シーラファンディングとオーナーズブックを比較!おすすめはどっち?

不動産投資

不動産投資クラウドファンディングのシーラファンディング(SYLA FUNDING)と、上場企業が運営するオーナーズブック(OwnersBook)を比較しました。

筆者は両方に口座開設(無料)をして利用しているユーザーですので、実際に利用している感想を踏まえて、メリットとデメリット、口座開設がおすすめな方などの詳細をご紹介します。

シーラファンディングとは?売却時の物件価格30%下落まで保証

1口1万円からの不動産投資クラウドファンディング SYLA FUNDING(シーラファンディング)

【公式サイト】https://www.syla-funding.jp/

シーラファンディングは、1口1万円から不動産投資ができるサービスです。実際の不動産物件のオーナーになるわけではなく、シーラファンディングが吟味した物件に投資ができます。

シーラファンディングはインターネット上で複数の個人投資家からお金を集めて、不動産物件に投資を行い、そこでの家賃収入や売却益を投資家に還元します。

最大の特徴は、投資した物件を売却する際に、万が一運用開始時の価格よりも売却価格が30%程度下落していたたとしても、シーラファンディング側が損失を被ってくれるため、私たち投資家の元本は毀損しない点です。

SYLA FUNDINGの概要 1口1万円からの不動産投資クラウドファンディング SYLA FUNDING(シーラファンディング)

このような仕組みがあるため、筆者もさっそくシーラファンディングの第3号案件には申し込みをしています。

募集物件詳細 1口1万円からの不動産投資クラウドファンディング SYLA FUNDING(シーラファンディング)

1口1万円から投資ができますが、それだと利益が全然ありませんので、一旦は10万円を申し込んでみました。

取引履歴 1口1万円からの不動産投資クラウドファンディング SYLA FUNDING(シーラファンディング)

2019年に始まった新しいサービスのため案件実績はまだあまりありませんが、もともとシーラホールディングスは長年不動産投資に携わっていた会社です。

シーラホールディングスの杉本会長は、「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」の著者で、筆者も本書は拝読させていただきました。

30歳で400億円の負債というスケールの大きさに驚かされますが、そこから再起して再びこの不動産業界で着実に企業を大きくしている経営手腕に、筆者は個人的に期待していることもあり、今後に期待できるサービスだと感じています。

オーナーズブックとは?上場企業が運営する老舗サービス

少額からの不動産投資クラウドファンディング『OwnersBook』

【公式サイト】https://www.ownersbook.jp/

一方で、オーナーズブックは東証マザーズ上場企業のロードスターキャピタル株式会社が運営する、不動産投資クラウドファンディングです。

実は筆者の場合はロードスターキャピタル株式会社が上場するはるか前からユーザーとして登録していましたが、着実に業績を伸ばして気づいたら運営会社が上場していました。オーナーズブックも1口1万円から不動産に投資ができるサービスですが、貸付型とエクイティ型の2種類の案件を取り扱っています。

① 貸付型の案件とは

貸付型は、オーナーズブックが個人投資家からクラウドファンディングで集めた資金を使って、お金を借りたい企業に対して不動産を担保にとって融資をします。

投資家である私たちは、融資に対する利息と元本をオーナーズブックから配当として受け取ります。不動産担保を取得して貸し出しを行うため、万が一返済が滞った場合は、取得した不動産担保を売却することである程度の損失を補填することができます。

そのため、ある程度リスクは抑えられた投資になると言えます。ただし、その分利回りが若干低くなり、だいたい4〜6%程度の案件が多いです。

② エクイティ型の案件とは

一方で、エクイティ型は、オーナーズブックが個人投資家からクラウドファンディングで集めた資金を使って、単数または複数の特別目的会社(SPC)を経由して、不動産信託受益権を購入します。

投資家である私たちは、物件の運用中の賃料収入や不動産信託受益権の売却による売却益を、オーナーズブックから配当として受け取ります。後者のエクイティ型の方がよりリスクが高い分、リターンも高くなります。エクイティ型案件は高いものでは10%近い利回りを得ることができます。

シーラファンディングとオーナーズブックの特徴を比較

資産運用

投資案件のリスクの違い

シーラファンディングの場合は、物件価格が運用開始時よりも30%下落しても元本が保証されますが、オーナーズブックの貸付型案件の場合は、万が一貸し出したお金が返済されなかった場合は、全損となります。

ただし、不動産担保を取得していますので、ある程度の損失が補填される可能性が高いです。さらに、2014年のサービス開始からこれまで貸し倒れ案件は一件もありませんので、その点はかなり評価できる運用実績と言えるでしょう。

案件の利回りと運用期間の違い

シーラファンディングはそもそもまだ案件数が少ないのですが、直近の案件は3ヶ月で4%程度の利回りと、比較的期間が短い案件を取り扱っています。

これは不動産投資クラウドファンディングサービスによくあることですが、まずは返済実績を作りたいために、最初の方は運用期間が短い案件を取り扱う傾向にあるように思われます。一方でオーナーズブックはこれまで案件の返済実績がありますので、1〜2年などの長い案件を取り扱っています。

運営会社の違い

シーラファンディングは今後上場する可能性は十分にある会社ですが、いまのところは未上場企業です。

一方でオーナーズブックの運営会社であるロードスターキャピタル株式会社は、東証マザーズに上場している企業です。IR情報なども公式サイトから確認できますし、業績も堅調に推移していることがみて取れます。

シーラファンディングとオーナーズブックがおすすめな方とは

投資

まず、上場企業が運営しているという運営会社の安心感が欲しい方や、これまでにも十分に案件実績があり情報がきちんと明示されているサービスが良い方は、オーナーズブックを利用れた方が良いでしょう。

一方で、とにかく元本毀損リスクが怖いと考えている方は、30%の下落まで保証してくれるシーラファンディングがおすすめです。筆者の場合は、シーラファンディングは未上場企業ではあるものの、これまでの実績から十分に信頼できる会社だと考えていますので、利用しても問題はないと判断しています。

また、オーナーズブックは人気すぎて抽選に外れてしまうという口コミもあります。実際に筆者も投資しようと思ったもののできなかったことはあります。

ですので、そもそも吟味できる案件数を増やしたい方は、両方とも無料登録が可能ですので、まずは両方に口座開設をして案件検討されるのが一番おすすめです。