アルトコインZ-Cash(ジーキャッシュ)とJPモルガンの関係は?今後の将来性は?

ZCASH

匿名系仮想通貨Z-CASH(ジーキャッシュ)は、2016年の公開当初、その期待値の高さから、一時約53万円もの価格がつきました。

アルトコインZ-CASH(ジーキャッシュ)の歴史(2018年追記)

その後Zcashの価格は4,000円代に暴落したものの、2017年5月に世界的な銀行である「JPモルガン」との提携ニュースが発表されたことで暴騰し、再び4万円代に突入しました。

JPモルガンのニュースは、Zcashに使われている「ゼロ知識証明」という暗号化技術を、JPモルガンのエンタープライズ向けセキュリティの「Quorum(イーサリアムのスマートコントラクトを基にしたブロックチェーンプラットフォーム)」に取り入れるという発表でした。

その後、Zcashの価格は再び2万円代を推移していましたが、2017年9月に韓国の大手仮想通貨の取引所「Bithumb」がZ-CASHの取り扱いを開始したことで、価格は4万円代まで急騰しました。

(追記)2018年2月時点にては、再び3万円代にて推移しています。

仮想通貨Z-CASH(ジーキャッシュ)の特徴やポイントは?

Z-CASH(ジーキャッシュ)は「プライバシー」に重きを置いている仮想通貨です。ビットコインが「http」であれば、Z-Cashは「https」であるという表現が良くなされます。

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれていますが(一部では冗談交じりに「シットコイン」と呼ばれるものもありますが)、Z-CASHはアルトコインの一種です。

特徴としては、コインの送信者、コインの受信者、コインの送金量(価値)のどれもが秘匿される点です。そしてこの特徴の実現のために「ゼロ知識証明」という技術が使われています。

ビットコインとZcash(ジーキャッシュ)の違い

また、「ビットコイン」の場合は、ビットコインの送信者のアドレス、ビットコインの受信者のアドレス、ビットコインの送金量、そのどれもがブロックチェーン上に記述されています。

そのため、ビットコインはプライバシーが完全には保護されていません。例えば、誰でもBlockchain.infoなどで、ビットコインのトランザクションを確認することができてしまいます。

もちろん、そのビットコインのアドレスの「保有者」が、現実世界で誰なのかはわかりません。ですが、言ってしまえば、世界中の人々に自分のビットコイン残高を公開している状態になります。

仮想通貨Z-CASH(ジーキャッシュ)は秘匿性が高い

従って、このような状態を嫌がり、プライバシーを重視した暗号通貨を使いたい人も中にはいるのかもしれません。

また、匿名系の仮想通貨として有名な「DASH」の場合でも、コインの受信者や送金量は分かってしまいますので、完全に匿名な暗号通貨ではありません。

それらの匿名系の仮想通貨と比べても、Z-CASHはより秘匿性が高いと言えます。

仮想通貨Z-CASH(ジーキャッシュ)の将来性は?

ZCASH
Zcashの基本情報
  • 通貨単位:ZEC
  • 最大供給量:21,000,000 ZEC
  • システム:Proof of Work
  • アルゴリズム:Equihash
  • ブロックタイム:2.5分
  • 公開日:2016年10月28日

Z-CASHはビットコインと同じく「Proof of Work」を利用していますが、アルゴリズムは「Equihash」という独自のアルゴリズムを利用しています。

ブロックタイムもビットコインの約10分から2.5分に変更しており、ブロックサイズの上限もビットコインの1MBから2MBに引き上げるなど、異なるアプローチをとっています。

仮想通貨Z-CASH(ジーキャッシュ)の半減期について

また、Z-CASHにはビットコインと同じく「半減期」があります。

こちらは4年(または840,000ブロック)ごとに、当初12.5ZECであるマイニング報酬が、4年ごとに「6.25→3.125→1.5625」のように半減していくというものです。

そして実は「半減期」を持つ仮想通貨(ビットコイン・ライトコインモナーコインなど)は、この「半減期」が到来する度にその価格は約2倍以上に上昇しています。

Z-CASHの半減期の少し前から投資をしておくのも、一手

ビットコインの場合は2016年7月に半減期を迎えましたが、大体2016年5月ごろから上昇が始まっています。

また、ライトコインは2015年8月に半減期を迎えましたが、こちらも大体2015年6月頃から上昇が始まっています。

つまりは半減期の2~3ヶ月前から仕込んでおくというのは、一つの仮想通貨の投資戦略として考えられるということです。

Z-cash(ジーキャッシュ)のファウンダー報酬について

Zcasのファウンダー報酬
  • 投資家:1.65%
  • 創設者・従業員・アドバイザー:5.72%(内、Zcash Companyの「戦略的予備金」が1.19%、「Zcash財団」が1.44%)

また、Z-cashを生み出したZcash Company(ZCC)には、ステークホルダーが存在します。ステークホルダー達は最終的なZcashマネタリーベースの10%の報酬を受け取る形となっています。

Zcashの公式サイトによると、こちらの「戦略的予備金」の資金は、Zcash Companyの価値を高めるための新しいプロジェクトに投入されます。

また、「Zcash財団」の資金は、ユーザーの利益のためにZcashプロトコルを維持管理し、変革するために使われるとのことですので、この報酬システムに対しては若干の留意が必要です。

デジタルカレンシーグループやロジャー・バーが出資

最初の公開出資者にはPantera Capital、Digital Currency Group、Fenbushi Capital、London Trust Media、Evolve VC、Naval Ravikant、Niraj Mehta、David Dacus、Roger Ver、Alan Fairless、Ben Davenport、Brian Cartmell、James Nicholas、Jonathan Perlow、Charlie Songhurst、Adam Ludwin、Devon Gundry、Ryan Smith、Rop Gonggrijpなどが含まれます。

2016年の夏に行ったプライベートな調達では以下のような人々や機関から出資を受けています。Aaron Grieshaber、Branson Bollinger、Maple Ventures (Amir Chetrit and Steven Nerayoff)、Brian Cartmell、Vlad Zamfir、Roger Ver、Digital Currency Group、Barry Silbert、Charles Songhurst、Fenbushi、Shapeshift、Erik Voorhees、David Lee Kuo Chuen、Fred Ehrsam、Sebastian Serrano、Li Xiaolai。

出典:公式HP

なお、このZcashの「投資家」陣には、上記のように著名VCやビットコインエンジェル投資家のロジャーバー、コインベースの共同創業者などの著名人が多数参画しています。

そのため、期待値は高いプロジェクトであることは間違い無いでしょう。

また、アドバイザー陣には「イーサリアム」のファウンダーであるビタリク・ブリテンなどが付いています。

イーサリアムも今後のアップデートのために、ジーキャッシュのチームと提携してプライバシーの技術を取り入れる予定とのことですので、この点も注目に値するでしょう。

仮想通貨Z-CASH(ジーキャッシュ)の購入場所は?

コインチェック

以上となりますが、そんな「Z-CASH」を日本円で直接購入することができるのは、日本の仮想通貨の取引所ではコインチェックのみです。

(追記)2018年2月、コインチェックは仮想通貨NEMのハッキング被害にあったため、現在はサービスを停止中です。

そのため、ジーキャッシュを安く購入するためには、海外の仮想通貨の取引所Binanceを利用されるのが良いでしょう。

まずは日本の仮想通貨の取引所で、ビットコインかイーサリアムを購入

Z-CASHに興味が湧いた方は、まずは仮想通貨の取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、それを海外の取引所のBinanceに送金する必要があります。

なお、日本の仮想通貨の取引所では、金融庁登録済の取引所Zaifでビットコインやイーサリアムを安く購入することができます。

その後、Binanceでは数千円の少額からでもZ-CASHは購入が可能ですので、まずは日本の仮想通貨の取引所でイーサリアムやビットコインを購入されてみてはいかがでしょうか。

【口コミ】Zaifは怪しい?利用した感想からNEMやトークン購入におすすめ!

2017.09.14

資産運用を学ぶ方法