ZaifとbitFlyer(ビットフライヤー)を比較!どっちが良い手数料?

国内の大手仮想通貨の取引所「Zaif(ザイフ)」と「bitFlyer(ビットフライヤー)」の通常の取引と、レバレッジ取引のサービスを、実際の利用者でもある筆者が比較してみました。

なお、基本的にはハッキングや盗難などの被害があった際に損失を最小限にするためにも、仮想通貨の取引所は複数を併用で利用された方が良いでしょう。

アルトコイン取引ならZaifの方が手数料が安い


出典:Zaif

まず、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の通常の取引(現物取引)をする場合は、ビットフライヤーよりもZaifの方が安く購入できます。

なぜならば、ビットフライヤーの場合は、ビットフライヤーの販売所から直接アルトコインを購入するのに対して、Zaifの場合は、取引所でユーザー同士が取引できるからです。

ビットフライヤーのアルトコイン販売所は手数料が高い

ビットフライヤーの場合は、ビットフライヤーから直接アルトコインを購入するため、スプレッド(購入価格と売却価格の差額)分の手数料が、余計にかかってしまっているのです。

ただし、その分同じ金額で大量にコインを購入できるというメリットはあります。

ビットフライヤーのスマホアプリは見やすくて使いやすい

また、ビットフライヤーは初心者にも使いやすいスマホアプリも提供しています。

Zaifもアプリは提供していますが、結局はスマホアプリからWeb画面へ移動しますので、スマホで仮想通貨の売買をしたい方には、ビットフライヤーの方が利用は適しています。

Zaifの取り扱いアルトコインとトークンの種類は豊富

Zaifの取り扱いアルトコイン
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(NEM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

以上のようなメリットとデメリットを踏まえて、Zaifの取り扱いアルトコインは上記になりますので、これらのアルトコインを安く購入されたい方は、Zaifを利用された方が良いでしょう。

特に、ネムやモナコインに関しては、Zaifの取引高が世界で一番大きいため、取引の流動性も高く、大量の売買もしやすくなっています。

さらに、Zaifではトークンも取り扱っています。トークンとは、ブロックチェーン上で発行した企業やプロジェクトなどの独自コインのことです。

一部のトークンはZaifでのみ購入が可能

例えば、「Zaifトークン」などの一部のトークンは、Zaifでしか購入ができません。

そのため、仮想通貨に加えてトークンにもちょっと投資をしてみたい方は、Zaifを利用されるのが良いでしょう。

bitFlyerにはライトコイン・イーサリアムクラシック・リスクあり

ビットフライヤーの取り扱いアルトコイン
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)(2018年1月31日〜)

一方、ビットフライヤーで購入可能なイーサリアムクラシックやライトコイン、リスクなどは、Zaifでは現状は取り扱っていません。

そのため、それらのアルトコインを購入されたい方は、ビットフライヤーも合わせて利用された方が良いでしょう。

また、ビットフライヤーはビットコインゴールド(BTG)の売買サービスも提供することをすでに発表していますので、今後ともアルトコインの取り扱いは増えることが予想されます。

ライトコインの購入はGMOコインを利用するのも吉

GMOコインの取り扱いアルトコイン
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアムクラシック(ETC)(2018年予定)

ただし、ライトコインはGMOコインでも取り扱っています。

ですので、よりお得にライトコインを購入されたい方は、GMOコインにも無料の口座開設をしておき、購入時にはビットフライヤーとレートを比較してから、安い方で購入されるのが一番良いでしょう。

Zaifとビットフライヤーのレバレッジ取引の手数料を比較

サービス名(公式HP) 取引手数料 借入手数料 日次手数料 利益手数料 スワップ手数料
Lightning FX 0% 0.04%
Lightning Futures(先物取引) 0% 0.04%
Zaif(AirFX) 0% 0.039% 最大±0.375%
Zaif(先物取引) 0% 0.039%
Zaif(信用取引) 0% 0.039% 0.7%
bitbankTrade(先物取引) 0.1% 0.2%

続いて、レバレッジ取引を比較します。

まず、ビットフライヤーは「bitFlyer Lightning FX」というビットコインFXのサービスと、「bitFlyer Lightning Futures」というビットコインの先物取引の2つのサービスを提供しています。

それに対して、Zaifは「Zaif AirFX」「Zaif 先物取引」「Zaif 信用取引」という3つのサービスを提供しています。

そのため、ビットコインを借りて取引をする「信用取引」は、Zaifでしかできません。ビットコインの信用取引をしたい方は、Zaifを利用されるのが良いでしょう。

ビットコインFXに取り組むなら?

まず、ビットコインFXに取り組む場合は、ビットフライヤーが国内で一番取引高が大きいです。

レバレッジも1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍と選べるため、FX経験者やトレーダーには、ビットフライヤーの利用が適しているでしょう。

一方、ZaifのAirFXの場合は、ビットフライヤーよりも取引高は大きくないですが、レバレッジは1倍、2.5倍、5倍、10倍、15倍、25倍を選択することができます。

また、Zaifのレバレッジ取引であれば、追証もありません。

ZaifのAirFXには追証がないため、預けたお金以上の損失が出ない

追証とは、追加証拠金の略称です。信用取引やFX、先物取引といった証拠金取引においては、最低証拠金維持率が定められています。

そこで、取引中に一定の損失(含み損)が発生し、証拠金が所定の比率を下回った時に、追証があると、損失分をカバーするために、取引所に新たに資金を投入しないといけないのです。

一方、Zaifであれば追証がありませんので、もともとのシステムの仕組みで証拠金以上の損失が出ない仕組みとなっており、預けたお金以上の損失は出ません。

そのため、ビットコインFX初心者の方などは、まずはZaifから利用された方が良いでしょう。

ビットコインの先物取引に取り組むなら?

続いて、ビットコインの先物取引の場合は、デイトレード(1日に数回取引をして、次の日に持ち越さないトレードスタイル)をするのであれば、日次手数料はかかりません。

そのため、ビットフライヤーでもZaifでも、手数料面ではどちらを利用しても良いでしょう。

ただし、数日間ポジションを持ったまま取引をしたい場合は、日次手数料がかかってしまいます。この日次手数料を回避するためには、日次手数料がかからないbitbankTrade(ビットバンクトレード )を利用された方がお得です。

また、ビットバンクトレードであれば、今なら当サイトの登録からで半年間取引手数料が20%割引となります。このように、トレードスタイルに応じて使う業者を分けた方が、レバレッジ取引の手数料は安くなります。

資産運用を学ぶ方法