは「不動産市場の透明性向上」と「不動産流通の活性化」をサービスの理念としてかかげたウェブサービスです。実際にウェブサイトでは、中古マンションの部屋別の価格が見れたり、これまでの価格の推移の確認ができたりします。

約3,000万件にのぼる売買・賃貸履歴などのデータや、治安や地盤情報など国土交通省をはじめとした公的な機関による膨大なデータを分析していますので、まさにテクノロジーの力を活用した不動産テックサービスと言えるでしょう。

インターネット上で気軽に自分が住んでいる家の価値が分かったり、欲しい物件の情報を手に入れることができるようになるというのは便利です。

また、イエシルが運営するメディアの「イエシルコラム」では、実際に不動産売買経験者へのインタビューなども記載されていたりと、不動産投資に関心のある方にとって有益なメディアとなっています。

イエシル(Webサービス)の口コミは?

さて、それでは実際の口コミはどうなのでしょうか?

イエシルに対してはこのようにポジティブな口コミもあれば、下記のように半信半疑な口コミもあります。

そして中にはネガティブな口コミもあります。

従って、今の所イエシルは新しいサービスで発展途上ということもあってか、インターネット上の口コミは「賛否両論」です。

筆者としても理念は共感できますし便利なサービスだとは思うのですが、まだまだ発展途上のようには感じていますので、今後に期待できるサービスだと感じています。

ですので、イエシルのWebサービスに関しては、無料会員登録後も、まずは参考程度に見ておくのが良いのかなと思います。

イエシルアドバイザーの特徴や利用者の相談内容は?

相談

続いて「イエシルアドバイザー」の方に関してですが、実際の相談内容は下記のような内容が多いようです。

  1. 購入物件の提案
  2. 売却の査定
  3. 不動産会社の選び方
  4. 自分のローンの上限
  5. 売り時の判断

確かにこれらは、自分が不動産を持っていたり、これから不動産を購入しようとする時に、誰もが直面する悩みではあります。

何もわからないまま近くの不動産会社に直行するよりは、一度イエシルアドバイザーに相談してみたり、無料の不動産投資セミナーに参加してみたり、不動産投資支援サービス「Renosy(リノシー)」を活用してみたりする方が良いとは思います。

グローバル・リンク・マネジメントの評判は?不動産投資セミナーを東京で無料開催中

2017.07.19

Renosy(リノシー)の評判は?不動産投資の初心者向けサービスを徹底検証

2017.07.18

イエシルアドバイザーの料金

イエシルアドバイザーの料金

ちなみにイエシルアドバイザーの料金は、上記のようにLiteとPROで分かれています。

通常のイエシルのアドバイザー(不動産アドバイザーLite)であれば、無料で相談が可能です。また、不動産アドバイザーProであれば、90分/1回で3万円となっています。

不動産アドバイザーLiteや不動産会社紹介サービスに関しては無料になっていますので、不動産投資を検討されている方は、一度無料相談をしてみても良いでしょう。

イエシルの運営元「リブセンス」の信頼性は?

信頼性

それでは続いて、そもそもイエシルを運営する会社は大丈夫なのでしょうか?イエシルは、東証一部上場のリブセンスという会社が運営しております。

リブセンスは、2006年に代表の村上氏が早稲田大学1年生の時に設立した会社で、2012年10月には史上最年少で東証1部に上場しています。東証一部ということで安心感はありますし、特に怪しい会社ではありません。

リブセンスは近年急成長したITベンチャー企業の一つで、IT業界ではかなり知名度のある会社と言って良いでしょう。ですが知名度が高いからと言って、「業績は大丈夫なの?」というのは気になるところですので、業績も確認しておきます。

リブセンスの業績推移

 

2012年は売上高は20億円程度でしたが、2016年は売上高50億円を超えており、直近5年間で2倍にも売上は順調に伸ばしているようです。利益も着実に積み上げてきていますが、2015年には一旦営業利益を落としています。

ですが、2016年には営業キャッシュフローもきちんと黒字になっていますし、直近3期をみても投資キャッシュフローが大幅なマイナスとなっていることから、今後のさらなる成長に向けて、得られた利益を使って様々な投資をしていることがわかります。

また、IT企業ということもあって自己資本比率は80%近く、非常に財務面は安定していると言えます。

リブセンスのその他サービス

イエシルは新しいサービスですのでまだまだこれからですが、既存の「バイトさがしはジョブセンス」などの求人メディア事業のビジネスが堅調推移しているようですので、明日潰れるような会社ではないことは確かです。

他にも、リブセンスは不動産情報サービスとしては「イエシル」だけでなく、掲載物件数350万件以上を誇る賃貸不動産情報検索サイトの「Door賃貸」も運営しています。

既存の求人メディア事業に加えて、新たにこの不動産情報サービスに力を入れているようですので、今後のイエシルのサービス展開にも期待ができます。

また、従業員数も5年で50名程度から250名程度へと約5倍に規模を拡大していますので、今後もさらなる成長が期待ができるIT企業の一つと言って良いでしょう。

リブセンスやイエシルに関する総合判断

ポイント

以上を踏まえて、イエシルの評判自体も上々で、イエシルの運営会社であるリブセンスへの信頼性も高いことから、自分の住んでいるマンション価格を調査されたい方などは、まずはイエシルのサービスに無料会員登録してみても良いように思います。

また、すでに中古マンションの購入や売却を検討されている方は、一度「イエシルアドバイザー」を活用してみても良いでしょう。

何もリサーチをせずにいきなり大きな買い物である不動産投資をされるのは危険かと思いますので、まずは不動産投資のプロに無料相談されることをおすすめします。

なお、イエシルアドバイザーへ無料相談しにいく時間がとれない方などには、以前ご紹介したRenosyが「不動産投資の始め方や成功の秘訣を記載したノウハウBook」をインターネット上で無料配布していますので、まずそちらで資料請求をしても良いでしょう。

Renosy(リノシー)の評判は?不動産投資の初心者向けサービスを徹底検証

2017.07.18

資産運用を学ぶ方法