【本質】ソーシャルレンディングの危険性(リスク)とメリットは?向いてるのはこんな人

メリット

最近注目を浴びている「ほったらかしの資産運用」こと、新しい金融商品「ソーシャルレンディング」の概要やメリット・デメリット、真のリスク(危険性)とその本質について、初心者向けにご紹介します。

ソーシャルレンディングは、利回り10%を超える案件がある金融商品のため、もともと欧米諸国で人気な資産運用の対象先となっていました。2006年にイギリスのZopaがサービスを開始し、2015年にはアメリカのLending ClubがNY証券取引所に上場し、時価総額1兆円をつけ、市場規模も世界中で拡大しています。

そんなソーシャルレンディングは、2008年に日本でもサービスが始まり、2015年頃からメディアが取り上げるようになったことで、日本でも提供事業者が増えて徐々に人気が出て来ています。

ソーシャルレンディングとは?


出典:OwnersBook

まずソーシャルレンディングとは、インターネット上で、「お金を借りたい人や企業と、お金を貸したい人や企業を結びつける」融資の仲介サービスです。

このようなソーシャルレンディングを扱う事業者を、ソーシャルレンディング業者と呼びます。また、このソーシャルレンディング業者が提供する金融商品自体のことを、「ソーシャルレンディング」と呼ぶこともあります。

ですので、ソーシャルレンディングとは、融資の仲介サービスであり、かつ金融商品のことでもあります。冒頭にご紹介したように、年利10%を超えるソーシャルレンディングもあることから人気が出ているのです。

では、なぜこのような高い利回りを実現できるのでしょうか?

ソーシャルレンディングが高い利回りを実現できる理由


出典:ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

それは、ソーシャルレンディング業者が、お金を借りたい企業に、銀行などよりも高い金利でお金を貸しているからです。

高い金利でお金を貸しますので、当然ソーシャルレンディング業者に入る金利収入も大きくなります。そのため、出資者(投資家)である私たちへのリターンも大きくなるのです。

では、なぜソーシャルレンディング業者は銀行よりも高い金利で、企業にお金を貸し出すことができるのでしょうか?

それは、銀行などからお金を借り辛い貸出先にお金を貸しているからです。

銀行などからお金を借り辛い貸出先というと怪しく感じてしまいますが、世の中には、財務状態は良いものの銀行からお金を借りることができない企業が存在します。例えば、下記のような企業です。

ソーシャルレンディング業者の主な貸出先の例

貸出先
  • 財務状況は良いものの、短期間の資金需要しかない企業
  • 財務状況は良いものの、調達予定の金額が少額である企業
  • 財務状況は良いものの、設立3年未満のため銀行の融資対象にならない企業
  • 銀行からすでに借りているが、他にも資金調達の手段が欲しい企業

例えば、短期間の資金需要しかない企業の場合は、銀行側としては数年単位でお金を貸出して金利収入を得たいため、数ヶ月でお金を返してもらっては、銀行の収益が上がりません。

そのため、例え財務内容が良くても、そのような会社への融資は渋ったりすることがあります。そのような企業に対して、ソーシャルレンディング業者がお金を貸し出すことも良くあるのです。

もちろんソーシャルレンディング業者も、貸し出しの際にはしっかりと審査をしますので、例えば過去3年間の貸し倒れ実績が0という「OwnersBook」のような上場企業のソーシャルレンディング業者も存在します。

ソーシャルレンディングのリスク(危険性)やデメリット

デメリット

さて、ここまで読んで頂き、ソーシャルレンディングの概要についてはご理解頂けたかと思います。それでは、ソーシャルレンディングのデメリットや最大のリスク(危険性)は何なのでしょうか?

まず、一番のリスクは一般的には「お金の貸出先の貸し倒れリスク」と言われています。他のデメリットなどもまとめると下記のようになります。

主なデメリット
  1. 資金の貸し倒れリスクがある
  2. ソーシャルレンディング業者の倒産リスクがある
  3. 案件に投資している間は、途中解約ができない
  4. 投資する案件を、自分で判断する必要がある

ですが、さきほどもお伝えしたように、実際に「OwnersBook」などの優良なソーシャルレンディング業者の貸し倒れは、過去3年間0%です。

これはつまりどういうことかというと、「貸し倒れリスク」に関しては、ソーシャルレンディング業者にきちんとした審査能力(=与信判断能力)があれば、貸し倒れ率はかなり低く抑えることができるということです。

ソーシャルレンディング業者の信頼性が何よりも大切

トレード

従って、一番注意しなければいけないのは、貸し倒れリスクよりも何よりも、案件を扱っている「ソーシャルレンディング業者」の信頼性や倒産リスクです。

つまりソーシャルレンディングの本質とは、お金を預ける企業を「信頼」できるかどうか?につきるのです。実はこれは全ての金融サービスにも共通して言えることです。

例えば、なぜあなたは「銀行」にお金を預けるのでしょうか? それはきっと、その銀行に預金を預けておけばある程度安心できるという、銀行に対する「信頼」があるからですよね?

ですので、自分の大事なお金を預ける訳ですから、「信頼」できないソーシャルレンディング業者にお金を預けるのだけは、絶対にやめた方が良いでしょう。

その他の細かいデメリットとしては、ソーシャルレンディングは一度投資したら、数ヶ月〜数年間は途中解約することができない点が挙げられます。この点は投資信託などとは異なり、お金の流動性は若干低いと言えます。

ですので、自分が投資するソーシャルレンディングの案件に関しては、きちんと投資前に「本当に投資すべきかどうか?」の判断をする必要があります。

ソーシャルレンディングのメリット5つ

リスクとリターン
出典:ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

以上のようにいろいろとリスクがあるソーシャルレンディングですが、もちろんメリットもあります。

メリット
  1. 高い利回り(5%〜10数%)が実現可能
  2. 少額投資が可能(1万円〜)
  3. 一度投資をしたら放ったらかしで良い
  4. 投資案件を自分で選べる(=分散投資が可能)
  5. 経済情勢に左右されない

ここまででご紹介したように、ソーシャルレンディングは高い利回りの実現が可能です。また、多くの業者が1万円程度の少額から投資が可能です。

また、ソーシャルレンディングの案件には、期間の短いものもあれば、不動産担保を取得したものもあったり、新興国の成長企業に投資する場合もあったりと、事業者によっても案件の種類は様々です。

ですので、どの案件に投資するのかを自分で選ぶことができますし、分散投資をすることができます。

資産運用の基本は「分散投資」


出典:セゾン投信株式会社

ですので、例えば1案件に10万円や100万円を投資するのではなく、2案件に5万円ずつや50万円ずつ分散投資することが可能なのです。

ソーシャルレンディングはそもそもの貸し倒れ率が低い訳ですから、例えば3業者にそれぞれ1件ずつ投資をして3件とも貸し倒れになる確率というのは、もちろん確定はできませんがほぼありえないかと思われます。

こうしてソーシャルレンディング案件に一度投資を実行したら、毎月収益が分配される案件もありますが、返済期日に一括で返済される案件もありますので、数年間ほったらかしで資産運用をすることが可能になります。

最後に、ソーシャルレンディングの利回りは「貸したお金が返ってくるかどうか?」に左右されますので、例え日本経済が悪くなろうとも、きちんと貸出先の企業が返済できれば、私たち投資家の利益が損なわれることはありません。

ですので、株式市場などと比べると、経済情勢に関してもそこまで気にしなくて良いとも言えるでしょう。

ソーシャルレンディングに向いている人


出典:ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

以上を踏まえて、ソーシャルレンディングの利用に向いている人は、下記のような方かと思います。

おすすめの人
  • 投資信託などよりも、もっと高い利回りを得たい人
  • 一度投資したら、しばらくは放ったらかしにしたい人
  • ある程度まとまった資金を運用したい人
  • 年利10%前後のミドルリターンの資産運用を探している人
  • 株式投資や不動産投資を徹底的に学ぶ意欲は無い人

上記のようなタイプに当てはまる方は、一度ソーシャルレンディングを検討してみても良いのではないでしょうか。ぜひ自分にあった資産運用に取り組み、豊かな老後を迎えましょう。

資産運用を学ぶ方法