トラノコ投資の評判は?デメリットとメリットをマメタスと比較

とら

最近話題の「おつりで投資 トラノコ」というサービスをご紹介します。トラノコは、毎日のおつりを自動で投資に回せるサービスです。投資といっても運用はプロがしてくれますので、そこについては特に気にする必要はありません。

またおつりで投資というのは、実際に発生したおつりを積み立てるのではありません。まずは、「100円・500円・1,000円」の中から金額を設定します。

例えば「100円」を設定した場合、540円の支払いをする時に「100円」で支払うことになりますので、100円×6枚-540円=「60円」のおつりが積立資金となります。そしてこの資金をプロが勝手に運用してくれます。

なお、トラノコは日本では新しく始まったサービスですが、米国では既に数年前から人気のサービス(Acorns・Moneyboxなど)として盛り上がっているようです。

セブン銀行やニッセイキャピタル、リアルワールドなどの上場企業がトラノコを支援していますので、今後の期待値も高いサービスと言えるでしょう。

トラノコの評判や口コミは?

とら

インターネット上では「面白いサービス」「魅力的なサービス」との口コミも多いですが、一方で、トラノコは当初3ヶ月間は無料ですが、その後月額300円の利用料がかかりますので、この点についてはネガティブな口コミが多いです。

トラノコに対するネガティブな口コミ

それでは実際にこちらの手数料について、他のサービスと比較しながら検討します。

トラノコとマメタスとの比較

マメタス

ロボアドバイザーを提供するウェルスナビ株式会社は、「マメタス」というおつりを投資に回せるサービスを提供しています。こちらはクレジットカード等での買い物の「おつり」が、ロボアドバイザーにより資産運用されます。

ここで、トラノコとマメタスを比較してみます。

トラノコ マメタス
月額利用料 300円(最初の3ヶ月は無料) 無料
手数料 純資産総額の年率0.3%
ETF売買手数料は年率0.06~0.1%
監査費用は年率0.1%
預かり資産評価額の年率1%
(預かり資産3,000万円超の部分は0.5%)
最低投資額 5円 30万円
運用者 投資のプロの人(ファンドマネージャー) AI(ロボアドバイザー)
運用スタイル 3種類から選択可能
(安定重視・バランス重視・リターン重視)
国内外ETFの購入による国際分散投資
(利用者が回答したアンケートに基づきAIが詳細を決定)
提携家計簿アプリ マネーフォワード、zaim、マネーツリー マネーツリー

トラノコには月額利用料が300円ありますが、年間でかかる手数料は0.3%(信託報酬)ですので、ウェルスナビの「マメタス」の年率1%よりも安いことがわかります。

積み上がった金額が30万円の場合

  • トラノコ:月額利用料300円×9ヶ月=2,700円、30万円×年率0.3%=900円→合計3,400円
  • マメタス:30万円×年率1%=3,000円→合計3,000円

年間30万円を積み立てた場合は、手数料面ではマメタスの方が安いようです。

積み上がった金額が40万円の場合

  • トラノコ:月額利用料×9ヶ月=2,700円、40万円×年率0.3%=1,200円→合計3,900円
  • マメタス:40万円×年率1%=4,000円→合計4,000円

年間40万円を積み立てた場合は、初年度では月額利用料が3ヶ月無料なこともあり、手数料面ではトラノコの方がお得になるようです。ですので、大体毎月4~5万円程度を積み立てる自信のある方は「トラノコ」を使っても良いのではないでしょうか。

ただ、積み立てたお金に対して、マメタスとトラノコのどちらの運用実績が良いかは、最終的には1年後になってみないとわかりませんし、ご自身が選択した運用スタイルによっても異なるでしょう。

今のところウェルスナビはかなりの実績を出していますが、それが未来永劫続くかどうかはわかりません。従って、元本保証があるサービスではないという点には留意しつつ利用するべきでしょう。

トラノコの運営会社の信頼性

ここまでみてきてサービスについてはわかりましたが、念のため会社の信頼性も確認しておきます。会社概要は以下になりますが、資本金が6億円以上あるのは安心感があります。

  • 会社名:TORANOTEC株式会社
  • 事業内容:金融サービス投資、フィンテック開発、アプリ運営
  • 代表者:代表取締役社長 ジャスティン・バロック
  • 資本金:621百万円(資本準備金含む)
  • 設立年月日:2016年8月17日
  • 所在地:東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー27階

また、冒頭でもお伝えした通り、セブン銀行やニッセイキャピタル、リアルワールドなどの上場企業が資本提携していますので、明日潰れるような会社ではないことは確かでしょう。続いて経営陣の経歴を確認します。

代表取締役社長 ジャスティン・バロック氏

ステート・ストリート・グループで18年にわたり証券、投資顧問、銀行業務を担当。

2004年から2015年までステート・ストリート・グローバル・マーケッツ証券の代表取締役、ステート・ストリート銀行の在日代表、ならびにステート・ストリート・グループの証券部門のアジア環太平洋地域のトップとして、グローバルでビジネスの展開を主導。2016年8月にTORANOTEC株式会社を設立、代表取締役社長を務める。

ニューサウスウェールズ大学商学部卒業、同大学経済修士課程修了

取締役シニア・マネージング・ディレクター 藤井 亮助氏

プライスウォーターハウスクーパースコンサルティング(現日本IBM)において、戦略立案、事業構築プロジェクトを担当。

2001年よりタワー投資顧問において日本株ヘッジファンドのポートフォリオ・マネジャー、2006年より日本株ヘッジファンドのオーシャンアセットマネジメント設立に参画、マネジメントディレクターを歴任。

2010年、クックパッドに参画し、社長室経営企画・新規事業立ち上げ、戦略的M&A、グループ会社支援を主導。2016年8月、TORANOTEC株式会社に参画、取締役シニア・マネージング・ディレクターを務める。

神戸大学経済学部卒業

取締役、TORANOTEC投信投資顧問(株)社長 小山 卓也氏

野村證券で21年にわたり、リサーチ、機関投資家営業、ドイツ現地法人CEOを歴任した後、外資系資産運用会社の営業責任者、経営ポジションを歴任。2014年より日興アセットマネジメントの専務執行役として2年間海外営業及び国内機関投資家営業を統括。2016年11月1日より現職。

慶応大学経済学部卒業、南カリフォルニア大学経営大学院修了(MBA)

以上のように取締役の経歴を確認してみても、かなりのエリート揃いですので、今後の発展が期待できる会社と言えるでしょう。

トラノコに関するまとめ

まとめ

以上より、トラノコはサービスとしては面白いですし、会社への信頼性や今後の期待もありますので、大体毎月4~5万円程度を積み立てる自信のある方は、トラノコを利用しても良いのではないかと思います。

一方、30万円程度を一度預けたらほったらかしで良い「マメタス」を利用されたい方は、まずはウェルスナビに口座開設をして、自動積立を設定する必要があります。そのような完全お任せの資産運用にご関心のある方は、ウェルスナビを利用してみても良いでしょう。

ウェルスナビの評判や信頼性、これまでの実績についてはこちら

ぜひ自分にあった資産運用スタイルで、こつこつと資産を構築していきましょう。

資産運用を学ぶ方法