5000万円の資産運用でリスクを抑えて確実に増やしていく方法

資産運用

5000万円と言えば大金で、中々手に入るものではありません。そんな大金を抱えて悩んでいる方には、急な相続でお金を受け継いだ方や、まとまった退職金が入った方などが多いようです。

もちろん中にはこれまでの貯金や投資で5000万円を築きあげ、その後どう運用すべきかを検討されている方もいるでしょう。そこで今回はそんな5000万円の資産運用についてご紹介します。

5000万円をなるべく着実に増やしたい場合の選択肢

資産運用

5000万円を手に入れると、5000万円をもっと増やしたいという気持ちもある一方で、多くの人には「減らしたくない」という気持ちが芽生えてきます。

もちろんすでに何億円や何十億円以上の金融資産があり、ちょっと5000万円ばかりをどう運用しようかなという程度の検討であれば、思いっきりリスクをとって資産運用をしても良いかと思われます。

一方、そうでない方の場合は、勝てる確率が高い資産運用先を選択した方が合理的な選択と言えるでしょう。

資産運用は「自分で投資する」or「金融のプロに任せる」の二択

そこでそのやり方ですが、資産運用は究極的には、自分で投資に取り組むか?、完全に金融のプロに任せるか?の二択です。

結論からお伝えすると、自分でリスクをとって投資し、5000万円を何倍にも何十倍にもしたいという方以外は、あまりご自身で投資に取り組まれることはおすすめしません。

自分で投資する場合の選択肢は、例えば昔からある「株式投資」や「不動産投資」などが挙げられるでしょう。「投資信託」もプロに運用を任せる商品ではありますが、星の数ほどある「投資信託」から自分で選ばなければなりません。

ですので、結局は自分がファンドマネージャーのような立場で「どの投資信託を購入するか?」という目利き力が大切になってきます。

一方、完全に金融のプロに任せてしまうというのは、すでにこれまでに実績を出している「独立系の資産運用会社」や「ヘッジファンド」に資産を預け、資産運用はお任せするという方法になります。

ヘッジファンドはリスクに対するリターンが高い


出典:ヘッジファンドダイレクト

要は、プロに任せるのと自分でやるのと、どっちの方がうまくいきそうか?を考えれば良いのです。

結論からお伝えすると、5000万円の資産運用に適しているのは、金融のプロに運用を任せる方(≒海外ヘッジファンドの利用)でしょう。もちろん、すでに全体の金融資産が数億円を超えているようでしたら、国内のプライベートバンクや、スイスやリヒテンシュタインなどの国外のプライベートバンクを利用しても良いでしょう。

一方、仮にあなたの金融資産の総額が5000万円であった場合、その内の数千万円をヘッジファンドに預け、ほったからしで年率10数%程度を狙っていくという投資戦略は、非常に合理的な選択です。

確かに、実際に自分で運用して5000万円を年利20%以上で運用できるのであれば、利用しなくても良いかもしれませんが、多くの人にとっては難しいかと思います。

日本にある独立系の資産運用会社

しかし、非常に残念ながら、日本にはこのヘッジファンドの文化が根付いていません。例えば、日本で一番パフォーマンスが高い独立系の資産運用会社といえば「ひふみ投信」です。

年間20%程度のリターンを叩き出していますので、日本の中ではダントツの成果をあげていると言って良いでしょう。ただし、一点気をつけなければならないのは、「ひふみ投信」の運用開始はリーマン・ショック後であるという点です。

また、「ひふみ投信」の投資方針は日本の成長株にフォーカスしていますので、日本の株式市場が大暴落した際にはリスクがあります。もちろん日本の株式市場が暴落しても成果をあげるのが運用会社の腕の見せ所ではありますが、まだ金融危機を経験していないと判断できますので、その点は利用する際に留意すべきでしょう。

なお運営会社のレオスキャピタルワークスは金融庁にも登録済みのしっかりした会社ですので、特段詐欺的なものでもなく、「ひふみ投信」自体の信頼性は高いと言えます。

海外のヘッジファンドを利用する方法

資産運用

続いて、海外のヘッジファンドを利用するためには以下のような方法があります。

ヘッジファンドの利用方法
  1. プライベートバンクを通じて、海外ヘッジファンドに投資する
  2. すでにヘッジファンドを利用している人に、直接紹介してもらう
  3. 証券会社を通じて、海外ヘッジファンドの投資信託を購入する
  4. 投資助言会社を通じて、海外ヘッジファンドに投資する

まず①や②の方法は、実際のところ金融資産が最低数億円以上ある富裕層のみに許された選択肢です。

さきほどお伝えしたように、金融資産が数億円ある方であれば、国内外のプライベートバンクを利用することができまが、金融資産の総額が5000万円前後の場合はプライベートバンクの利用が少々難しくなりますので、③か④の選択肢になります。

しかし、③の方法で海外ヘッジファンドの「投資信託」を通じて購入してしまうと、販売会社(証券会社)の手数料がかかりますので、実質の利回りは下がります。

もちろんそれでもトータルリターンで見ればプラスになることはありますが、はっきり言って日本で販売されている投資信託を購入して、年間利回り10%を超えることはあまり期待できないでしょう。

ですので、消去法的に現状日本では、④の投資助言会社のような仲介会社を通じて、直接海外ヘッジファンドに投資するしか方法がありません。

そして、この投資助言会社の中にはうさんくさい会社が多いのがまた問題ではあるのですが、例えばヘッジファンドダイレクトなどのこれまでの実績があるような会社を通じて入手するのが無難かとは思われます。

なるべくリスクを抑えて金融資産5千万円の資産運用をするには、長年の実績のある海外ヘッジファンドを利用するのが一番合理的な選択と言えるでしょう。

日本にも小さなヘッジファンドはあるかもしれませんが、10年の実績もないヘッジファンドを利用するのは、あまり賢明ではありません。実際に10年以上の実績があり高いパフォーマンスをあげている海外のヘッジファンドを利用された方が良いでしょう。

ビットコイン取引所ランキング